société japonaise d’analyse musicale
ショパン生誕200年プロジェクト Part1 「ショパンと近現代」


第1部 ショパンを継承する近代作曲家のピアノ連弾作品

1.ドビュッシー  《小組曲》 Debussy 《Petite suite》    (1886-1889)
2.フォーレ   《ドリー組曲》  Fauré  《Dolly》 Op.56  (1893-1896)
ピアノ: 布施木景子 見上潤

第2部 現代からみたショパンの作品

  3.レクチャー 音楽言語学の立場から ――バッハの正統的継承者としてのショパン―― 
(バッハ《平均律クラヴィア曲集》とショパン《前奏曲集作品28》をめぐって)
お話とピアノ: 見上潤
  4.見上潤 《2009年春 ショパンへのオマージュ Wiosna 2009 Hommage à Chopin》 
作曲とピアノ: 見上潤



2009年3月1日(日)19:00開場 19:30開演 武蔵野文化会館小ホール 入場無料


ショパン生誕200年プロジェクトについて

 音楽分析学研究会では、1995年より生誕200年に向けてショパン全作品の楽曲分析をしてまいりました。2009年より、演奏・論文・作曲等の形でこれまでの研究成果を発表していく予定です。なお、ショパンの没年は1849年10月17日とはっきりしていますが、生年は1809年3月1日から1810年3月1日(出生証明の日付は1810年2月22日)まで、諸説があります。この3月のコンサートをPart1として、今後の活動は以下を予定しています。どうぞご期待下さい。

Part2 2009年10月 ショパン没後160年 「ショパンと同時代の作曲家」
Part3 2010年2月 ショパン生誕200年 「ショパンとベルカント」



主催 音楽分析学研究会

武蔵野市民文化会館へのアクセス 

(東京都武蔵野市中町3丁目9番11号 TEL: 0422-54-8822) 
JR三鷹駅北口より 1番・2番乗り場のいずれかのバス 5停留所目 市民文化会館入口下車 徒歩2分
JR・京王井の頭線 吉祥寺北口より 1番・2番乗り場のいずれかのバス 6停留所目 市民文化会館前 下車
西武新宿線 柳沢駅南口 吉祥寺駅行きバス 市民文化会館前 三鷹駅行きバス 市民文化会館入口 下車 
西武池袋線 保谷駅南口より 三鷹駅行きバス 市民文化会館入口下車 徒歩2分
駐車スペース88台(地階) 1時間 200円 車種制限 高さ 1.5m/幅 1.7m/長さ 4.7m/排気量 2000cc以下

音楽分析学研究会へのお問い合わせはこちらへ
societe japonaise d’analyse musicale ( Mikami Jun )
E-mail:
dolcecanto2003jp@yahoo.co.jp



Copyright(C)2003-2009.[ Jun Mikami ] All rights reserved.