「スーパー・ブラックオニキス」ダンジョン解析



 初めまして、私の名はタラミス。ウツロの街の司法官を打倒するために、寺院に呼び寄せられた戦士よ。修行中であまりあてにならないけど、治療の術も使えるわ。
 え、そんな露出度の高い格好だと、戦いでは困るんじゃないかって? まあ、これも伝統というやつよ。女戦士は際どい衣装なのがファンタジーのお約束なのよね。「ドラゴンランス」のキティアラもそうだし、イラストの力が時にリアリティを押しのけることもあるのよ。
 さて、この項ではレベル1〜5までのダンジョンについて解説しているわ。もちろんブラックタワーの1、2階もね。各ダンジョンの入り口については、ウツロの街全景を見るといいわ。
ダンジョンマップ 左上がレベル1、右下がレベル5
 上段左からレベル1、レベル2、レベル3。下段左からレベル4、レベル5。
 5つのダンジョンの中で、特筆すべきはやはりレベル3。回転ドアという一風変わったしかけで攻略を難しくしている。失敗した時のやりとりが面白いので、ついつい間違えてしまう(こんちくしょう、また間違えやがった)。
ブラックタワー 左が1階、右が2階
 決戦の地、ブラックタワー。ここって、もともと何のために建てられた塔なんでしょうね?



「ウツロの街案内」トップに戻る