本文へスキップ

造精機能障害Hypospermatogenesis

造精機能障害に対する治療法とエビデンス

男性因子は一部原因がわかるものもありますが、多くが原因不明(特発性)で、治療も経験的なものとされ、ゆえに、ほぼお手上げ状態となってしまうことが多く、そのまま何もせず生殖補助医療に頼ることになる(つまりは対症療法)ことが多いと思います。
教科書的にも確かにこの流れが推奨されているのも事実ですが、最近、「経験的」とされていた治療が見直されつつある流れのようです。
過度の期待は禁物かも知れませんが、状況をご理解の上、一考の価値はあるのかも知れませんね。