本文へスキップ

抗精子抗体(精子不動化抗体)Sperm immobilization Antibody

頻度は高くはないが、見逃しは怖い

免疫性不妊の代表として有名な「抗精子抗体」というものがあります。
「抗精子抗体」は、読んで字の如しで「精子に対する抗体」という意味なので、精子に反応すれば全て「抗精子抗体」ということになります。
つまり、一口に「抗精子抗体」と言っても、いろんな種類の抗体があり(多様性)、生殖を阻害する程度も様々で、それは即ち、「いかに生殖阻害活性を有する、不妊患者に特有の抗精子抗体を検出するか?」という検査法の選定が重要となります。
この観点から、現在では、特に女性不妊症患者に対して「血中精子不動化抗体」の検出が行われており、その結果に基づいて治療法が決定されています。