本文へスキップ

体外受精・顕微授精ART(IVF/ICSI)

「究極の対症療法」

現行「究極の対症療法」の地位を確立した体外受精・顕微授精。
そもそもの始まりは「卵管因子の対症療法」「男性因子の対症療法」なわけです。

一大決心の上で臨まれる方が多かろう手技です。
肉体的のみならず経済的ダメージも大です。
「何のためにこの過程を行っているのか?」
この視点を常に見失わないことが、冷静な判断の助けとなると思います。