鼓菊連 プロフィール

菊間太鼓保存会 鼓菊連

KOGIKUREN -Kikuma Taiko Hozonkai-

| HOME | PLOFILE |

菊間太鼓保存会 鼓菊連 ~プロフィール~

菊間太鼓保存会“鼓菊連”は、町内の有志が「町おこしと新しい伝統文化の創造」を願って平成6年に結成しました。

  今治市内はもとより愛媛県内外のイベントにも参加し、地場産業の"菊間瓦"、無形文化財の"お供馬の走りこみ"、遍照院の"厄除け大祭"等、菊間町のPRをするなど、町おこしのために精力的に活動しています。

 デイサービスや特別老人ホームへの訪問や、中学校の「総合的な学習の時間」における地域文化の伝承という学習活動の中での和太鼓の指導など、町内の福祉・教育などにも協力しています。

 平成9年と10年、鬼太鼓座松山公演の時、搬出を手伝ったのがきっかけで交流を持ち、中ノ島壱太郎さんに“鼓菊連”と“菊間子供太鼓”のイラストを依頼してできたのが、トップページに使っているロゴマークです。

profile-photo-kawara_taiko.jpgまた、瓦の町ならではの太鼓を作ってみたいという企画が平成12年10月、桶胴太鼓と締め太鼓の胴の部分を瓦で作った瓦太鼓の完成により実現し、県内で話題となりました。
(11月9日の愛媛新聞朝刊に掲載される)
もちろん練習やステージで叩いています。
 そして平成16年11月、4尺の瓦大太鼓が完成しました。瓦という割れ物で造った太鼓では、日本一だと思います。

毎週土曜日、菊間町民会館大ホールで練習していますので、興味のある方は是非お越しください。

鼓菊連は、年間約30回いろいろなイベントに参加していますが、雨で中止になったイベントはありません。
イベントには、晴れ太鼓?の鼓菊連をどうぞよろしくお願いします。

 演奏曲目

  演奏曲目紹介LinkIcon

 メンバー

  鼓菊連 メンバーLinkIcon