好かれる人の手帳術

TOP > 私の手帳 > Lamy Safari 万年筆 黄色 ペン先 EF

Lamy Safari 万年筆 黄色 ペン先 EF

P.F−ROADさんから、Lamy Safari 万年筆 黄色 ペン先 EF が届きました。
荷物を開封したところです。左上がLamyとペンケース。その右下が、別途注文したインクの箱。その下がLamyの説明書(日本語)です。インクの箱と説明書の下にあるのは、届いた荷物に一緒に入っていた紙で、万年筆の手入れのしかたが書かれていました。
まだまだ万年筆初心者の私には嬉しかったです。
ペンケースを開けたところです。黄色のペンを注文していたので、白っぽい冷たい印象の黄色だとすぐに飽きてしまうかもしれない・・・と、おそるおそる開けたところ、赤みがあって温かみのある黄色でホッとしました。
インクを入れるために早速分解。ペン軸のおしりの方と、あたまの方の間にリングが挟まっているので、それをはずして元に戻せば使える状態になります。
ロディアに試し書きをしてみました。上から、Lamy Safari 万年筆 ペン先 EF、WATERMAN 万年筆 ペン先 F、PILOT ペン習字 極細ペン(万年筆) ペン先 EF です。ペン先のサイズが PILOT と同じ EF ですが、 PILOT の方が細く、 WATERMAN と PILOT の中間の細さという感じでした。
実際に試し書きに利用したペンたちです。どの万年筆もそれぞれ長所と短所があって、可愛いく思えてきます。
Lamy Safari には、インクの残量を見るための、2つの窓(写真の場所と、その裏側)が着いています。
ペン軸のあたまの方とおしりの方を繋ぐネジきりがうまくされていて、ペン軸を繋いだときに、必ずペン先の甲の部分の延長線上と、その反対側に窓が来ます。
こういう、一見あたりまえだけれど気がつきにくい部分に、モノ作りへのこだわりを感じます。一気に Lamy のファンになりました。
フランクリン・プランナーのコードバン・バインダー・コンパクトサイズのペンホルダーにさしてみました。ちょっと太めだったようで、キャップの部分がひっかかって、きちんと収まりませんでした。
ペン軸は収まらなかったので、写真のように、クリップ部分をひっかけることにしました。クリップが大きめなので、安定感があります。
7つの習慣リフィルに試し書きしてみたところです。写真では伝わりにくいかもしれませんが、パープルがかった青インクの色がとても綺麗で、品のある色気を感じます。
こちらは、オリジナル・デイリーと同じ紙質の、オリジナル・ラインページに試し書きしたところです。フォームの基本色となっている薄い緑に、 Lamy の青インクの色が良く映えます。
説明しないと、何だかわかりそうもありませんが、モールスキンに試し書きしたところです。書き味は、モールスキンに書いたときが一番良かったです。他の用紙より、しっとりとした書き味でした。

全体的な書き味の雰囲気としては、文字を書いていると、ふっと、浅いレールにはまるような瞬間があります。右斜め45度に線を引こうとしているんだけれど、40度に訂正されてしまうような、そんな印象です。
嫌な印象というより、小さくて可愛らしいじゃじゃ馬を扱っている印象でしょうか。しばらく使えばペン先のカドが取れてくると思うので、また違った印象になるかもしれません。
まぁ、何はともあれ、これから愛用していける、可愛い道具がまた一つ増えました。

関連リンク


TOP > 私の手帳 > Lamy Safari 万年筆 黄色 ペン先 EF
Copyright© Shangzhi.