最終更新日:2009/10/3 土曜日

医療裁判の判決傍聴日 バーニーズ物語 悪徳獣医はここにいた! 桃子と共に戦った5年間 株式会社キリカン洋行 Dr.Katuyoshi Nagaoka 基調講演、DVD
 
獣医師の医療ミスにより思わぬ被害に遭い、後遺症や看護に苦しむ動物と飼い主さん達が後を絶ちません。
しかし、泣き寝入りをせずに真実のために戦う飼い主さんがいます。
 
以下に、その中のお一人の裁判経過をご紹介いたします。
飼い主さんは長年の闘いの末、ようやく最高裁判所で勝訴の判決を得ました。
皆様の温かいご支援に飼い主さん共々感謝申し上げます。
 


● 2009年(平成21年2月13日)
最高裁判所は獣医師の上告を棄却しました。
 
《飼い主さんの勝訴が確定しました。》
 
     (判決確定までの経緯)
     @  第一審。 2006年(平成18年)6月15日
    横浜地方裁判所で判決が下され、飼い主さんが勝訴しました。
  判決では、「漫然と感染症に対する治療のみを行い適正な薬を投与しなかった」、「検査を行うべき注意義務を怠った」、「診断できない状況であれば、高次医療機関に直ちに転医させるべき」として、被告病院の転院義務違反を認定し、被告と病院に損害賠償を命じました。
  しかし、被告(病院)は不服を申し立て控訴していました。
    (横浜地方裁判所 平成16年(ワ)第1892号 損害賠償請求事件)
 
A  控訴審 2008年(平成20)9月26日
     東京高等裁判所で控訴審判決が下され、飼い主さんが勝訴しました。
  判決は第一審を支持するとともに獣医師の控訴を棄却しました。
  損害賠償請求額はさらに高額になりました。    
     (東京高等裁判所 第9民事部 平成18年(ネ)第3631号  損害賠償請求控訴事件)
 
    B  動物病院と獣医師上告。 2008年(平成20)10月10日
     病院と担当獣医師は控訴審判決を不服として最高裁判所に上告していました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
● 以下は、ダックスフント桃子ちゃんの裁判の記録です。


1 (第一審)   横浜地裁裁判概要                      H18/06/15
2 (第一審)   【プレスリリース】 原告記者会見時             H18/06/15
3 (第一審)   【判決骨子】 と【判決文PDF】                 H18/06/15   UP!
4 (第一審)   桃子ちゃん裁判判決新聞記事紹介            H18/06/16
5 (第一審から控訴審へ)   被告(病院)控訴 (東京高等裁判所) H18/08/17
6 【原告の声】   控訴を受けて                         H18/09/
7 (控訴審)   今後の日程 および 桃子母さんご挨拶        H18/10月〜H20/10月
8 (控訴審)  東京高等裁判所    判決                 H20/09/26
9 控訴審勝訴 判決を迎えて    (桃子母さん記述)          H20/09/26  
10 (控訴審判決) マスコミ用プレスリリース (桃子母さん記述)    H20/09/26
11 控訴人(獣医師、病院代表者)、最高裁判所に上告!         H20/10/10
12 ここまでの裁判経過概要                          H21/02/16現在
13 『最高裁判所判決』 確定!桃子母さん 勝訴               H21/02/13    
14 【最高裁判所判決文】(公開法廷) 調書(2頁)  病院申立て棄却 H21/02/13   ☆NEW☆
15 その他

桃子ちゃんの損害賠償請求事件 桃子ちゃん裁判新聞判決記事
15歳時 闘病中の桃子ちゃん 仲良しのバーニーズマウンテンドック と桃子ちゃん
ダックスフント桃子ちゃん記事朝日新聞 ダックスフント桃子ちゃん(闘病中の姿)。多数の動物を苦しめ続ける獣医を許さない! 宣伝より誠実さが大事なのに
ダックスフント桃子ちゃん裁判 最高裁判所判決文 1/2ページ 主文  ダックスフント桃子ちゃん裁判 最高裁判所判判決文2/2ページ 当事者目録
| ホーム | 管理人挨拶 | 悪夢の日 | 獣医の謝罪文 | 手術報告書 | 獣医弁護士の通知 | 医療ミスへの対応 | 医療ミス交渉を考える | 獣医に望むこと | 良い獣医とは |
| 獣医が失敗から学ぶこと | 獣医学と獣医療 | 麻酔薬と麻酔法 | 疑問に思うこと | 医療者の責務 | 行政の取り組みについて | 生涯教育の重要性 | 手術について | 医療の質とリスクマネージメント | 医療の意識変化 |
| 獣医療関連記事 | 飼い主のための医学基礎知識 | 掲示板一覧 | 参考リンク集 | 管理人意見 | ダックスフント桃子ちゃん裁判 | みなとよこはまマコ・モモ事件 | What's New |

 
本ページの無断転載を禁ず。
 
 
「悪徳獣医はここにいた! 桃子と共に戦った5年間」   
   
(2006年6月18日作成(初版))
(2007年11月1日タイトル小変更)
(2008年8月20日ページ名変更)
(2008年9月26日控訴審判決追加)
(2009年2月13日最高裁判所判決)

dogcat1122@hotmail.com本記事へのご意見・ご感想はこちらまで。