by  ドロアシ スコップ

英国風景庭園ファンタスティックミステリー「伏流水」

18世紀初頭、イギリスの貴族の娘が行方不明に。
庭園の完成を記念して行われるパーティーを前にしてのことだった。
一人取り残された老婆は何を語ろうとするのか。
貴族の横暴と悲しい村の歴史を浮き彫りにする。

読む↓

全 約21,000文字
2005.3 改定 のミステリー





ドロアシの他のミステリー
「ノブ、ずるいやん」

 くりのきからすな
 くりのきからすな
 おおいしこいし
 みずのたまった
 はりのあなをば
 とおりゃんせ
 やまあらしは
 たくみのゆめ
 せんのとがあきゃ
 おざぶをあてよ

 山奥の隠れ里。老人ばかりが目立つ村。
移り住んだ綾に、歌い継がれた遊び歌を教えてくれる子供はもう誰もいなかった。

山村の古い屋敷の岩穴で伝説を語り合う人達の前に、老婆が現れて祟りじゃと叫ぶ。屋敷の借主である画家や客たちは翌朝、伝説の草原を探しに山へ向かうが……。

(この作品は無料です)



「音の刃」

豪華なペントハウスで行われたあるパーティ。数日後、参加者のひとり、ディスプレイ業を営む女性が殺された。
 パーティ参加者は、成功を収めた税理士が趣味で始めたインタビュー形式のブログ関係者。建築家、不動産ブローカー、おでん屋の女将、コンビニエンスストア経営者、イベントプロデューサー、税理士の愛人、そしてピアニストになる夢を捨てざるを得なかった女性などの面々。

 そこで交わされた会話の数々と「音の世界」を紐解いていくと……

399円(税込み)
購入ページ デジタル書房



「ノブ、知ってたん?」

マドンナ的存在だった朱里が死んだ。
 彼女にほのかな思いを寄せていた仲間の男達。忘れじの女性の死の謎を巡るミステリーは同時に、ことさら青い、そしておぼろな青春時代を共にすごしたものたちの群像劇でもある。
 設計事務所を営む生駒延治の高校時代の同級生中道朱里が、大峰山中で飛び降り自殺をした。パソコンに残された遺書にはひとりの男の名が。

友人である生駒は彼女の自殺に疑問を持ち、仲間の弁護士柏原や恋人の優と、真相を確かめる活動を始める。


380(税込み)
購入ページ デジタル書房

ドロアシの執筆本 「自分流に愉しむ気ままな庭づくり」は、こちら

ようこそ  

オンライン小説検索サイトなど(お世話になっています)
ネット小説ランキング

このサイトへのリンクは歓迎します。

(よろしければ下のバナーをお使いください)
http://www.geocities.jp/do_myst/

 
★ リンク
自分流に愉しむ「気まま」な庭づくり
気ままなミニ盆栽
甘南備山逍遥
ドロアシのブログ
どろのこころだ
株式会社 清水計画室
松井山手のピアノ教室
腐らない内部FRP塗装大型木製プランター
家具・インテリア・ガーデン・雑貨の店 ルーセントマート
家具・インテリア・ガーデンの店 ルーセントマートビッダーズ店
新20色羽根布団8点セットシリーズ
ルーセントマートベッド館
ルーセントマート新着情報
   ご感想などをいただけるとうれしい。
法善寺横丁の手づくり餃子の天華
海洋深層水マハロ