Counter


   

へようこそ・・・

マクロビオティック、ローフード・・・ と経て今にあります。

体を壊したとか、怪しい宗教だとか、そう言うのでは無いです。

自分で選択したものを自分で食べて、自分の体を作り健康や体調が決まってくるから・・・ だから贅沢をして見る。

飽食の時代に食べないと言う選択。

人によって全然抵抗力が違います、だからアレルギーになる人もならない人も、大きな病気になる人もならない人も。 私は決して丈夫なほうでは無いと思っています。だから、飽食の時代に食べない贅沢 (笑) 食生活についての考え方なんかを自分の記録代わりに書いて行こうかと思っています。

環境破壊に興味を持たれている方、何か出来る簡単な第一歩を考えている方。 肉食を減らして見て下さい。  なぜなら、それは食べる為の虐待とか色々と意見はあるかと思いますが、家畜を育てる為に森林伐採が進んでいる事実。 1頭の家畜を育てる為の農作物があれば、より大きな栄養を人間は摂取できるって事。 ついでに自分には健康がおまけでついてきます。

 地球このままで良いですか?

大雨や洪水、自然の猛威が襲い掛かり「何かやっぱり地球最近おかしいんじゃん?」と感じられる方。 自分が出来る第一歩で、効率の非常に高い第一歩だと思います。


   ← ブログぅ〜 まぁなんて事は無い普段の生活を書いています。 お暇な時に遊びに来てください。

  ← 車の整備なんかは、こっちを使っています。


ウィキの引用です。

世界で最も歴史ある菜食団体である英国ベジタリアン・ソサエティーや、国際ベジタリアン連合によると、ベジタリアンは、鳥獣の肉、卵、魚介類及びそれらの副生成物(ラード、ヘット、ゼラチン、肉エキス、鰹節・鰯・エビ等の出汁、魚を殺傷して得た魚卵等を含む)が含まれるものを口にしない人々と定義されている。

つまり、私はベジタリアンでは無いです (笑)

ペスクタリアン(ペスコ・ベジタリアン)はベジタリアンのくくりでは無いんですよね。 とは言っても、じゃぁ ペスクタリアンの人は砂糖も取らないかと言うと取る、私は取らないので、そこにも属さない。 何かをしようとすると日本人は特に属するところを気にする感じがします。 まぁ人に説明するのには一般的な所に所在があった方が説明が簡単ってのもあるんでしょうけど・・・

食べ物について実践している事、考え方です。 勿論 情報が更新されれば食べるものも変化して行くでしょう。 気になる事や「そこちょっと違うぞ」とかありましたらブログのコメントか下のメールに頂ければと思います。

今の私の食生活は

野菜

果物

魚介類

乳製品

砂糖

添加物

×

×

×

×

乳製品 2011年05月より生乳プレーンヨーグルトのみ月に1回くらい解禁 (笑)

油(勿論植物性です)は最小限に抑えています。 一年で1000ml使うか使わないか?くらいですかね。


 ↓ これから時間を見つけて一つ一つ書いていきます。

 ・人間の歯 骨格から考える食べるべきもの

 ・自分で獲れる物 人も自然の一部だから、食べられる物の選択

 ・自分の飲み物? 牛乳はお母さんのミルクじゃない

 ・厳格さは大事? 今の社会で生きていくから・・・

 ・情報は正確? 利権が絡むから面倒になる・・・

 ・正しい成長スピード

 ・石鹸の話

 ・塩の話

 ・

 ・

 ・

 ・良くなった所と悪くなった所

 

 このHP内の考え方は全て管理者個人の考え方で、実際に他のものを実践されている方を批判したり、否定しているのではありません。

人にはそれぞれ考え方がありますので、色々と情報を発信しその中から自分なりの選択をして行ければと思います。


【ベジ リンク】

リンクして頂ける方は、メールフォームより御連絡下さい   バナーはこちらをお使い下さい。

「菜食のススメ」 菜食主義について色々と情報のあるHPです。

ちょっと過激と思える部分もありますが、それが実態と言えば実態。

これから菜食を考えられている方は、一度ご覧になると意思が固まるかも?

 

 マクロビロティックを独学で学ばれ、そして自分の考えで新しい道を踏み出したとても勉強熱心で、且つ向上心のある管理人さんのHPです。

情報量も多くしっかりとした見解をお持ちです、一見の価値あり。