みんなの家庭科

「食のバランス感覚」をセルフチェック!

PFCバランスの計算

トップへ

「食事のバランス」セルフチェック!

厚生労働省「食生活指針」からNew!

3大栄養素とPFCバランス

日本型食生活の勧め

食事のエネルギー(あなたの必要量を自動計算します)

(例題)「エッグマッフィン」のPFCバランスを求めよう+(演習)カップラーメンのPFCバランスを求めよう!!

1食400Kcalってどうよ?

エネルギー素の質

主食・主菜・副菜から、バランスのよさそうな組み合わせを決めて「計算」ボタンをクリックしましょう。
(主食・主菜・副菜から1品または2品のみ選択することも可です)
 
 
主食(飯・丼・麺・パン) 主菜(肉・魚 など) 副菜(野菜・芋 など)
 




ここにPFCバランスと
カロリー計算結果を示す
チャート図が表示されます。

【掲載メニュー一覧】      ・主食  ・主菜  ・副菜


 栄養素・材料の多様さ・彩りなど、様々な「食のバランス」がありますが、PFCバランスは3大熱量素(エネルギー源)のバランスです。
 Pはたんぱく質(プロテイン)、Fは脂質(ファット)、Cは炭水化物(カーボハイドレイド)の頭文字で、私達が生きるのに必要な熱量のほとんどがこれらによるのです。
 一方、たんぱく質には筋肉や血液などを作る、脂肪は内臓を保護・保持する、炭水化物は脳の唯一の栄養素ブドウ糖に分解する等、特有の役割がそれぞれにあります。
 つまり、どれも必要な栄養素というわけです。
 人が必要とするエネルギー量(Kcal)の合計に対して、P=12〜13%,F=20〜30%,C=57〜68%が適正なバランスだといわれています。
 

このウェブページについて

高等学校「家庭科」の範囲で様々な情報や知識を発信します。

物事の見方の一つとして、「家庭」からの視点を提案します。

栄養計算などがソフトを購入しなくても、インターネットでいつでもどこでも出来るようにします。もちろん無料です。

作者 立教池袋高校、埼玉県立川越西高校にて家庭科講師。

Copy right kateika.info 2007. All right reserved.