Home > Forschungen > JaF/DaF 2017 (update 2.5.2018) 


JaF-DaF Forum an der FU Berlin (am 3.3.2017): Programm

10:00-10:05 開会挨拶 林良子神戸大学

10:05-10:30 発表1:Alexander Imig 中京大学

GER-orientiertes Lehrmaterial für DaF (in Japan) und Japanisch (in DACHL), wo ist eine Zusammenarbeit sinnvoll?“ (Download als pdf) 

(「CEFRに基づいた日本におけるドイツ語教材とドイツ語圏における日本語教材共同作業の可能性ー」) 

10:30-10:55 発表2:佐藤ブリューゲル敬子(アーヘン工科大学)

「メールタンデムプロジェクトと語学カルテット — 遠距離間交流と集中講座 — 学生の出会いをつなぐ二つのプロジェクト 

10:55-11:20 発表3:中川慎二(関西学院大学)

「ドイツ語教育と政治教育 — デュッセルドルフ大学との協力関係で実施した夏季研修時のフィールドワークについて」

„Deutschunterricht und politische Bildung – Feldarbeit beim Sommerkurs in Deutschland in einer guten Zusammenarbeit mit der Universität Düsseldorf“

11:20-11:45 発表4:浜津大輔(ハンブルク大学)

「ハレ・ヴィッテンベルク大学と獨協大学とのオンライン・タンデム・プロジェクトの実践と改善点」

11:45-12:00 総合討論+各参加者による情報交換 

司会:杉原早紀(ハンブルク大学)・Alexander Imig(中京大学)

Die Veranstaltung ist im Zusammenhang mit dem (2017) Symposium von "Japanisch an Hochschulen" (Link)