Homeへ

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 田島征三+松本雅隆 『どうらくオルガンちちんぷいぷい』

どうらくオルガンちちんぷいぷいは、
絵本と木の実の美術館から読書の森へ 移転します。
長野県小諸市山浦5179-1 tel:0267-25-6393
In our country bamboo and rice straws are regarded sacred. In the Echigo-Tsumari region
 there is Dorakujin God made of rice straws that protects the village.
 I am currently working on giant objects made of rice straw and bamboo,
 which play sounds using wind and water power.
 The objects will be installed at farm roads, banks,fallow field
 at "Echigo-Tsumari Art Triennale", festival held every 3year in the snowiest region in Japan.
 Three years ago I created a three dimensional picture book using an abolished school.
 In this work, the three last students Yuki, Yuka and Kenta bravely fought
 against monsters with the help of bamboo God and rice straw God.
 In 2011 our country was attacked by a "monster" (nuclear plant) that deprived childrens' future.
 This year I am collaborating with a highly respected musician Garyu Matsumoto
 to present epic poems using rice straw and bamboo.

2012年妻有トリエンナーレは音楽家の松本雅隆さんと共作。竹と藁で村を絵本にする。
2009年のようにホントの絵本も出来上がった。 今年も、ユウキ、ユカ、ケンタか大活躍!

9月17日に前回のトリエンナーレをはるかに上回る来館者の記録で終了しました。
 みなさん、ありがとうございました。

7月28日(土)

どうらくオルガンちちんぷいぷい

とうとう完成!
おつかれさまの笑顔!
7月19日(木)
魔物の旗

みんなは柏崎に竹を切りに出かけた。
魔物の旗の材料が必要になった。
トリエンナーレ開幕は29日だけど、前夜祭、内覧会、ツアー客に対する
特別公開などがあるので、26日までに 全てを完成させなければ!!
魔物の旗は二十本、斜面のくさむらに立つ。
明日、2~3本実際に立ててみるので、それも見てね!!


  

7月14日(土)

水上のオブジェを制作開始
鉢の竹名人たかしさんが器用に竹を割いてくれます。
どんな作品になるのか・・・・。

暑い暑い作業にはアイスやスイカは欠かせません。


7月14日(土)

3年前には、バッタリ・バッタと体育館の流木オブジェを連動させてくれた
古川、安藤、吉田さんの「ステキな三人組」がやって来てくれた。
かつて「仮面ライダー」の仕掛けを作ったトリオが、
今年も、ものすごいことをやってくれた。
  7月10日(火)

美術館に十日町市立吉田中学の生徒さんがやってきて
バンブードールを作りました。
美術館の一階奥につるされています。
7月8日(日)

どうらくオルガンに、楽器の第一号が設置。
まだまだ改良の余地ありだけど、
鉄の作家姉弟フタバさんテッペイさんが
藤沢のアトリエから運び込みました。
 
 

7月7日(土)

鉢のみなさんは度々お手伝いに集まってきては
藁ないや竹切りの制作をしてくださいます。
6月30日(土)

どうらくオルガンの建物の壁の一部を炭で塗りました。
西日のさす酷暑の中露木さん、くまさん頑張りました。

6月27日(水)
バンブーハウス

道楽神様が入るバンブーハウスに取り掛かりました。
昔ウルトラマンや怪獣をつくっていたプロが3人、
鉢のおじさん達と一緒にたった2日間で屋根も壁も出来ました。
真夏のような暑さの中でみなさんお疲れ様です。
6月26日(火)

ゴキン!ゴキン!ゴキン!
どうらくオルガンの屋根にも、外壁にも、
ゴキンゴキンゴキンが突き出てきた。
ぼくも、身体がダメになってきて、
腰が、ゴキン!!ゴキン!!ゴキン!!ゴキン!!痛い!!!!!
6月18日(月)

屋根ゴキンがイチゴキンついたよ!
でも、ゴキンの数が足りん!屋根にあと9本!
ボランティアが足りん!天気は今日は持ちそうだね!
5月31日
鉢の現場

絵本「どうらくオルガンちちんぷいぷい」制作のため鉢の風景写真を撮りに
十日町に、塩沢文男ちゃんと行った。
どうらくオルガンを設置する場所では、大工さんと、
ぼくのスタッフ米山耕くんが仕事をしていた。
ありゃあ~!!これはオブジェというより建造物ぜよ!

5月24日(木)

夏のような1日、竹の音に耳をすます。
トリエンナーレまで2ヶ月ほど!
試行錯誤の作品作りはまだまだ続きます!!
藤沢チーム頑張ってます!
4月21日
公開制作
30名ほどのみなさんが公開制作、バンブードールや、スリットドラム、
縄ないなどのワークショップに参加。
楽しい時間を過ごせました!!
4月7日

3月31日の強風にあおられて、どうらくオルガンの小屋は
潰れてしまいました!制作メンバーはみなガッカリ・・・。
しかし再びみんなの力を合わせてこうして建て直しました。
本番まであと3ヶ月半。
がんばります!!

3月29日


藤沢のメンバーがすごいスピードで作業を進めてゆく。
今日ははるばる埼玉から仕掛けつくりの達人、水内英くんが
駆けつけてくれたので、音の出る装置も一部見えてきた。

いよいよ、4月に向かって、藤沢での作業の締めくくりを頭に
入れておかねばならない。

3月18日(日)
作業順調

作業風景三点
青梅の安藤隆さん考案のゴキゴキ
新しいメンバーも来て、小雨の中、作業順調!
鎌倉から駆けつけてくれたカワトくん、困難な仕事にも
立ち向かってくれた。

3月8日(木)

今日は新しい助っ人が二人!イドガワくんとコジマくん!
3月21日鉢集落のみなさんに、今回の作品作りの説明会向けて
模型作り始めたよ!!今日中に仕上げられるかどうか?
メンバーイドガワくん、エンジェル、ミシェル、鉄平君、
他のグループ(コジマくんゴロウさん藤田靖正さんたがやす君)
はどうらくオルガンの外壁から動くグキグキグキが飛び出して
いるのをやっているよ!!

夜は、熊さん、藤田慶子さんひろこちゃんたちが加わって「満月会」
鉄平君のドブログに始まり、美しい女性客人が新婚旅行でアフリカからの土産のミラクルなアマルーラまで十二種の酒で楽しい宴。
2月25日(土)

藤沢での竹の作業第4日目。
先日、青梅の安藤さんから伝授された竹をカットして方向を変えて
接続する方法をミシェルと耕くんが、藤沢のチームに伝授しました。
名付けて『ゴキンゴキン』の竹を量産できそうです。

朝からの雨もお昼頃にはあがり、お手伝いの方も11名!
のこぎり、ドリル、ハンマーの音が鳴り響きました。

2月10日(金)


塩澤文男君のデザイン事務所で試作してみた。
寺本マリナさんのパソコンさばきのおかげで魅力的な試作品が出来た。作品は次回「作品制作中」で披露します♪
絵本のストーリーも出来つつある。ユカちゃんが魔物にさらわれ、ユウキとケンタが竹の神と藁の神の力を借りて、ユカちゃんを助け出すという話。
2月12日(日)


今日も晴天の藤沢、連日雪の鉢のみなさんに
申し訳ない気持ちです。
ビニールハウスの中では女子たちが竹切り作業。

2月9日(木)
72歳になって1ヶ月目、
大きなプロジェクトが始まった

2012年第5回越後妻有トリエンナーレ「大地の芸術祭」
見えない魔物(セシウム)と戦う藁と竹の神々をテーマに、
竹と藁による巨大オブジェ。骨組が出来上がった。

                    Copyright (C) 2012 Office Seizo All Rights Reserved.