Profile      A Brief Biography of Seizo Tashima
           
        田島征三のプロフィール (たしま せいぞう)  
縮小版
1940年、大阪府生まれ。幼少期を高知県で過ごす。
1962年、手刷り絵本『しばてん』を制作。
1965年、1月1日初めての絵本「ふるやのもり」出版
1969年、東京都西多摩郡日の出村(現日の出町)に移り、ヤギやチャボを飼い畑を耕す生活をしながら、タブロー・版画・エッセイ・絵本などを創り続ける。特に我が国の絵本界では全く無視されている「はたけうた」「くさむら」は注目に値する。
1998年、廃棄物処分場から焼却灰の飛散により胃癌、伊豆半島に移住。森の中を歩いていた時、シロダモの大木に呼び止められ、翌々翌年その実を集めて制作した絵本『ガオ』を出版する。
その後、絵本を作りながら、木の実や流木などによる作品を発表し続けている。
2009年、新潟県十日町市の廃校になった小学校を丸ごと絵本にした「空間絵本」を制作「絵本と木の実の美術館」とし、現在も開館中。
2013年、香川県大島で、ハンセン病の元患者の療養所で、入所者が暮らしていた建物を丸ごと「空間詩・青空水族館」にした。
そして、この詩をもとに絵本「海賊」を出版。

   1940年 大阪府生まれ。高知で幼少期を過ごす。絵本作家・田島征彦は双子の兄。

  1960年 全国観光ポスター展にて金賞および特別賞。

   1962年 多摩美術大学図案科卒業。大学在学中に手刷り絵本『しばてん』制作。

   1965年 第一回個展「南天子画廊」。
        はじめて絵本を出版『ふるやのもり』。

   1969年 『ちからたろう』にて第2回BIB世界絵本原画展金のりんご賞。
         東京都下日の出村(現町)に移住。

   1974年 『ふきまんぶく』にて第5回講談社出版文化賞。
         『黒い太陽七人の画家・人人展』に創立会員として参加。
    
   1975年 『やぎのしずか』を発表。出版同時に好評。絶版。(後、形を変え大幅に描きなおして偕成社より出版)
         今までの作風を全て破壊し、新しい画風を創るため、苦悩をともなう闘いをはじめる。

   1980年 『ほら いしころがおっこちたよ ね、わすれようよ』出版により新しい境地を拓く。

   1989年 『とべバッタ』で絵本にっぽん賞受賞。

   1990年 同作で小学館絵画賞受賞、年鑑イラストレーション作家賞受賞。
         この年から日の出町廃棄物巨大処分場建設反対運動に突入(現在も続行中)。

   1992年 少年時代を書き綴った『絵の中のぼくの村』を出版。1996年に、東陽一により映画化され、
         ベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞。

   1998年 処分場からの化学物質の飛散によりガンを患い、伊豆半島に移住。

   2003年 5年間の木の実による作品をまとめた作品集『きみはナニを探してる?』(アートン刊)

         「田島征三全部てんらん会」(池田20世紀記念美術館)開催。

   2004年 まつだい農舞台ギャラリーにて個展「生命の記憶 木の実 田島征三展」。木の実を素材に
         した作品のみで展覧会を構成する。木の実による絵本「ガオ」「モクレンおじさん」発表。

   2005年 東京都練馬区立美術館で谷川晃一、宮迫千鶴と3人展。

   2006年 高知県立美術館、2007年新潟市立新津美術館、征彦と2人展開催。

   2008年 平塚市立美術館 「絵本の大地、木の実の夢」展。

   2009年 第4回越後妻有アートトリエンナーレに、廃校になった小学校をまるごと絵本にした
         「絵本と木の実の美術館」開館。
   
   2010年 フランス パリ アルサンピエール美術館「アール ブリュット ジャポネ展」に出品。

   2011年 福山美術館「田島征三の大地」展。 韓国アラムヌリ美術館に木の実作品他出展。
  
   2012年 第5回越後妻有アートトリエンナーレ「どうらくオルガンちちんぷいぷい」作品出品。
  
   2013年 瀬戸内国際芸術祭 大島「あおぞら水族館」作品出展。

   2015年 第6回越後妻有アートトリエンナーレ「おもいでをたべるオバケと考えるヤギ」作品出品。
 
      


         ☆韓国語のプロフィールです。ご使用の際は、画像として保存してください。
            

A Brief Biography of Seizo Tashima

In 1940, Seizo Tashima was born in Osaka, Japan. His twin brother is Yukihiko Tajima, who is a dyer and picture book author.
Seizo Tashima spent his childhood in Kouchi Prefecture.

In 1960, he won the Golden Award and the Special Award at the National Exhibition of Sightseeing Posters.

In 1962, he graduated from the design department at Tama Art College. While he was at college, he made a hand-printed picture book, “Shibaten.”

In 1965, he had the first private exhibition of his own art work at Nantenshi Gallery. He also published “Furuyanomori,” which was his first picture book publication.

In 1969, he won the Golden Apple Award at the second Biennale of Illustrations Bratislava, BIB.
He moved to Hinode Village (now Hinode Town) in Tokyo.

In 1971, his “Shibaten” came out through a publisher.

In 1974, he won the fifth Kodansha Publication Culture Award for “Fukimanbuku.”
He submitted to the first “Hitohito Exhibition: the Black Sun Seven Artists” as an establishing member of the Hitohito Society, from which he withdrew in 1992.

In 1975, he published “Yaginoshizuka” or “Shizuka the Goat.” It gained public favor, but went out of print. (It was later largely redrawn and published from Kaiseisha.) He, then, started struggling to destroy his previous style and create a new style.

In 1980, he broke new ground with his new style in “Hora, Ishikorogaokkochitayo. Ne, Wasureyouyo” or “Hey, a Pebble Fell. Well, Let’s Forget.”

In 1989, his “Tobebatta” or “Leap, Grasshopper” won the Nippon Picture Book Award.

In 1990, the Shogakkan Picture Award and Illustrator’s Yearbook Award were given to “Tobebatta.” In the same year, he started to fight against the construction of a large waste repository in Hinode Town. He joined the movement for protecting Hinode Forest from destruction and chemical pollution, and conducting its environmental conservation activities. (The fight is still going on.)

In 1992, he published his autobiographical essay, “Enonakanobokunomura” or “My village in the Picture”, which was made into a movie directed by Youichi Higashi in 1996 and won a Silver Bear at Berlin International Film Festival.
http://en.wikipedia.org/wiki/Berlin_Film_Festival

In 1998, he developed cancer caused by chemicals from the waste repository and moved to Izu Peninsula. He also started creating art works using natural materials from the Hinode Forest.

In 2003, he published a collection of his art works made with nuts, “Kimihananiosgaiteru?”(What are you looking for?) (Arton Co. Ltd.) “All of Tashima Seizo: an exhibition” was held at Ikeda 20the Century Memorial Museum.

In 2004, at Matsudai Noubutai Gallery he had a private exhibition, “Seimeinokioku Kinomi Tashima Seizo- ten” (The exhibition of Seizo Tashima, Memory of Life: Nuts). It consisted of his art works using nuts as the only materials. “Gao” and “Mokurenojisan,” both of which were picture books of his works with nuts, came out.

In 2005, he held an exhibition with Koichi Tanikawa and Chizuru Miyasako at Nerima Art Museum in Tokyo.

He held exhibitions with his twin brother, Yukihiko at the Museum of Art, Kouchi in 2006 and at Niitsu Art Forum in Niigata in 2007.

In 2008, he held an exhibition of the original drawings of his picture books at the Hiratsuka Museum of Art,

in 2009. "Hachi & Seizo Tashima Museum of Picture Book of Nuts" Opened in Tokamachi City, Niigata.
Exhibition:"Echigo-Tsumari Art Triennial 2009"

in 2010. Exhibition"ART BURUT JAPONAIS" Halle Saint Pierre Museum(Paris)

in2011. Exhibition"The Earth of Seizo Tashima" Fukuyama Museum of Art(Hiroshima)
      Exhibition in Goyang Aram Nuri Art Museum(Korea)

1n2012. Exhibition:"Echigo-Tsumari Art Triennial 2012" Exhibit Art work"Douraku Organ Chichin Puipui"


田島征三的介(TASHIMA SEIZO)

                         Copyright (C) 2012 Office Seizo Corporation. All Rights Reserved.