Panasoni DMC- LX1 / LX2 / FX01ユーザーも必見

LEICA D-LUX2 /3 & C-LUX1 /2

総合情報サイト <付属品/オプション品写真詳解>   27 Mar. 2007 更新

画素数競争、買い替え地獄・・・から開放される優雅なコンパクトデジタルカメラLEICA D-LUX2、D-LUX3 & C-LUX1

<広告写真・グラビア・犬雑誌・カー雑誌・・・職業カメラマンの趣味的デジタルカメラ散歩>

Leica M8 ・ RICHO GR Digital ・ Nikon D2系 / D200 ・ OLYMPUS E-330など追加予定。

 <ひとりごと>

写真機がデジタルになり、家電と化してから久しい。家電だからメーカーは年に一回新機種をモデルチェンジし、

それどころか家電メーカーの製品に至っては初期のワンロットのみで生産は終了ということもままある。

インターネットの普及によって先進的なユーザーは賢くなり、下手に生産計画を間違えれば、わずか数ヶ月で

「型遅れの古いデジカメ」と呼ばれ、市場在庫が増え値崩れはま逃れない。

 

そうなれば、当然ユーザーの側も性能コンシャス/価格コンシャスでカメラを選択する人が増える。本来、持ち物

、、、それも趣味の品に関してはデザインやブランドというのもは大切な要素であったはずだが、性能が同等の品

に大枚をはたくことは愚かな行為であるがごとき風潮が、今の日本にはある。メーカーはユーザーを飽きさせまい

と、あの手この手で「機能」を小出しにし、暗に買い替えを煽る。ユーザーはメーカーの策略にはまり、次の機種が

出たらそれが気になって落ち着かなくなる。これは実に貧しいお金の遣い方だと思う。

 

そうした買い替えサイクル地獄の蚊帳の外にいるのが、このLEICAのD-LUX2とC-LUX1、そして最新のD-LUX3だ。

そもそも深くキリスト教が根付いている欧州では、一般に大量消費使い捨て文化は悪とされ、幼い頃からの教育で

分相応ないいものを大切に使う風潮がある。D-LUXもC-LUXもそうした概念に則ってLEICA社が製造し、そういう

ユーザーの元へ届けられていることだと思う。

 

*******

 

古くから成立している有名ブランドが多い欧州では、工業生産において「分業」が当たり前のことと捉えられており、

OEMに関しては自然に受け入れられる。LEICA社のコンパクトデジタルカメラは、創成期にはフジフィルムと、近年では

パナソニックとパートナーシップを結び生産される。ご存知の通りここにあるD-LUX2はパナソニックDMC-LX1の、

D-LUX3はその後継機であるDMC-LX2の、C-LUX1はDMC-FX01の、C-LUX2はその後継機であるDMC-FX30の

それぞれOEMであるが、価格はどれもパナソニックブランドよりも1.5倍程度になっている。

D-LUXは「3」になってこのカメラの大きな特徴のひとつであるアスペクト比16:9での撮影時に合わせた液晶が装備され

たことが革新的であり、高感度性能なども向上した。C-LUXは「2」になって画総数UPや高感度性能が向上したが、「1」

からの劇的な進化はない。

 

LEICAは超一流ブランドのひとつであるから、ブランドシンパのユーザーは手が届く範囲であれば有無をいわず購入

するし、そうでない人は価格差が納得できず「あれは実はOEMで××と同じ写りで値段は×倍なんだよ」などと話題

にはするが、購入からは縁遠い。メーカーもさるもの、そういう人ははなからターゲットだと考えてはいない。世界中に

いる想定できるユーザーにだけ売れれば、採算が取れるのが一流ブランドの高級品なのである。

 

私はこの価格差は妥当だと思う。差額は赤丸のロゴバッジ代などといわれるが、決してそれだけではない。買い替えを

考えずに数年使う間、国産なら何回買い替えを行うことになるのか。その間の満足度はどうか。所有物として自分の審美眼

にかなったデザインや質感かどうか。パッケージや付属品の充実度はどうか、などを総合して考えると安い買い物のような

気さえする。一流ブランドだけに許される、バッジエンジニアリングの妙だ。

 

クルマに例えれば、アストンマーチン好きは、たとえそれがジャガーベースであってプライスが倍であってもアストンマーチンを

購入し満足するし、他の選択肢にも興味・関心を抱かないと思う。

 

OEMで同じ機能だから意味がない品だという判断は、あるいは新幹線のがら空きの普通車とグリーン車は「ゆっくり着席

できる」という機能において差がないから一緒だという判断に近いとも思う。誤解を恐れずに書けば、グリーン車なんぞに

一度も興味関心を持ったことのない輩には理解できないことだと思う。

 

そしてライカユーザーはこれらのOEMカメラに、本家M型やR型の性能やステイタスは決して求めていないのではないだろうか。

これはライカ愛好家へのライカからのサービス、言ってみればノベルイティグッズの類という方が捉え方としては正しいように思う。

ライカ愛好家の中には、普段使いのコンパクトカメラもライカであって欲しいと願う人は多いと思う。もちろん必要十分な性能は

完備されている。

 

<ひとりごと/ケースについて>

D-LUX2/3にもC-LUX1にもケースは付属されていない。前身であるD-LUXには真紅の本革製ケースとバッテリー

ケースまで付属されていただけに、これは残念だ。しかしC-LUX1の方には同じような風合いの本革ケースが

別売されている。外装の色は赤/黒/茶(コニャック)で、LEICA的にはもちろん赤が定番だ。ケースの色で迷

った場合、定番色を選ぶとより「らしさ」が味わえると思う。内装にはブラックのベロアをあしらった非常にエレガ

ントな造りだ。本体よりも生産数は少ないと思われるため、興味のある方は急ぐことをお勧めする。

 

D-LUX2の方はLEICA純正がクランプラー社製のナイロンのものになる。これが採寸がよくないこともあり

今ひとつ使い勝手が悪い。D-LUX3では純正の革製も用意されたが残念ながら品薄の状態である。

そこで思い切って社外製のケースに目を向けてみるとKAKUYOのケースは、本革の風合いもよく高級感がある。

これは色も形もバルナック型時代からの由緒正しき速写ケースをモチーフにしている。

もちろんそのような使い方をしてもよいと思うが、私はバッテリー・メディア交換時の落下の危険性やケースを外し

て使うことを考え、使いやすそうな付属の本革製ストラップではなく、ライカ純正のストラップを使用している。

こだわりのカメラだからこそ、ケースもPanasonic製ではなく、もう少しこだわってみたい。

もちろんPanasonic LX1/2、FX01のユーザーにもお勧めである。

 

 

<ひとりごと/シルバーかブラックか>

ブラックかシルバーか。色は好きな方を買えばいいと思う。しかしどちら共に魅力があり、悩んでいる諸氏も多いと

思う。どちらかで悩んだら、LEICA的定番のプラチナ・シルバーをお勧めする。シルバーはメルセデス・ベンツや

ポルシェのイメージカラーで知られるようにドイツの国民色であると同時に、LEICA初のコンパクトカメラである

LEICA MINILUX に採用されて以来LEICAコンパクトカメラの色として継承されてきた伝統色でもある。ちなみに

D-LUX2に関してはシルバーのみの設定である。

C-LUX1/2のブラックは全てをブラックにし、軍艦部の LEICA C-LUX1の表記をホワイトにしたらよりLEICAらし

かったと思う。そうなれば白黒両方を買ってしまう御仁ももっと増えたように思うが、いかがだろうか。 否、両方

購入してしばらくはコンパクトデジタルカメラのことは忘れてしまうという方法もある。不肖、私の様に・・・。

不肖、私は白黒両方が発売されているカメラでは「カラス」すなはちブラックのカメラを好んできた。数年来の仕事

の相棒としているHASSELBLAD 503CX / 553ELX / SWC/M しかり。スナップ用のLEICA M6しかり。唯一の例外

が悩みに耐えかねて白黒両方に散財してしまったLEICA M5とこのC-LUX1である。最近の一眼レフは、銀塩・デジ

タル機問わずブラックしか発売されないが、クロームメッキは黒塗りよりコストがかかる由と聞いたことがある。最近

のLEICAにはアンスラサイト(無煙炭色)というつや消しグレーの塗装があるが、実現しそうにない夢としてはアンスラ

サイトのC-LUX1を極少数販売して欲しいと思う。

それにしてもボディとケースの色の組み合わせで悩み、何日も考えることが出来るのも、逸品の特権かもしれない。

 

<ひとりごと/オススメ>

私は、スナップ用のレンジファインダー・35mmフィルムカメラとしてM型ライカM5/M6を愛用し続けている。20

世紀の財産ともいえるMマウントレンズを使用できるデジタルカメラがあれば、どんなに素晴らしいことかと思う。

M3/2、M4、M5、初期のM6といった名機の手触りを知る人にとって、レンジファインダーカメラは、やはり国産

のフォクトレンダーでは寂しい。デジタルだって子供だましのギミックでつくりの安いエプソンのR-D1ではダメだ。

と思っていたところに去年の暮れ、Mマウントのデジタル機であるM8が市場に登場した。在庫の関係で私の手許には

まだやってこないが、これのブラックはデジタルカメラのひとつの理想郷のような気がする。惜しむらくは軍艦部の

社名表記がないことだが、何れ筆記体刻印バージョンが登場しよう。それまで待つ手もある。

 

一眼レフ用のDigital Module Rが実現した今、私はさらに Digital Module M の登場を切に望んでいる。こいつを

いにしえのM型に装着できれば世界中のLEICAファンの夢が実現すると思うのだ。多少高額であっても納得の行

くスペックで、仕事使用に耐えうるだけの製品として出して欲しいと思っている。D-LUX2/3やC-LUX1を触っている

とその気持が強くなってきた。

 

D-LUX2/3とC-LUX1は、M型や数本のレンズを秘蔵していて「最近出番がない」などて思っている人が、普段鞄に

忍ばせるにはぴったりのコンパクトデジタルカメラだと思う。しかも所詮写りはいまひとつのコンデジなれど、されど

コンデジと思う人が買えば後悔することはないと思う。

 

逆に同機能のカメラが安価で買えるPanadsonicブランドを選択する人がいても、それはそれで合理的でよい選択

だと思う。 生産国の特権ともいえるであろう。

 

*******

 

<ひとりごと/マリンケース>

さて、LEICA C-LUX1には、Panasonic FX01用のマリンケースが流用できる。このマリンケース、水中写真用だけの

用途にとどまらず色々使える。特にこの機種は筐体が小さいのでマリンケース自体もさほどの大きさにならないのが

ポイントだ。例えば大雨や雪景色での撮影、子供や彼女とプールサイドや海水浴、温泉での記念撮影などの他、埃っ

ぽい場所でのガードとしても利用できる。登山用などには予めマリンケースに入れて携行することもできる。ただし水

中写真に使う場合、マリンケースは砂一粒・犬の短い毛一本をOリングに噛み込んだだけで水没してしまうデリケート

なシロモノなので使い方の習熟が必要だ。またこの手の製品はワンシーズン一回きりの生産で絶版になることも多い

ので入手を考えている場合注意が必要。ちなみに、FX01のシーンモード中の水中写真モードは、C-LUX1では省略さ

れている。

 

        

 

 

<ひとりごと/キャンペーンノベルティ>

ライカ C-LUX1発売記念キャンペーンというものがあり、ノベルティとして真紅の革製ストラップがもらえる。耐久性

のありそうなしっかりした革素材で、国産のこだわりグッズメーカー某社製の携帯電話ストラップを長くしたようなス

タイルである。ハンドストラップを好む方には非常にうれしい特典であると思う。

そもそも製品に付属のストラップはPanasonic製に付属しているような原価数十円の品であるから、はじめからこの

ノベルティ程度のものを付属して欲しいとも思う。ところが前々作にあたるD-LUXには真紅の革製ケース/バッテ

リー2個/ケース共革の予備バッテリーを収めるケースまで付属したところ、「余計な物を付属せずに価格を少しでも

下げて欲しい」という声があったという。

LEICAは一流ブランドであると同時に、カメラ業界では数少ないプレミアムブランドである。私は付属品完備でも、別売

あるいはノベルティでも構わないと思うがLEICAが扱う以上このストラップのように、一定水準以上のクオリティ、質感を

備えたモノであって欲しいと願っている。それを先刻承知のLEICA社は流石である。

 

 <資料編1/アクセサリー>

◎◎LEICA D-LUX2 / Panasonic LX1 兼用 速写ケース&ショルダーストラップの詳細◎◎

 

◎◎数量限定!!LEICA C-LUX1 / Panasonic FX01,9,8,7 兼用 LEICA純正ケースの詳細◎◎

          

     赤(定番)                                          

 

◎◎LEICA C-LUX1 / Panasonic FX01,9,8,7 兼用 KAKUYOケースの詳細◎◎

>>> Leica C-LUX1/LUMIX FX01,9,8,7 兼用ケース イエロー   Leica C-LUX1/LUMIX FX01,9,8,7 兼用ケース ピンク  Leica C-LUX1/LUMIX FX01,9,8,7 兼用ケース ブラック (黄/桃/黒)

 

 

◎◎思い切ってイメージチェンジ?◎◎

LEICA D-LUX2 / Panasonic DMC-LX1用

>>>レザーシール LEICA D-LUX2 ブラック レザーシール LEICA D-LUX2 レッド  レザーシール LUMIX LX1 ブラックトカゲシール LUMIX LX1 ブラウン

LEICA C-LUX1 / Panasonic DMC-FX01用

 >>>レザーシール LEICA C-LUX1 ブラックトカゲシール ライカ C-LUX1 レッド レザーシール Panasonic LUMIX FX01 ブラックレザーシール Panasonic LUMIX FX01 レッド

 ※ブラックにブラックが粋!

 

<資料編2/製品情報>

LEICA C-LUX1メーカーサイト

LEICA D-LUX2 メーカーサイト

 

LEICA C-LUX1ブラックの仕様・詳細  

LEICA C-LUX1ブラック

 LEICA C-LUX1シルバーの仕様・詳細

LEICA C-LUX1シルバー

 

 <資料編3/実売価格の相場>

 

限定2000台 C-LUX1実売価格の相場

LUMIX DMC-FX01実売価格の相場  

LUMIX DMC-LX1実売価格の相場

 

 LEICA C-LUX1用レザーケース【レッド】LEICA C-LUX1用レザーケース【ブラック】LEICA C-LUX1用レザーケース【コニャック】

数量限定 LEICA C-LUX1用ケース「赤」の実売価格の相場(Panasonic FX01 兼用)

数量限定 LEICA C-LUX1用ケース「黒」の実売価格の相場(Panasonic FX01 兼用)

数量限定 LEICA C-LUX1用ケース「茶」の実売価格の相場(Panasonic FX01 兼用)

 LEICA バッテリーパック BP-DC4

LEICA D-LUX2 / C-LUX1 兼用 LEICA純正バッテリーの実売価格の相場 (LEICAロゴ入り/Panasonic LX1 / FX01 兼用)

 

<資料編4/Panasonic編>

LUMIX DMC-FX01メーカーサイト

LUMIX DMC-LX1メーカーサイト

開発ストーリー 2 「コンパクト化を実現した広角レンズ」

開発ストーリー 1-1 「ヴィーナスエンジン」

開発ストーリー 1-2 「手ブレ補正」

開発ストーリー 1-3 「ライカレンズ」

開発ストーリー 1-4 「商品企画」

ライカレンズの製造現場を見た!!

 

 ▲ パナソニック マリンケース DMW−MCFX01

Panasonic FX01 / LEICA C-LUX1兼用 マリンケース DMW-MCFX01の詳細

 

 

 本革ケース DMW-CLXA1

Panasonic LX1用本革ケース DMW-CLXA1の詳細(LICA D-LUX2兼用) 

 

パナソニック ソフトケースDMW-CLZ5 [LUMIX DMC-LZ5専用]【即納】

 Panasonic DMC-LZ5用の本革ケースDMW-CLZ5の詳細(LX1 / D-LUX2流用可) 

Panasonic 本革ケース DMW-CXA1 パナソニック 本体ケース DMC-CFXA8各種【FX9・FX8対応】 パナソニック 本体ケース DMC-CFXB8各種【FX9・FX8対応】

Panasonic FX01,9,8,7用本革ケースの詳細(LEICA C-LUX1兼用)