競馬初心者 ゼロから入門

1.競馬初心者の方が、順調に勝てるようになるには、それ相応の勉強量が必要になります。 中途半端な知識で勝てるほど甘くはなく、どっぷりと情報の海に浸かっていく覚悟を決めて下さい。 情報の90%は間違っているとも言われている通り、世の中には「本当は儲からない競馬情報や投資法」が何故か溢れているのです。 時にはメディアが積極的に加担していることもあり、味方は自分だけという認識でいることが大事です。

ここを見てる聡明な方は、そんな詐欺情報や業者に引っかかることはないでしょう。 ここには多くの成功者達が集い予想技術を磨き続けている環境があるので実践的なスキルを身に着けることができます。 ここで書いている事を読んで頂き、実践を始めていけば初心者の方でも確実に実力を磨いていけるでしょう。

競馬は負けて当たり前

競馬で勝つためには、競馬が負けやすいギャンブルということを受け入れる必要があります。 なぜか根拠もないのに勝てると思っている人が多く、そういう意味もなく軽視することは競馬の本質を見失うことに繋がります。 控除率が20~25%あり、不確定要素のあるわけですから負けることを前提に戦略を策定するべきなのです。

負ける人がほとんどですが、確実に勝ち続けている投資家もしっかりと存在します。

勝てる人間は、しっかりと戦略を元に勝ち続け、負ける人間はだらだらと負け続ける。それが、競馬の現実と言えるでしょう。 勝者になるためには自分だけのノウハウを構築する必要があります。 この章では、競馬初心者が競馬で勝てるようになるために何が必要となるのかを原因と対策を考えなくはいけません。 何の考えもなしに競馬をやるのは、運を天に任せるとの何ら変わりはありません。 情報をツイッターなどで確認しつつ、必要な情報を地道に集めることで予想精度も向上します。 楽をしようとすればするほど、詐欺まがいの情報商材に引っかかることになるので焦らずコツコツ続けることが一番重要です。 G1・G2・G3の重賞レースになれば、メディアや個人ともに情報流通量が上がるので初心者でも良い情報を掴むことができます。 質を見極める目が必要になりますが、実績などで信頼できるサイトを一つ確保していくと予想の戦略性もグッと上がると思います。

勝つための考え方を身に着ける

勝てる人と勝てない人の境界線はどこで引かれるか。それはパドックの見方などの考え方にあります。 馬の体形を見るだけで適性を見抜く人に、あなたは正面から戦って勝てると思いますか? こういった考え方の差が大な開きとなって結果に表れてくるのです。

必要なのは勝ち組の思考です。負けている人の考え方はいりません。 ゆえに勝っている人の思考を学べる環境が必要になります。 今ではネットで知る機械もあるため色々と探してみるのがいいでしょう。

競馬の税金裁判が増えてきたように勝てる人は勝てるもの。 考え方次第で誰にでもチャンスがあることを思えば挑戦しない手はないと思います。

役立つデータリンク

有馬記念と言えば年度末を代表する伝統のG1レース。このレースで一攫千金を得た人も少なくありません。 中山競馬場の芝2500mは競馬関係者にとって実力が反映されにくいトリッキーなコースと認識されています。 そのため寂しい出走頭数になることも珍しくない!最後は的中して終わるためにもしっかりと好走馬を特定できるデータを見つけておこう! 有馬記念 予想