日本史クイズ

The 連打

シャッフルラジオ

Loading...

直木三十五 ウィキペディア

直木三十五 最新動画

遠い海から来たCOO (角川文庫)
遠い海から来たCOO (角川文庫)
 12歳の洋介少年と、海洋生物学者の父親とのパゴパゴ島での生活風景は、早朝からの電車通勤の時間を癒してくれる。イルカのブルーとホワイトチップ、そしてプレシオザウルスの赤ちゃんCOOが並んで泳ぐ姿が目に見えるようだ。特にCOOの飼育を始めた当時の父子の会話が私は好きだ。
 核実験の計画により、島に異変が起きてからのスリリングな展開も迫力満点で、ファンタジーとSF的な要素が混在しているおもしろさがある。
 この作品のよさを子どもたちに伝えたいが、小学生には難しい表現が多い。そういう方には、レンタルビデオのアニメ「遠い海から来たCOO」(VHS)がおすすめ。まだ、DVDにはなっていないようです。




高円寺純情商店街 (新潮文庫)
高円寺純情商店街 (新潮文庫)
タイトルの「純情」というのが、嫌らしくてずっと読ま
なかったが、読んでみると、実に昔懐かしいほのぼの
ドラマを見たような幸せな気持ちになった。

「六月の蝿取紙」までは、ややくすんだ印象だが、「も
りちゃんのプレハブ」から、お色気も交えて、平和な町
内に事件発生という感じで、いいですよ。

昭和感覚というか、町内の古きよき人情というか、読ん
でなごめる小説です。







もしもこんな 直木三十五 がいたら・・・


インストゥルメンタル/ポスト・ロック/エレクトロニカ/ポスト・ハードコア界を代表する 直木三十五にとって「せきららは恥ずかしいというイメージがある」そうで、「恥ずかしくなるような」セリフが満載だ。
詳細はMySpaceプロフィール上に随時更新されるのでこまめにチェックを。

ほえ~。ということはこれを頭に置いて言ってたのかな?

『 男がもっとも情を込めて愛している女は必ずしも一番愛したいと思っている女ではない。 』( アンリ・ド・レニエ )

こりゃストライク過ぎか^^;

今朝子の晩ごはん
正解→直木三十五です。意外と、芥川賞と直木賞って、分からないないこと群馬ではたらく黄昏薬剤師 さあずさんの非 http://ameblo.jp/sazusan/entry-10116901106.html 望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り!2008年版》 まさかのメッタ褒め? ...

芥川賞・直木賞(2008/7/17)
直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、大衆文学の新人に与えられる文学賞。通称は直木賞。 詳細はこちら 受賞者を見ると・・・ 受賞者を見るとそうそうたる名前があります。 直木賞の受賞者を見ていると・・・ありました! ...

殺人の門。
正解→直木三十五です。意外と、芥川賞と直木賞って、分からないないこと群馬ではたらく黄昏薬剤師 さあずさんの非 http://ameblo.jp/sazusan/entry-10116901106.html ウォーカープラス回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が 15日夜、東京・ ...

直木賞第二部
おそらく多くの文士、というよりかはほとんどの当時の文士が直木の文章にチョウチンをつけたのは文芸春秋社、菊池寛、直木三十五らの文壇政治集団に彼らが媚びざるを得なかったということだろう。 それはそれでいい。長いものには巻かれろとうのはいつの ...

まもなく30万ヒット!リクエストエントリ承ります!
しょーもなーと仰らず,なけなしの知性&感性を総動員し,強引な見立て,凝りに凝った修辞に心掛けて書きますので,御親告くださいませ~。 みほん 俊寛 25万(俊寛謀議の地・鹿ヶ谷山荘跡を訪ねてトレイル) おとみ 20万(直木三十五の原風景・内 ...

第6回長屋路地裏選考会
開催日時は平成20年7月15日(火)19時〜受賞作品が決定するまで会場は直木三十五記念館 今回の候補作は以下の通り 井上荒野 「切羽へ」(新潮社) 荻原 浩 「愛しの座敷わらし」(朝日新聞出版) 新野剛志 「あぽやん」(文藝春秋) 三崎亜紀 ...

直木賞
+ さて、先日文春文庫「直木三十五伝」植村鞆音著というのをあがなった。文庫としては新刊であるが、単行本としては2005年に出たものだそうだ。冒頭にも書いたが拙稿「直木は国賊」に関連して彼の「南国太平記」執筆当時の情報があるかな、と思って ...

直木三十五 巌流島 8700字
ポータルサイト 検索の達人 http://www.shirabemono.com/ 高大連携情報誌「大学受験ニュース」 調べもの新聞 (高校生新聞) 中村惇夫.

直木三十五
直木賞の直木三十五です。 去年の6月フォーラムに参加した際 講演した粕谷一希氏が演題とは関係ないのですが直木三十五についてとんでもなく面白い人物だとおっしゃっていました。 そこで早速、直木三十五の甥っ子さんが書いたこの本を購入したのですが ...

直木三十五 『貧乏一期、二期、三期 わが落魄の記』
貧乏一期、二期、三期わが落魄の記直木三十五.

直木三十五 の最新情報





灰谷健次郎 | すべてがFになる