おみくじ

The 連打

ひとこと占い

Loading...

マイク・オールドフィールド ウィキペディア

Mike Oldfield


マイク・オールドフィールド 最新動画

Ommadawn
Ommadawn
イギリスに1年いたことがあります。緩やかな丘が広がる緑の郊外を歩くのをヒルウォーキングと言いますが,イギリス各地を歩きました。ウェールズやスコットランドも歩きました。そして,マイク・オールドフィールドがなぜイギリス人に愛されるのか体で感じて来たつもりです。チューブラー・ベルズ,ハージェスト・リッジ,そしてオマドーンはそのエッセンスとも言える作品群だと思います。とくにオマドーンはイギリスの自然や文化に育てられた彼の情感が激しく発露した作品として素晴らしい作品だと思います。




人間ってそんなものね
人間ってそんなものね
「人間ってそんなものね」を深夜のラジオ番組で初めて聴いて、
強烈な”問答無用の鷲づかみ感”を感じて、速攻で検索して買いました。
そこまで極端に行動したのは、初めての体験でした。
ささやくように歌う「もう愛せない」
かっこいい「MOONLIGHT SHADOW」
超オススメの一枚。




Live at Montreux 1981 (Dol Dts)
Live at Montreux 1981 (Dol Dts)
元気一杯で演奏してます。
というか、かなり荒っぽい部分があり、例えば The Essential や Exposed と比べるとマイクを含めて各メンバーのミスタッチも多いです。
もっとも、一番不満感じるのは演奏ではなくカメラワーク/編集のセンスの悪さです。
「このフレーズのときにはこの人を写して欲しい」という期待と全く違う(どちらかというと写す必要を感じない)画像になっているところが多く、見ていてかなり欲求不満を感じました。端的に言うと、ボーカルのマギー・ライリーを写しすぎ。通常の「ロックバンド」と違い、ボーカルもアンサンブルの一部だということを知らない人が作ったという印象です。






昨晩 マイク・オールドフィールド が夢でこう告げた・・・!


過去数百本のライブをこなし、現場(ライブ)でスキルを磨いてきた マイク・オールドフィールド。青春時代の告白の瞬間のように、切ない恋のワンシーンを描いた今作は、夏の告白ソング決定盤。
イベント開催も初めての経験で「(ファンが)2、3人しか来てくれなかった時のためのコメントも考えていた」そうだ。

う~む意味深。こりゃまさにあれだね。ほら、なんつうかその、

『 人生は夢である。死がそれを覚まさせてくれる。 』( ホジヴィリ )

失礼だろ!

マイク・オールドフィールド エチュード
...

青山マンション / chapin sisters
そういえばハイラインレコーズに初めて行った頃、どこかで「ラビリンス / 英国フォーク・ロックの迷宮」という分厚い一冊を買って、兄弟ものといえば「サリーアンジー」(サリー・オールドフィールドとマイク・オールドフィールドの兄弟フォークデュオ) ...

マイク・オールドフィールド 【Moonlight Shadow】
マイク・オールドフィールドは、1973年【Tubular Bells】でデビュー。 映画<エクソシスト>のテーマ音楽として起用(曲の一部分ですが)されたことにより、世界規模でヒットを記録した。 ヴォーカルに、マギー・ライリーを起用した【ムーンライト・ ...

Mike Oldfield「Tubular Bells 4」
マイク・オールドフィールドは、その楽曲展開力や、シンセの導入なのでプログレのカテゴリーに入れられることもあるが、くらシックの現代音楽家としても評価されても良いんじゃないだろうか。 いや、そんなカテゴリーは取っ払って、この誰でも耳に残る ...

旧規格VIRGIN帯など新着中古情報
マイク・オールドフィールド/オマドーン(旧規格VIRGIN帯 盤質A 1260円) ◎ファウスト/ソー・ファー(旧規格ポリドール帯 盤質A 1260円) ◎エッグ/優雅な軍隊(旧規格ポリドール帯 盤質A 1470円) ◎KAIPA/Solo(78年作 ボーナス:ライヴ音源3曲 盤質A ...

『オマドーン』(by マイク・オールドフィールド)
で、登場願うのがマイク・オールドフィールド。 彼の『チューブラベルズ』の一部が『エクソシスト』で使われたことにより、一躍天才マルチ・プレイヤーとして名を馳せる。一人でスタジオにこもって2000回ものオーバーダビングを繰り返して完成されたこの ...

冷感と温感を抱き合わせてMIKE OLDFIELD"Ommadawn"
マイク・オールドフィールドを久しぶりに取り出しました。3RDソロアルバムと言う事ですね。1枚目チューブラ・ベルズが彼の一人シンフォニックとも言うべき、おばけアルバムだったわけですが、今日のアルバムは彼のマルチな演奏に加えて、多くの ...

マイク・オールドフィールド好きなんです。
マイク・オールドフィールドを初めて聴いたのは、中学生のころ。それからずっと聴いています。マイク・オールドフィールドの初期の作品の中でも2ndの『ハージェスト・リッジ』が一番心の内側を刺激するのです。落ち込んでいるときに聴い.

B164055
まあ、音楽がマイク・オールドフィールドや、エリック・サティのベタなパクリだったり、映画冒頭のタイトルがでるとこがダサかったり、ラストにいらないカットがあったり(これは、わかりやすくするための観客へのサービスなんだと、黒澤明監督との対談で ...

マイク・オールドフィールドのアルバムを入手するなら今 on JBOOK
この 3月に新譜『天空の音楽』がユニバーサルミュージック株式会社から発売されたマイク・オールドフィールドであるが、彼のそれまでの作品としては、代表作である『チューブラー・ベルズ』は日本盤で何度も再発されているのだが、それ以外の作品の日本盤 ...

マイク・オールドフィールド の最新情報





ブラック・サバス | 風と共に去りぬ