The 連打

ひとこと占い

シャッフルラジオ

Loading...

火坂雅志 ウィキペディア

天地人の作者火坂雅志さんが市長を表敬訪問されました。


火坂雅志 最新動画

天地人〈上〉
天地人〈上〉
とにかく作者の直江兼続への思い、が凄い熱量となって、押し寄せてきました。
この世知辛い現代に、兼続のように「義」に生きる潔さを考えるきっかけを与えてくれた本書に感謝します。
普段はあまり歴史小説を手にしないのですが、読みやすい文体で引っ張られました。
小説はあくまで作者の作り話であるということは、歴史小説も変わりないだろうと思いますが、
ここまで痛快に直江兼続というヒーローを作り上げたということに価値があるのではないかと思います。
「愛」の前立ての兜、部屋に飾りたくなりました。
大河ドラマを見る前に読むことをお勧めします。




天地人〈下〉
天地人〈下〉
下巻は秀吉の天下統一からその死、そしていよいよ本番の関ヶ原と続き、最後は大阪夏の陣で
終わっていくのだが、やはり話が淡々としすぎていてすんなりと話が進みすぎているきらいがある。

特に関ヶ原の決戦前夜に関しては、直江兼続最大の見せ場であり、石田三成との邂逅〜直江状〜伊達・最上
との戦いまではもっと多く割いて欲しかったと思うし、対上杉景勝だけではなく、家臣達の
心情などに関しても触れてくれると臨場感があったと思うのだが…(戦闘シーンの描写が苦手なのだろうか?)。
特に関ヶ原前後は徳川側、もしくは石田側から描かれることが多い関ヶ原の戦いを上杉・直江側から
描く最高のチャンスであるのに、その心情や背景が充分に描ききれなかったと言うのは非常に残念である。
無論、下敷きにする歴史資料等の量にも依存するのであろうが、もっと言及できる部分があったのではないだろうか?。

そう言う意味で、陪臣である直江兼続をテーマに選びながら、完全に
生かし切れなかった意味で少し残念であった。


また、上巻からの「初音」の扱いや千利休の娘「お涼」などは扱いがずさんでなんで登場させたのか、
意味が見いだせなかった。武将物の歴史小説には正妻/側室の他に女忍者などを愛人の様に絡ませるケース
が少なくないが、あまり効果的とは思えず、本作もその例から漏れないのが残念である。

加えて真田幸村との関係に比較的多くの紙面を割いているが、これも同時期に春日山城下に
住んでいたと言うのは事実だろうが、多忙かつ上杉家の枢要を担う兼続が人質に手ほどきをする
時間があったとも思えないのだが…。仮にあったとしても本作の中ではあまり効果のある伏線
ではなく、蛇足だと感じた。


とは言え、まずますストーリーは纏まっていたし、関ヶ原〜大阪冬の陣の間の上杉家の扱いや
変遷がきちんと描かれていた点は評価出来ると思う。全体としてもう少し主人公以外の登場人物
の取り扱いが丁寧であればもっと読めた本だと思われ、その点だけが残念であった。







昨晩 火坂雅志 が夢でこう告げた・・・!


テレビのバラエティ番組でも活躍中の 火坂雅志。実はテニス部に憧れていたそうで「上は水着だったけど、下はスコート。衣装だけでもテニス部の気分になれてうれしかった」とか。
撮影タイムでは自ら「一番セクシーな部分」という脇からクビレへのラインを強調したポーズでファンを魅了した。

う~む意味深。こりゃまさにあれだね。ほら、なんつうかその、

『 死ぬことは悪くない。死について考えることから解放してくれるから。 』( ジュール・ルナール )

なんのこっちゃわからんがな^^;

天地人 火坂雅志
来年のNHKの大河ドラマの原作です。 最近若い女の子に人気の戦国武将の中でも群を抜いて人気のある直江兼継です。兜に愛のロゴだとか。 武田信玄亡き後の晩年の上杉謙信と直江兼継の接点から関が原で西軍が破れ、上越から福島、そして米沢に移封される ...

「天地人」(上・下) 火坂雅志 ← 2009年大河ドラマ
「天地人」(上・下) 火坂雅志2009年NHK大河ドラマの原作本ということで予習を兼ねて読んでみました。 主人公は、上杉家の知諜の執政・直江兼続(なおえかねつぐ)。 恥ずかしながら聞いたことの無い名前でした。 物語は、上巻では直江兼続が上杉謙信の ...

『壮心の夢』 火坂雅志(著)
『壮心の夢 (徳間文庫)』は、戦国時代を舞台にした火坂雅志の短編集です。 収録されている作品は以下の通り。 うずくまる(荒木村重) 桃源(赤松広通) おらんだ櫓(亀井茲矩) 抜擢(木村吉清) 花は散るものを(蒲生氏郷) 幻の軍師(神子田正治) ...

天地人の作者・火坂雅志
天地人の作者・火坂雅志さんと、会津若松の市長・菅家 一郎さんとの懇談の動画。 話は会津若松市の市長室で行われたようだ。やはり直江兼続が、大河ドラマ化が決定しただけあって火坂雅志さんも色々と大変そうですなー。あちらこちらで引っ張りダコだね。 ...

天地人(火坂雅志著)
da79e47c.JPG 来年の大河ドラマの原作。 主人公・直江兼続を妻夫木聡、上杉謙信を阿部寛、上杉景勝を北村一輝が演じる。 予習のために読む。 日本人必読の一冊。 直江兼続といえば、「トリビアの泉」で彼にまつわるトリビアが紹介されていた。 ...

どんどんつらい立場に追い込まれて
火坂雅志(著)『天地人〈上〉』の読書日記。 戦国時代の歴史小説です。主人公は上杉家の知将・直江兼続。 2009年のNHK大河ドラマの原作小説です。 直江兼続は結婚しました。 相手は、子供のころに雪玉をぶつけた女の子。 兼続が近所の悪ガキと雪合戦をし ...

世間は必ず、冷たい目で見る
火坂雅志(著)『天地人〈上〉』を読んでます。戦国時代の歴史小説で、主人公は上杉家の知将・直江兼続。 2009年のNHK大河ドラマの原作小説ですね。 第7章までを読み終えた感想です。 兼続は、上杉家の後継者争いで景勝を勝利に導き、その実績をかわれ ...

いいこと編(火坂雅志さん講演会)
今日は14時から歴史作家の火坂雅志(ひさかまさし)さんの講演会がありました。 会場は長岡市立南中学校です。 日曜日ですが創立記念日にあたり、その記念行事として火坂雅志さんの講演会がありました。 RIMG3766-1-1.jpg 体育館で講演会・・・・中学生 ...

記者日記
関連の各種イベントも実施されており、この程は直江兼続の資料を展示保存する「直江兼続伝世館」も同市坂戸の銭淵公園内に着工されたようだ▼原作「天地人」の著者で作家の火坂雅志さんが小出郷文化会館で講演したのは昨年の9月、多くの市民が上杉謙信 ...

「天地人」 火坂雅志
来年の大河ドラマの原作です。 主人公は上杉謙信、景勝の家臣・直江兼続。 上巻は青年時代の兼続から魚津城陥落まで。 謙信亡き後の上杉家の相続争いを描いた小説はほとんどないと思うので、 そういう意味では珍しい。

火坂雅志 の最新情報





未来世紀ブラジル | 麻生幾