To DGB Studio Index

2S Variation

2S Variation
回路名備考
2S01 1V2T
2S02直列 Tesco
2S03直列 Fender Duo-Sonic?
2S04並列、直列切り替え
2S05Low Cut付加
2S06直列、コンデンサー付き直列
2S07直列 Fender Tele改
2S08Craig Anderton's wiring
2S09直列、フェイズアウト
2S10トーンを効かす効かさない
2S11コンデンサー付き直列 Fender Tele改
2S12Low Cut付加
2S13フェイズアウト
2S14フェイズアウトLow Cut付加
2S15コンデンサー付き直列 Fender Tele改
2S16LOW CUT Tazoさんのご要望の回路
2S17コンデンサー付き直列 Fender Tele改
2S18コンデンサー付き直列 ローカットフェイズアウト Fender Tele改
2S19コンデンサー付き並列フェイズアウト、直列
2S20コンデンサー付き並列フェイズアウト、コンデンサー付き直列
2S21コンデンサー付き並列フェイズアウト、コンデンサー付き直列
2S22コンデンサー付き並列フェイズアウト、コンデンサー付き直列
2S23コンデンサー付き並列フェイズアウト、コンデンサー付き直列
2S24コンデンサー付き並列フェイズアウト
2S25フェンダーパテント
2S26コンデンサー付き直列 Fender Tele改
2S27バランスボリューム コンデンサーつき直列
2S28Jスタイルベース向け
2S29Jスタイルベース向け
2S302S04にスペシャルトーン追加
2S31直列配線
2S32直列配線
2S33直列配線
2S34ON-OFF-ON, ON-ON-ON MINI SW
2S35ON-ON-ON, ON-OFF-ON MINI SW
2S36フェンダー ムスタング改造
2S37簡単なフェンダー ムスタング改造
2S38センターで直列
2S39フェンダーテレキャスター改造
2S402つのコンデンサーを持ったトーン回路
2S411S20と2S01との組み合わせ
2S42ミニSWを使った
2S432S07変形
2S442S07A変形
2S45ブロードキャスター
2S46テレキャスター
2S47テレキャスター
2S48テレキャスター改造
2S49テレキャスター改造 お気に入り
2S502S49バリエーション
2S51並列、直列
2S52ON-ON-ON SW
2S53ムタング改造
2S54フェンダーDuo Sonic改造
2S55フェンダーDuo Sonic改造
2S56直列並列
2S57トーンをボリュームの後へ
2S582S56にPU2のフェイズスイッチ追加
2S59スタック
2S60シングルー直列ーシングル
2S61コンデンサー付きフェイズアウト
2S622V
2S63Greco BW-600?
2S641V2T
2S65BW-600Mod
2S66BW-600Mod
2S67stanby フェイズ
2S68共振のピークを少し下げる
2S69直列
2S70Jazz Master Mod
2S71Noise Cancel Pickup
2S722連ボリューム
2S73バランサー用2連ボリューム
2S74Noise Cancel Pickup
2S75
2S76
2S77テレキャスター改造
2S78テレキャスター改造
2S79テレキャスター改造
2S80
2S81
2S82
2S83
2S84
2S85
2S86
2S87
2S88
2S89
2S90
2S91
2S92
2S93
2S94
2S95
2S96
2S97
2S98
2S99
2S100

2S117 pngfile

SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2
3PU3
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2


2S116 pngfile

SW1PURemarks
1PU1x(PU2+C3)コンデンサー付き直列
2PU1
3PU1xPU2直列
4PU2
5(PU1+C4)xPU2コンデンサー付き直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2


2S115 pngfile

SW1PURemarks
1PU1
2PU1xPU2
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2


2S114 pngfile

@SW2=1
SW1PURemarks
1(PU1xR1)+C1
2PU1
3PU2x((PU1xR1)+VR2)
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2


2S113 pngfile

@SW2=1
SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2並列
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
@SW2=2
SW1PURemarks
1PU1+C2
2PU1+PU2
3PU2+C3
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2


2S112 pngfile

@SW2=1
SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2並列
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
@SW2=2
SW1PURemarks
1PU1+PUxC2
2PU1+PU2
3PU2+PU1xC3
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2


2S111

2s111.png


2S110

2s110.png Danelectro 56PRO Mod


2S109

2s109.png Danelectro 56PRO Mod


2S108

2s108.png Danelectro 56PRO


2S107

2s107.png SW2:12P ON-ON
このスイッチを切り替えるとVR1がマスターボリューム、VR2がマスタートーンとなる。


2S106

2s106.png


2S105 pngfile

SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2並列
3PU1xPU2直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase


2S104 pngfile

POSPURemark
1PU1Neck
2PU1xPU2Series
3PU1+PU2Parallel
4PU2Bridge

+:Parallel x:Series



2S103

2s103.png Danelectro


2S102 pngfile

@SW2=1
SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2並列
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
@SW2=2
SW1PURemarks
1PU1
2PU1xPU2直列
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
SW1:6P ON-ON-ON
SW2:6P ON-ON


2S101 Loading....

SW2:Phase SW
SW3:Series SW
SW3がONになったら、VR1がマスタボリュームとなります。
BS52参照


2S100 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1
2PU1+PU2並列
3PU2
4PU2+C1C1で歪ました時のトーンを調整
5PU1x(PU2+C1)直列(コンデンサー)

C1:100PF-.047uF
注意
Fender Telecaster を改造の場合フロントピックアップを改造が必要
ピックアップカバーのアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S99 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1Neck
2PU1+PU2Parallel
3PU2Bridge
4PU2+C1Bridge with capacitance
5PU1xPU2Series

注意
Fender Telecaster を改造の場合フロントピックアップを改造が必要
ピックアップカバーのアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S98 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1ネック側
2PU1+PU2並列
3PU2ブリッジ側
4PU2+C2C2で歪ました時の音を調整
5PU1xPU2直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
C1:.047uF
C2:.0033uF


2S97 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1トーン付き
2PU1+PU2トーン付き
3PU2トーンなし
4(PU1xVR2)+PU2トーンなし,PU1の音量調整
5PU1xVR2トーンなし,PU1の音量調整
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: 0.01uF



2S96

2s96.png


2S95

2s95.png
SW1SW2PURemark
1-1PU1
-11PU2
11PU1+PU2並列
-1-1NoneStanby
1:UP, -1:DOWN
+:Parallel x:Series
SW1;SW2: ON-ON Mini Togle Switch


2S94 pngfile

POSPURemarks
1PU1
2PU1 +.0033with CAP
3PU1 + PU2 +.0022with CAP
4(PU2 x 6.2K) - (PU1 x 6.2K x .01)Out of Phase with CAP
5PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase

Peavey Jerry Donahue ?


2S93 pngfile

SW1SW2PURemark
10PU1
1-1PU1
01PU2
11PU1+PU2Parallel
00PU1xPU2Series
-11PU2+C3High Cut
-10(PU1xPU2)+C3Series High Cut
0-1PU1xPU2xC2Series Low Cut
-1-1(PU1xPU2xC2)+C3Series Band Pass
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 0:Mid, -1:Down

Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: .01uF
C3: .01uF


2S92 pngfile

SW1SW2PURemark
10PU1
1-1PU1
01PU2
-11PU2
11PU1+PU2Parallel
00PU1xPU2Series
-10(-PU1)xPU2Out of Phase
0-1PU1xPU2xC2Series Low Cut
-1-1(-PU1)xPU2xC2Out of Phase Low Cut
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 0:Mid, -1:Down

Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: .01uF


2S91 pngfile

@SW2=1 (Up)
SW1PURemarks
1PU1
0PU1+PU2Parallel
-1PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 0:Mid, -1:Down

@SW2=0 (Mid)
SW1PURemarks
1PU1xPU2Series
0PU2
-1PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 0:Mid, -1:Down

@SW2=-1 (Down)
SW1PURemarks
1(-PU1)xPU2Out of Phase
0PU2
-1PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 0:Mid, -1:Down

Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF


2S90 pngfile

@SW2=1 (Up)
SW1PURemarks
1PU1xPU2Series
0PU2
-1PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 0:Mid, -1:Down

@SW2=0 (Mid)
SW1PURemarks
1PU1
0PU1+PU2Parallel
-1PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 0:Mid, -1:Down

@SW2=-1 (Down)
SW1PURemarks
1-PU1
0-PU1+PU2Out of Phase
-1PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 0:Mid, -1:Down

Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF


2S89 pngfile

@SW2=1 (Up)
SW1PURemarks
1PU1xPU2Series
2PU1xPU2Series
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 2:Mid, 3:Down

@SW2=2 (Mid)
SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2Parallel
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 2:Mid, 3:Down

@SW2=3 (Down)
SW1PURemarks
1PU1x(PU2+C2)Series with Cap
2PU1x(PU2+C2)Series with Cap
3PU2+C2PU2 with Cap
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 2:Mid, 3:Down
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: .047uF


2S88 pngfile

@SW2=1
SW1PURemarks
*PU1xPU2Series
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
@SW2=2
SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 2:Mid, 3:Down
@SW2=3
SW1PURemarks
1PU1xC2Low Cut
2PU1xC2+PU2Low Cut
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
1:UP, 2:Mid, 3:Down
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: .01uF


2S87 pngfile

SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase


2S86 pngfile

@SW2=1
SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2並列
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
@SW2=2
SW1PURemarks
1PU1
2PU1xPU2直列
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
SW1:6P ON-ON-ON
SW2:12P ON-ON


2S85 pngfile

@SW2=1
SW1PURemarks
1PU1
2PU1+PU2
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
@SW2=2
SW1PURemarks
*PU1xC2低音カット
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
@SW2=3
SW1PURemarks
*PU1xPU2直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: .01uF


2S84 pngfile

@SW2=1
SW1PUセレクト備考
1PU1
2PU1+PU2
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
@SW2=2
SW2効果備考
1PU1
2PU1+(-(PU2xC2))
3-(PU2xC2)
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
@SW2=3
SW1PUセレクト備考
1PU1
2PU1+(-PU2)
3-PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: .01uF


2S83 pngfile

SW1PUセレクト備考
1PU1
0PU1+PU2
-1PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
SW2効果備考
1ハイパスボリュームを絞ったとき
0効果なし
-1ハイカット
C1: .047uF
C2: 330PF
C3: .001uF
SW1,SW2:ムスタング用スライドSW



2S82 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1
2PU1+PU2
3PU2
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
SW1:ムスタング用スライドSW


pngfile

2S82B

スイッチへの入力と出力を入れ替える

pngfile

2S82C

ちょっと変形


2S81 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1xPU2トーン付き
2PU2トーン付き
3PU2トーン無し
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF



2S80 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1シングル
2PU1+(PU2xVR2)トーンの位置でPU2が並列にブレンドする量が変化
3PU2xVR2トーンの位置で音の大きさが変わる
4PU2x(PU1+VR2)トーンの位置でPU1が直列にブレンドされてくる
5PU1xPU2シリーズ
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: 0.01uF



2S79 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1シングル
2PU1+PU2パラレル
3PU2xVR2トーンの位置で音の大きさが変わる
4PU2x(PU1+VR2)トーンの位置でPU1が直列にブレンドされてくる
5PU1xPU2シリーズ
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: 0.01uF



2S78 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1トーン付き
2PU1+PU2トーン付き
3PU2トーン付き
4PU2ハイパス付き、トーン付き
5PU2ハイパス付き、トーンなし
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: 0.01uF

FAQ01


2S77 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1トーン付き、 ハイパス付き
2PU1+PU2トーン付き、ハイパス付き
3PU2トーン付き、ハイパス付き
4PU2負荷を変化、トーン付き
5PU2負荷を変化、トーンなし
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
Neck: PU1
Bridge: PU2
C1: .047uF
C2: 0.01uF

FAQ01


2S76 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1トーンなし
2PU1トーン付き
3PU1 + PU2トーン付き
4(PU2 x R) - (PU1 x C2)コンデンサー付きフェイズアウト
5PU2トーン付き
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
C1: .1uF
C2: 0.01uF
R: 10K



2S75 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1トーンなし
2PU1 + C2トーンなし
3PU1 + PU2トーン付き
4PU1 + (PU2L x R - PU2U x C3)トーンなし
5PU2トーン付き
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
C2: 0.1uF
C3: 0.01uF
R: 10K
PU2: Tap付き



2S74 pngfile
SW1SW2PURemark
11PU1+PU2N.C.PU is short
10PU1+PU2+N.C.PU
1-1PU1+N.C.PU
01PU1+PU2-N.C.PU
00PU1+PU2
0-1PU1
-11PU2-N.C.PU
-10PU2
-1-1NoneStanby
0:Mid, 1:Up, -1:Down
+:Parallel -:Out of Phase


2S73 pngfile

2V1T
バランサー用2連ボリュームを使う
バランサーの使い方とは違うので注意

PU1とPU2は磁石の極性を違え、2つのコイルを使うとき並列ハムバッカーとなる。
両方のピックアップを使うとき(VR1,VR2=MAX)ノイズキャンセルコイルはショートされて使わない。
ノイズキャンセルコイルはPU1(VR1=Max,VR2=0)とPU2(VR1=0,VR2=Max)とでは位相を逆に接続し、雑音をキャンセルするようにした。
ただしノイズキャンセルコイルが有効になるのはセンタークリック位置からMAXまで。
両方のヴォリュームがセンタークリックまでは普通のJazzBassのような効き。
2S74参照。


2S72 pngfile

2V1T
2連ボリュームを使う

PU1とPU2は磁石の極性を違え、2つのコイルを使うとき並列ハムバッカーとなる。
両方のピックアップを使うとき(VR1,VR2=MAX)ノイズキャンセルコイルはショートされて使わない。
ノイズキャンセルコイルはPU1(VR1=Max,VR2=0)とPU2(VR1=0,VR2=Max)では位相を逆に接続し、雑音をキャンセルするようにした。


2S71  pngfile

POSPU
1PU1+NCPU
2PU1+PU2
3PU2-NCPU
+:Parallel x:Series
NCPU: Noise Cancel Pickup
SW: 12P ON-ON-ON ミニトグルもしくはロータリーSWを使う


2S70  pngfile

Jazz Master Mod
SW2:シリーズに切り替え


2S69  pngfile

POSPU
1PU1
2PU1xPU2
3PU2
+:Parallel x:Series
SW1:ON-OFF-ONトグルSW
C2:.047uF C1:.001uF
国産のギターでピックアップの巻き数が少ないものがあり、
パワーがなく直列にすることを考える。
また.001uFで共振のピークを少し下げる。お好みで値を変えてください。

ON-ON-ON ミニトグルを使うときは2S60参照


2S68  pngfile

POSPU
1PU1+R2+C4
2PU1+PU2
3PU2+R1+C3
+:Parallel x:Series
C1:.047uF C2:.001 C3:.0022 C4:.0022 R1:470K R2:470K
国産のギターでピックアップの巻き数が少ないものがあり、
高音が少し耳につくものの改造に考えたもの。
.0022uFで共振のピークを少し下げる。お好みで値を変えてください。


2S67 Loading....

SW2Mode
1Stanby
2Normal
3Out of Phase
SW2:12P ON-ON-ON Mini togle SW
FAQ75参照


2S66 Loading....

IV2T
SW2:Series SW
このSWをONにするとSW1のポジションは関係なくなる

BW-600 Mod


2S65 Loading....

2V1T
SW2:Series SW
このSWをONにするとSW1のポジションは関係なくなる
VR1がマスターボリュームとなる

BW-600 Mod


2S64

2s56.png
SW1SW2PURemark
1-1PU1
-11PU2
11PU1+PU2並列
-1-1PU1xPU2直列
1:UP, -1:DOWN
+:Parallel x:Series
SW1;SW2: ON-ON Mini Togle Switch


2S63 pngfile

Greco BW-600?
2V1T, Phase SW., Toggle SW


2S62 pngfile

2V

FAQ62参照


2S61 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1トーンなし
2PU1トーン付き
3PU1+PU2トーン付き
4PU2-PU1xC2コンデンサー付きフェイズアウト
5PU2トーン付き
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
C2: 0.01uF (0.0033uF)

FAQ59参照


2S60 シングル-直列-シングル 2s60.png

NoPU選択
1Aネック側
2AxB直列
3Bブリッジ側

ON-ON-ON 6PMINI SW使用
上側をA、下側をBとする
+:並列 x:直列

ON-OFF-ONのスイッチを使うと1H12になる


2S59 Stack single style pngfile

SW1: ON-ON-ON 6P Mini Togle Switch
FAQ58参照


2S58

pngfile
SW1SW2PURemark
1-1PU1
-11PU2
11PU1+PU2並列
-1-1PU1xPU2直列
1:UP, -1:DOWN
+:Parallel x:Series
SW1;SW2: ON-ON Mini Togle Switch
2S56にPU2のフェイズスイッチ追加

FAQ54参照


2S57 pngfile

POSPUセレクト備考
1Frontフロント
2Front+Rear並列
3Rearブリッジ側
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
トーンをボリュームの後へ


2S56

pngfile
SW1SW2PURemark
1-1PU1
-11PU2
11PU1+PU2並列
-1-1PU1xPU2直列
1:UP, -1:DOWN
+:Parallel x:Series
SW1;SW2: ON-ON Mini Togle Switch
2S51を参照
FAQ54参照


2S55 フェンダーDuo Sonic改造 pngfile

直列
SL1SL2PURemark
11PU1xPU2直列
10PU1Neck
1-1PU1x(-PU2)逆相直列
01PU2Bridge
00NoneStanby
0-1PU2Bridge
-11(-PU1+C2)xPU2逆相直列コンデンサー付
-10(-PU1)+C2Neck並列にコンデンサー
-1-1(-PU1)x(-PU2)直列コンデンサー付
0:Mid, 1:Down, -1:Up
+:Parallel -:Out of Phase

3way Slide Switch


2S54 フェンダーDuo Sonic改造 pngfile

直列
SL1SL2PURemark
11PU1xPU2直列
10PU1Neck
1-1PU1x(-PU2)逆相直列
01PU2Bridge
00NoneStanby
0-1PU2Bridge
-11(-PU1)xPU2逆相直列
-10-PU1Neck
-1-1(-PU1)x(-PU2)直列
0:Mid, 1:Down, -1:Up
+:Parallel -:Out of Phase

3way Slide Switch


2S53 フェンダームスタング改造 pngfile
SL1SL2PURemark
11PU1+PU2Parallel
10PU1Neck
1-1PU1xPU2Series
01PU2Bridge
00NoneStanby
0-1NoneStanby
-11-PU1+PU2Out of Phase
-10-PU1Neck
-1-1(-PU1)xPU2Out of Phase Series
0:Mid, 1:Down, -1:Up
+:Parallel -:Out of Phase


2S52

pngfile SW1, SW2:ON-ON-ON Mini Togle SW

真中のポジションでピックアップがショートされ、出力はオープンになる。フェイズスイッチ。


2S51

pngfile
SW1SW2PURemark
1-1PU1
-11PU2
11PU1+PU2並列
-1-1PU1xPU2直列
1:UP, -1:DOWN
+:Parallel x:Series
2S56を参照


2S50 pngfile

POSPUセレクト備考
1Frontネック側
2Front+Rear並列
3Rearブリッジ側 トーンなし
4RearC2で歪ました時の音を調整トーン付き
5Front x Rear直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase

pngfile

2S50A


2S49 pngfile

POSPUセレクト備考
1Frontネック側
2Front+Rear並列
3Rearブリッジ側 トーンなし
4Rearブリッジ側 トーン付き
5Front x Rear直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase

フェンダーの4段レバースイッチを意識した改造、ストラト用5段レバースイッチを用いる。
See 5waySW
ポジション3と4が違う音。 ストラトもリアーはトーンが効かないので、同じでいいかも。 これが改造の定番になりそう。
pngfile

実態配線図のスイッチはUSA製のレバースイッチを意識して書いています。日本製のSWは端子位置が違うので注意してください。
FAQ01


2S48 pngfile

POSPUセレクト備考
1Frontネック側
2Front+Rear並列
3Rearブリッジ側
4Rearブリッジ側
5Front x Rear直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase

フェンダーの4段レバースイッチを意識した改造、ストラト用5段レバースイッチを用いる。ポジション3と4が同じ音。


2S47 pngfile

POSPUセレクト備考
1Front高音カット
2Front+Rear並列
3Rearブリッジ側
+:Parallel x:Series -:Out of Phase


2S46 pngfile

POSPUセレクト備考
1Front高音カット
2Frontネック側
3Rearブリッジ側
+:Parallel x:Series -:Out of Phase


2S45 pngfile

POSPUセレクト備考
1Front高音カット
2Frontネック側
3Rear+(Front x VR2)ブリッジ側にネック側を付け加える
+:Parallel x:Series -:Out of Phase


2S44 pngfile

POSPUセレクト備考
1Front
2Front+Rear並列
3Rear
4Rear+C1
5FrontxRear直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase

2S07Aとほぼ同じ、トーンとボリューム周りが違う。 トーン変更点はトーンを効かさない時にコンデンサーの影響をなくす。 ボリューム変更点は接点の影響をなくすことと、ボリュームを絞ったときピックアップの負荷をかえて音を柔らかくする目的。

以下いただいたメールの紹介
C2の0.047を0.22(.022?)の変更しC1を0.0033と0.0022の並列、 すると、「ポジション4」が丸くなく、四角くなく、角の取れ たサイコロの様な四角になり、 ピッキングを強くすると、なんと高温成分も気持ちよく付いて きます、 これで、昔の曲で「クラッシックスフォー」の「スプーキー」 のイントロが弾けます


2S43 pngfile

POSPUセレクト備考
1Front
2Front+Rear並列
3Rear
4Rear+C2VR2で調整
5FrontxRear直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
2S07とほぼ同じ、 C1をのけてC2で代用する。C2の効きをVR2で調整する。
テレキャスターをSSHにしたいと言う人がいたので、それの代用に考えた。

2S43A pngfile

POSPUセレクト備考
1Front
2Front+Rear並列
3Rear
4Rear+C1C1で歪ました時のトーンを調整
5FrontxRear直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
2S07とほぼ同じ、C1の効きをVR2で調整できる。
C1の値.0033uFにしても良かった。
2S43B pngfile

POSPUセレクト備考
1Front
2Front+Rear並列
3Rear
4Rear+C2VR2で調整
5Frontx(Rear+C2)コンデンサー付き直列
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
ポジション5はVR2を真中にすると普通の直列となる。


注意
Fender Telecaster を改造の場合フロントピックアップを改造が必要
ピックアップカバーのアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S42  pngfile

POSPU
1PU1
2PU1+PU2
3PU2
+:Parallel x:Series
SW1:6P ON-ON-ON MINI SW


2S41  pngfile

POSPU
1PU1
2PU1+PU2
3PU2
+:Parallel x:Series
SW1:2回路3接点3ポジションレバースイッチ
1S202S01との組み合わせ


2S40  pngfile

POSPU
1PU1
2PU1+PU2
3PU2
+:Parallel x:Series
C1:.047uF C2:.0022 C3:.001
国産のギターでピックアップの巻き数が少ないものがあり、高音が少し耳につくものの改造に考えたもの。 .0022uFで共振のピークを少し下げる。お好みで値を変えてください。


2S39 フェンダーテレキャスター改造 pngfile

POSPURemark
1PU1Fender Telecaster Current
2PU1+C2Fender Telecaster '52 Preset Tone
3PU1+PU2Fender Telecaster Current
4(PU2x(C3xR))+C1Fender Esquire Preset Tone
5PU2Fender Telecaster Current
+:Parallel x:Series
C1:.047uF C2:.1uF C3:.047uF R:3.3K


2S38 センターで直列 pngfile

直列にしたばあいノイズがのりやすくなるみたいで
シールドに気をつけないといけないかもしれない
こちらの方がよいと指摘されたので修正。


2S37 フェンダームスタング改造 pngfile

1ヶ所だけの簡単な改造
SL1SL2PURemark
11PU1+PU2Parallel
10PU1Neck
1-1PU1-PU2Out of Phase
01PU2Bridge
00NoneStanby
0-1-PU2Bridge
-11-PU1xC1+PU2Out of Phase with Cap
-10-PU1xC1Low Cut
-1-1(-PU1xC1)-PU2In phase with Cap
0:Mid, 1:Down, -1:Up
+:Parallel -:Out of Phase

C1の部分だけ変更する
結んでる線をはずして、コンデンサーをつける


2S36 フェンダームスタング改造

pngfile
SL1SL2PURemark
11PU1+PU2Parallel
10PU1Neck
1-1(PU1+C3)xPU2Series with CAP
01PU2Bridge
00NoneStanby
0-1PU2xC3Low Cut
-11(-PU1xC2)+PU2Out of Phase with CAP
-10-PU1xC2High Pass
-1-1((-PU1xC2)+C3)xPU2Out of Phase with CAP
0:Mid, 1:Down, -1:Up
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
実体配線図が混在しているので注意
Fender Mustang Wiring参照
JAG-STANG.Com参照
 
C2をショートさせると.
pngfile
SL1SL2PURemark
11PU1+PU2Parallel
10PU1Neck
1-1(PU1+C3)xPU2Series with CAP
01PU2Bridge
00NoneStanby
0-1PU2xC3Low Cut
-11-PU1+PU2Out of Phase
-10-PU1
-1-1(-PU1+C3)xPU2Out of Phase with CAP
0:Mid, 1:Down, -1:Up
+:Parallel x:Series -:Out of Phase

トーンコントロール変形 pngfile
3way Slide Switch


2S35

pngfile
SW1SW2PURemark
-10PU1
-1-1PU1+PU2Parallel
0-1PU2
1-1PU1xPU2Series
-11PU1+(-PU2xC2)Out of Phase with CAP
01-PU2xC2with CAP
11PU1x(-PU2xC2)Out of Phase with CAP
00None
10None
0:Mid, 1:Down, -1:Up
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
SW1: 直列、OFF、並列
SW2: 逆相、OFF、正相
6PMINI SW使用
実体配線図が混在しているので注意


2S34

pngfile
SW1SW2PURemark
-10PU1
-1-1PU1+PU2Parallel
0-1PU2
-11PU1xPU2Series
10-PU1xC2with CAP
11(-PU1xC2)xPU2Out of Phase with CAP
1-1(-PU1xC2)+PU2Out of Phase with CAP
00None
01None
0:Mid, 1:Down, -1:Up
+:Parallel x:Series -:Out of Phase
SW1: 逆相、OFF、正相
SW2: 直列、OFF、並列
6PMINI SW使用
実体配線図が混在しているので注意


2S33

pngfile SW2を切りかえるとノーマルから直列に配線するように変わる
SW付きVRを使用すれば見た目同じにできる
6PMINI SW使用
実体配線図が混在しているので注意


2S32

pngfile SW2を切りかえるとノーマルから直列に配線するように変わる
SW付きVRを使用すれば見た目同じにできる
6PMINI SW使用
実体配線図が混在しているので注意


2S31

pngfile SW2を切りかえるとノーマルから直列に配線するように変わる
SW付きVRを使用すれば見た目同じにできる
6PMINI SW使用
実体配線図が混在しているので注意


2S30

pngfile 2S04にスペシャルトーン追加
SW2を切りかえるとノーマルから直列に配線するように変わる
SW付きVRを使用すれば見た目同じにできる
6PMINI SW使用
実体配線図が混在しているので注意


2S29 pngfile

2S28をSW付きVRに変更
SW1SW2状態
2V1T
PU2コンデンサー付き
ハンバッカー接続VR1がMAXでVR2はバランサー
ハンバッカー接続VR1がMAXでC2をPU1に入れるかPU2に入れるかVR2で切り替え
C2:100PF-0.1uF 実体配線図が混在しているので注意



2S28 pngfile

SW1VR1VR2状態
1100PU1
1010PU2
11010PU1+PU2
2100PU1
2105PU1xPU2
21010PU2
2010PU2-PU1
3100PU1x(PU2+C2)
3105PU1xPU2
31010(PU1+C2)xPU2
3010(PU2-PU1)xC2
SW1-1で2V1T配線
SW1-2でハンバッカー接続VR2でバランス調整
SW1-3でハンバッカー接続VR2でC2をPU1に入れるかPU2に入れるか切り替え
ON-ON SWを使えばSW1-2のポジションが無くなって簡単になる
スイッチ付きボリュームを使うときはこちらになる
C2:100PF-0.1uF 6PMINI SW使用
実体配線図が混在しているので注意



2S27 pngfile

POSPUセレクト備考
1(PU1+C1)xPU2
2PU1+C1コンデンサー付き
3PU1
4PU1+PU2並列
5PU2

C1:100PF-0.1uF C2:.047uF C3:.001uF
2S26のトーンを500KACで置き換える
250KACでもいい、MN、BH型でもいい

注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S26 pngfile

POSPUセレクト備考
1(PU1+C1)xPU2
2PU1+C1コンデンサー付き
3PU1
4PU1+PU2並列
5PU2
C1:100PF-0.1uF C2:.047uF C3:.001uF
3,4,5ポジションが普通の2個のシングル配線
1ポジションは
トーン10のときコンデンサー付き直列、
トーン5のとき直列
2ポジションは
10のときシングルにトーンが効いた音
5のときノーマルシングル
VR2で効きをプリセットしておき切り替える使い方

注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない
トーン回路修正01/10/10

2S26A pngfile

使い方
第二ポジションで、トーンを10から少し絞って、甘い音に調整。プリセットトーン的な使い方。そうすると第1ポジションの音はコンデンサーの効きが弱くなって、直列の音となるがこれはこれで使える音。
pngfile

実体配線図


2S25 pngfile

Fenderのパテント

2S24 pngfile

2S21の変形
POSPURemark
1PU1
2PU1-(PU2xC2)コンデンサー付きフェイズアウト
3PU1+PU2並列
4PU2-(PU1xC3)コンデンサー付きフェイズアウト
5PU2


注意
Fender Telecaster を改造の場合フロント、リアーピックアップを改造が必要


2S23 pngfile

2S21の変形
POSPURemark
1PU1
2PU1-(PU2xC2)コンデンサー付きフェイズアウト
3PU1+PU2並列
4(PU1+C3)xPU2コンデンサー付き直列
5PU2


注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S22 pngfile

2S21の変形
POSPURemark
1PU1
2PU1-(PU2xC2)コンデンサー付きフェイズアウト
3PU1+PU2並列
4(PU1+C2)xPU2コンデンサー付き直列
5PU2


注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S21 pngfile

2S18の変形
POSPURemark
1PU1
2PU1-(PU2xC2)コンデンサー付きフェイズアウト
3PU1+PU2並列
4(PU1+C3)xPU2コンデンサー付き直列
5PU2
C1:.047 C2:.01 C3:.1 くらいをお薦め

1,3,5ポジションは普通のシングル2個の配線
2,4ポジションにDGBお薦めの配線を追加した
注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない
pngfile

実体配線図

4回路5接点レバーSWはYAMAHA製
ギターショップサプライより入手可、今は売ってなくてスーパースイッチって言うものを売っている
YAMAHAのスイッチだと穴を大きくしないと入らないみたいです
スーパースイッチだったら加工しなくても入るかも、実体配線図は変わるので注意


2S20
2S19の変形 pngfile

POSPURemark
1PU1
2PU1-(PU2xC2)コンデンサー付きフェイズアウト
3PU1+PU2並列
4(PU2+C2)xPU1コンデンサー付き直列
5PU2


注意
Fender Telecaster を改造の場合フロントピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S19
2S09変形 pngfile

POSPURemark
1PU1
2PU2-(PU1xC2)コンデンサー付きフェイズアウト
3PU1+PU2並列
4(PU2+C3)xPU1コンデンサー付き直列
5PU2


注意
Fender Telecaster を改造の場合フロントピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S18 pngfile

POSPURemark
1PU1
2PU1-(PU2xC2)コンデンサー付きフェイズアウト
3PU1+PU2並列
4(PU1+C3)xPU2コンデンサー付き直列
5PU2


注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S17 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1
2PU1+PU2Parallel
3PU2xC2LOW CUT
4(PU1+C3)xPU2Series
5PU2


注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない

2S17A pngfile
POSPUセレクト備考
1PU1
2PU2xC2LOW CUT
3PU1+PU2Parallel
4(PU1+C3)xPU2Series
5PU2


2S16 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1
2PU1+PU2Parallel
3PU2xC2LOW CUT
4PU1xPU2Series
5PU2


注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない

2S16A pngfile
POSPUセレクト備考
1PU1
2PU2xC2LOW CUT
3PU1+PU2Parallel
4PU1xPU2Series
5PU2


2S15 pngfile

POSPUセレクト備考
1(PU1+C2)xPU2
2PU1+C2コンデンサー付き
3PU1
4PU1+PU2並列
5PU2


注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S14 pngfile

POSPUセレクト備考
1-PU2xC2低音カット
2PU1-(PU2xC2)コンデンサー付きフェイズアウト
3PU1
4PU1+PU2並列
5PU2

C2をショートさせても良い

注意
Fender Telecaster を改造の場合リアーピックアップを改造が必要
ピックアップ下ーのプレートアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S13 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1
2PU1+PU2並列
3PU2
4PU2-(PU1xC2)コンデンサー付きフェイズアウト
5-PU1xC2低音カット

C2をショートさせても良い

注意
Fender Telecaster を改造の場合フロントピックアップを改造が必要
ピックアップカバーのアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない FAQ01


2S12 pngfile

C1,C2,C3は自分で良い値を探してください

知り合いのテレキャスターのリアピックアップがおそらく巻き線が真中あたりで
切れているものが、いい音するということで、
断線してないテレキャスターでこの音に近づけるにはこういう回路を使うといいかも
C2の値の目安は.01uFだとあまり違いがわからない、
.001uFだと違いが判りすぎるので間の値を使うのが良いか


2S11 2S07変形 pngfile

POSPUセレクト備考
1Front
2Front+Rear並列
3Rear
4Rear+C1C1で歪ました時のトーンを調整
5Frontx(Rear+C1)直列(コンデンサー)

2回路3接点5ポジションSWを使って、直列を実現した回路
最初C1,R1はついていなかった、Rearが3,4ポジションでダブります。
そこでコンデンサーC1で少し音をこもらすポジション4を付け加えて、差別化をはかる
抵抗R1はRearピックアップのQダンプするこになり、音が変わるので試してください
C1:100PF-.047uF
注意
Fender Telecaster を改造の場合フロントピックアップを改造が必要
ピックアップカバーのアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S10 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1Toneが効く
2PU1+PU2トーン無し
3PU2ボリュームを絞ればハイパスが効く

リアをセレクト時もっと音をシャキシャキにしたい時はR1をのけC2を 330PFにすればいいかも
FAQ14参照


2S09 pngfile

POSPUセレクト備考
1PU1
2PU2-PU1フェイズアウト
3PU1+PU2並列
4PU1xPU2直列
5PU2

SW:4回路5接点レバースイッチ

注意
Fender Telecaster を改造の場合フロントピックアップを改造が必要
ピックアップカバーのアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S08 pngfile

POSPUセレクト備考
1NeckxBridge直列
2Neck+C1C1を使い好きな音に調整
3Neck
4Neck+Bridge並列
5Bridge

Craig Anderton's wiring LUNATICS LOUNGEを見てください


2S07 pngfile

POSPUセレクト備考
1Front
2Front+Rear並列
3Rear
4Rear+C1C1で歪ました時のトーンを調整
5FrontxRear直列
2回路3接点5ポジションSWを使って、直列を実現した回路
See 5waySW
最初C1,R1はついていなかった、Rearが3,4ポジションでダブります。
そこでコンデンサーC1で少し音をこもらすポジション4を付け加えて、差別化をはかる
抵抗R1はRearピックアップのQダンプするこになり、音が変わるので試してください

2S07A
上の回路は少し複雑になってるので、簡易回路を書く
pngfile

pngfile


注意
Fender Telecaster を改造の場合フロントピックアップを改造が必要
ピックアップカバーのアースをピックアップの線とは別の線で引き出す作業が必要
ピックアップのリード線とはショートしてはいけない


2S06 pngfile

POSPUセレクト備考
1Front
2FrontxRear Specialコンデンサー
3Front+Rear並列
4FrontxRear直列
5Rear

4回路5接点SWを使用、1回路は使わない


2S05 pngfile

C1,C2,C3は自分で良い値を探してください
FAQ01


2S04 pngfile

SW1を切りかえるとノーマルから直列に配線するように変わる
6PMINI SW使用
実体配線図が混在しているので注意


2S03 pngfile

直列に配線したもの
2S02のSW2個を1個にまとめた回路
6PMINI SW使用
実体配線図が混在しているので注意
フェンダーデュオソニックもこんな回路?


2S02 pngfile

直列に配線したもの
TESCOのギターにこんなのがあった



2S01 pngfile

知人のリペアーマンにストラトのミドルピックアップをはずして、 FrontとRearの両方を鳴らした時に、両方のトーンがレスポールのようにミックスできるのはないかといわれて考えた回路

2S41を見て



2Sは考えようによっては1Hと同じなので1H Variation参照して下さい

これらの配線改造集をつかって 色んな問題が出ても私は責任はとりません。

H.OkadaさんのCE並びにBSchプログラムに感謝
To Pickup

To Home Page