クリックで倍率ドンっ!

No.205

トビ ハナアルキ

学名:
 Hopsorrhinus aureus

解説:

 鼻に間接のある骨があり、それを屈伸させることによって、後ろ向きに飛び跳ねて移動する。

 水辺のいたるところに生息しており、サンゴのくず、川原の砂、火成岩、水成岩の岩石片などを棲家としている。

 尻尾の先はハサミ状になっており、岩の隙間に尻尾を突っ込んで、ヤドカリや昆虫などを捕らえて餌とする。

>> return

>> top