クリックで倍率ドンっ!

No.204

ハナブト
モグラ ハナアルキ

学名:
 Rhinotalpa phallonosus

解説:

 ハツカネズミ大の大きさで、腐植の多い地中にトンネルを掘って棲み、地中性の昆虫やミミズを捕食すという、モグラ似た生活様式をもっている。

 トンネル掘りには強靭な海綿体を備えた鼻を膨張、収縮させることによって行われる。

 鼻の付け根には、10本の鼻底乳頭と呼ばれる器官があり、触覚、臭覚の優れた感覚器官として機能している。

 また尾の付け根の上部には、防御用の腺があり、敵に襲われると悪臭を放つ液を出して撃退する。

>> return

>> top