予選突破チームの(カオス的な)紹介



決勝枠 チーム名 監督名 合計レベル 陣形 タイプ 希望サイド ハンデ
A.ぬこなべ(猫) はんぺん&こんにゃくmkU(おでん) 遅れし外界人 329
(29.909)
Vフォーム プレス 2P 20
永遠亭の罠によって、極悪ハンデが付加されてしまったおでんのチーム。しかし、予選ではそんな妨害にも負けずに奮闘し、順調に売り上げを伸ばし続けて予選突破権を獲得。
はんぺん&こんにゃくがメインであるこのおでんは、これから寒い季節へと移行するだけあってきっと決勝でもひしめく強敵達をノックダウンさせていくだろう……(だから何の話だ!!)


B.ぼたんなべ(猪) 式式ニャンコー迷蹴団(ニャン) もげら 446
(40.55)
ハクレイタイプ プレス 1P 19
Lv99で鬼神篭手装備という超特化にも程がある通称『鬼神橙』
その圧倒的な火力と可愛らしさは燃えと萌えを両立させるというまさに八雲一家の最終兵器。
鬼神が通った後にはただ、(主にらんしゃまの鼻血で生成された)血の海の中に沈む屍しかないという……おそろしや


C.さくらなべ(馬) サボタージュドラゴンズ(サボタ) めるカン 289
(26.2727)
ツートップ プレス どちらでも
かつてニコニコ動画で流行った『東方野球2007』…の中で生まれたのがこのチーム。
東方野球の基本、全員野球をサッカーに応用した全員サッカーの力は、まさに勝利の原動力になるだろう。

なんていうわけはない。みんなただなんとな〜くのξ・∀・)的なノリでやってきただけでξ・∀・)のノリでいつのまにか勝ち残ってしまっただけだ。
なので、決勝でもやはりξ・∀・)のノリで進んで行くと思われる(ぉ


D.かもなべ(酉) 「あのゴールにトライ!!」(ラグビ) すきまのなにか 377
(34.27))
Vフォーム プレス どちらでも 17
黒歴史として名高い『ジャパニーズゾーンプレス』を復活させたキャプテン夢子チーム。
ただ、ひたすらにボールとゴールを追いかけるその姿はまさに小学校サッカー…という突っ込みを入れてはいけない。もちろん、キャプテンである夢子の影も薄いのではという突っ込みも入れてはいけない(笑)


E.うさぎなべ(兎) 東方D−1ぐらんぷり(D−1)  ヤング 388
(35.2727・・・)
Vフォーム プレス どちらでも 14
チーム内でドリブル突破数を競っているという、勝つ気があんまりないドリブル集団。だが、いろいろとあってリーグでは1位で通過してしまった。
それによって、グランプリも延長戦突入という一部の選手から不満続出となってるらしい。
っといっても、このチームにはポンコツという出オチ担当がいるということでそこそこの人気を持っている。お客も多ければギャラも増える………なんていう事が明らかになった途端一部がさらに燃え上がった。
よって、このチームはある意味かなり危険で要注意すべきかもしれない


F.きのこなべ(茸) 東方Fate(T・F) ミノミン 395
(35.9090…)
Vフォーム プレス 1P 23
東方キャラがフェイトのキャラになりきっているのか、はたまた本人が中に入ってるのか…
どちらかわからないが、これだけはわかる。魔理沙を筆頭とするその圧倒的破壊力はまさに観客ゴロシ。予選では彼女達の手によって多くの観客がピチューンとなった。
決勝ではこの暴君チームを止める者が現れるのか?!


G.くまなべ(熊) H極地獄ウロボロス(H地獄)   たけみかづち 318
(28.9090)
カテナチオ カウンター 1P
アホ毛のカリスマを取り戻すべく奮闘…というか、アホ毛を出汁にして遊んでるチーム。遊んでる…はずだが、GKが硬いせいで何故か勝ち残ってしまったらしい。
アホ毛のカリスマは依然戻らない(というか、なけなしのカリスマをさらに失った)が、この決勝では・……

あえて言おう。カリスマがマイナスに突入する前に歩いて魔界へ帰りなされ(笑)


H.うどん(狐) これがホンモノの一人ぶたいだよ(悪霊祭) 波風 593
(53.9090…)
ハクレイタイプ プレス どちらでも 25
(−4)
魅魔様の魅魔様による魅魔様のため…というか、魅魔様だけで持ってるチーム。
単体だけでみると魅魔様の力は鋼鉄魅魔様のパンチを突き破るほどの火力を誇る、まさに化け物であるがそれ以外は大したことない。
よって、魅魔様を封じれば脆いにもほどがあるという弱点があるのだが、忘れてはいけない。
このチームは前大会にチルノライブ補正でもってパワーアップした毛玉達がいるのだ。彼等が魅魔様のカリスマによって真の力が引き出されたら………まず間違いなく最強のチームとなるだろう


I.そば(狸) ジミーズ(ジミ ) 戒律 301
(27.3636)
ハクレイタイプ プレス どちらでも
必殺シュートも必殺ムービもなし。とにかく地味な色に染まった集団。地味過ぎて他チームからは完全にノーマーク状態であったようだが、地味にコツコツと点や勝利を積み重ねていったら見事予選突破を果たしたようだ。
決して目立たずに勝利を拾う、その姿はダークホースというべきか、アサシンというべきか…とにかく、地味だからって油断すると思わぬ大怪我をするだろう(主にナイフと棘の言葉で)


J.きむち(キムチ) H極・黒赤マジック(極黒赤) やみなべ 388
(35.2727…)
Vフォーム プレス どちらでも
前大会と同じくまたもや予選を勝ち抜いてしまった自重しないという悪の秘密結社の総帥(的なノリの)『ブラックレミリア』率いる主催チーム。
その運命操作の力は抽選サイコロやギャンブルダイスまで操ってしまう………

とりあえず、この悪の総帥を叩き潰す正義の味方が現れることを願っておこう(マテ)


ワイルドカード1位 ぶんしんカップ revive(超火力) 精神歪曲 230
(20.9091)
Vフォーム ノーマル どちらでも 11
かつて、東方サッカー界には「ぶんしんカップ」と呼ばれる分身キャラの起用が認められた大会があった。しかし、この大会ではバグ技としての分身が使えず……その怨念から誕生した分身主体チーム。
バグを使っただけあって分身キャラの戦力は不安定だが、一度型にはまると止まらない。その恐るべし超火力は全ての論理を吹き飛ばすであろう(理不尽の塊であるKOJな意味で)


ワイルドカード2位 さいごだったろんぐしゅーたー(LLS) ぷっくる 445
(40.4545)
Vフォーム カウンター 2P 24
ロングシューターだけで固めたシュートぶっぱなし軍団。威力や減衰なんておかまいなしでどこからでもシュートを放つことだけに命を捧げるこの連中は、とにかく特攻あるのみ!!
でもって、あまりに特攻し過ぎてカウンターでピチューンするのはお約束であると思われる(ぉ


ワイルドカード3位 今回のお題「かぐやひめ」(かぐや) ぜっとん14歳 435
(39.5455)
ハクレイタイプ プレス 1P 20
むかしむかし、あるところに…でおなじみ日本昔話シリーズ「かぐや姫」に扮する御一行。
でも、翁はいても婆がいn(スキマ

(残されたメモにて)カグヤニスベテオマカセアレ


ワイルドカード4位 虹川の歌をきけ!(虹川7) アユタ 382
(34.7272)
Vフォーム カウンター どちらでも
虹河三姉妹のテーマ曲幽霊楽団専門の音楽隊。
その演奏を行うためなら試合に負けても構わない…という思考だったはずだが、自重しないξ・∀・)や殺意の波動に目覚めかけているルナ姉のせいで勝ち残っちゃったらしい。

とりあえず、このチームに関して言えばルナ姉に(いろいろな意味で)要注意すべきであろう(ぉ


ワイルドカード5位 エーリッヒに反逆する!(エー反) 永久 391
 (35.5454)
オーソドックス ノーマル 2P 16
白褌に反逆ののろしをあげた…はいいけど、肝心の予選で白褌とぶつからなかった。
だが、ワイルドカードで勝ち上がったので決勝で今度こそ白褌に会える……と思ったら、白褌起用チームは全滅。まさに乙すぐる展開で、残された道はもう奴当たりで適当な誰かをぼこるしかないだろう(笑)


ワイルドカード6位 輝夜のしりとり(ぐーや) ちるみる 302
(27.45)
Vフォーム プレス 1P
輝夜の永遠を司る能力でしりとりループ…が、あえなく失敗。その奴当たりで予選リーグの参加チームをぼこったりぼこられたりしてるうちに、最後のワイルドカードにすべり込んだようだ。

輝夜の復讐劇はまだまだ終わらない……







戻る