蓮子「後半戦開始〜キックオフは内部事情で(幽脇王)からね」

ニャン橙「なにそれ?!」

棒藍「卑怯だぞ!審判にいくら渡した!!!」

ゼロ「聞こえんな〜さぁ行け我が先鋭達よ!まず手始めに……」















ゼロ「ちょっと待てぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!
なんで虫小僧がキックオフを行ってるんだぁぁぁぁ!!!!」


幽脇王リグル「さ、さぁ…よくわかんないけど、キックオフ担当になったからで」

















ゼロ「説明になってないわぁぁぁぁ!!!
てか、パスを受け取ったお前も何故ここにいるんだ〜!!」




幽脇王エリー「仕方ないじゃない!!
そっちの幽香様に命令されて無理やり交代させられたんだから仕方ないじゃない!!!!」











  


きむち紫「なんだか揉めてるようだけど、ボケっとしてるようならもらってくわよ」

幽脇王エリー「ひぇ〜〜パ、パス!!」









きむち紫「そうくると思ってカットを……踏み込みが足りなかったようね」

ニャン橙「どんまいです、触れただけでも十分ですから」

幽脇王VIVIT「えっと〜パスを返すですよ〜」

幽脇王エリー「なんで返してくるのよ〜」

幽脇王VIVIT「え〜ですが、一応エリーさんはFWですから攻撃してもらうためにも…」








ゼロ「だから、なぜあんな雑魚門番がFWについてるんだ〜〜!!」

幽脇王白リリー「それについては私から説明しましょ〜う」

ゼロ「誰だお前は!ジェレミア=ゴッドバルドはどうした〜〜!!」

幽脇王白リリー「単刀直入に言いますと〜白褌さんをはじめとする最初にいた皆さんは後ろから鈍器でゴン☆と襲って気絶させた後にユニフォームを剥いで縛ってトイレの個室に放り込んでおきました〜」



ゼロ「なにィィィィィィィィィィ!!!!」


幽脇王きもけーね「っというのは立て前で、向こうの連中がお前の野望とわがままにこれ以上付き合ってられるかっとストライキ起こして帰っただけだぞ」









  


ニャン魅魔「なんという信頼関係」

幽脇王リグル「思わず同情しちゃいそうだよね…ってあるぇ〜?」

ニャン霊夢「ちょっと、あんな雑魚に取られるなんて何やってるのよ!!」

ニャン魅魔「いやまぁその…」











幽脇王白リリー「とりあえずそんな感じで後半からは私達が代わりに入りますから〜期待してくださっていいですよ〜」

ゼロ「一応聞くが…どれぐらい期待していいんだ?」

幽脇王白リリー「そうですね〜望み通りしっかり真の絶望をプレゼントするぐらいですね〜……なお、受取先は」









  


ニャンレティ「ゼロってわけかしら〜?」

幽脇王白リリー「もちろんですよ〜」


ゼロ「ちょっとまてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」


幽脇王きもけーね「あ〜っと、忘れるところだったがこれが後半戦のチーム表だ。一部のキャラは同じだが中身は全員入れ替わってるから一度目を通しといてくれ」













幽脇王フラン「これぞ驚異のY缶パワー!!ってやっぱりダメか〜〜とどかな〜い」

ニャンレティ「確かに、キャラは同じでも中身は明様に別物みたいね〜」











ニャン橙「とりあえずパスを受け取ったはいいけど……なんとなく怖いから紫様頼みます!!」

きむち紫「あら〜ボール託されちゃったわ〜ゴール前まで来ちゃったけどどうしようかしら〜」














幽脇王きもけーね「う〜む、実はいうと私も迷ってるんだがな。橙が来たら問答無用で襲いかかるところなんだが……お前相手ではやる気も失せる」

きむち紫「やる気ないなら、通り過ぎてもいいかしら?」

幽脇王きもけーね「もちろん、後ろを守るどころか存分に痛めつけてもらいたいから勝手に通り抜けて結構だ…と言いたいとこだが、立場上見せかけでもゴールを守る振りはしないといけないからな」











  


きむち紫「大変ね〜でも、直接手を下すのは私の流儀に合わないし、ここはパス」

幽脇王きもけーね「そうきたか、なら形だけでもカットの振りを・・」











  


幽脇王白リリー「形だけなカットでぼめんね〜」

幽脇王みすちー「ち〜んち〜んち〜ん♪必殺夜雀の歌(スルー)」


ゼロ「こらーーーお前ら明様に手を抜くなーー!!」



















  


ニャン萃香「いや〜本当に信頼のおける頼もしい仲間だよね〜うらやましい限りだよ」
















ゼロ「くぅぅぅ…くそがぁ!!
こうなれば、俺自らの手で引導を渡してくれるわ!!まず、お前から血祭りに……
































































ゼロ「やるではないか、今回は引き分けにしといてやろう」

















幽脇王リグル「思いっきり負けたくせに一体どの辺が引き分けなんだろ…?」

幽脇王パチェ「アレの戯言なんてもうどうでもいいんだけど………とりあえず一つ質問いいかしら?」

ニャン萃香「分かる範囲でいいならどぞ〜」












幽脇王パチェ「これを書いてるH極カオスの主催者は一体何考えてこんなプレイ日記みたいな形式を取ってるのかしら?」

きむち紫「ただの戯れじゃないのかしら〜?」


幽脇王パチェ「それならそれでいいんだけど、ここはカオスで有名なとこだから最後の最後とんでもないオチが用意されてる………なんてことはないわよね?」













棒藍「それは……ないとは思うぞ。多分」


幽脇王リグル「甘いって!これ書いてる人って他人様のキャラでも容赦なくいぢったりするよ!!
私自身こことかこことかここで何度も酷い目あわされたんだから!!!」



幽脇王パチェ「まぁ、あの皇帝にぼこられるあれいつぞやの酒場崩壊みたいなオチが起きなければどうでもいいわ」

ニャン萃香「私も、あのファルコンみたいな扱いをされないだけマシと思わないとね〜」












  


幽脇王SBGK「ここは通さん!!」


幽脇王フラン「通りたければ、通行料払っていきな♪」


ニャン萃香「酒でよければ」












幽脇王フラン「おーけー♪」


幽脇王SBGK「ちょいまて!!お前は未成年だろうが!!!」


幽脇王フラン「大丈夫大丈夫。お酒は教授のプレゼントだから」

ニャン萃香「どうでもいいけど、フランは495歳で未成年とは程遠いと思うんだけどね」


幽脇王SBGK「年齢的には条件を満たしていても精神的にはまだ早いからダメだ!!」







ゼロ「お前ら無駄話している暇があったらもっと真面目に働けーーー!!!!」
















幽脇王きもけーね「そうこうしてるうちに鬼神橙がボール持ったな」

幽脇王みすちー「しかも、今度は撃ってきたわよ」

幽脇王きもけーね「ちっ、射程距離外からのシュートか…仕方ない、頑張れよ」


ゼロ「なにィィィィィ!!お前の好きな幼女が撃ったボールなんだぞ!!
幼女臭のしみついたボールが通過するんだぞ!!!」



幽脇王きもけーね「きさま…私をあの逆境の変態ロリコンと同じ扱いをするとはいい度胸してるな(ユラリ)」


ゼロ「えっ、いやその……」


幽脇王きもけーね「後ろから突き上げられるか、鬼神橙の魂が籠ったシュートをその身に受けるか…
1秒以内に選べ!!






























ゼロ「……………どっちも遠慮する!!!」




















幽脇王みすちー「ぐれいずした……」

幽脇王きもけーね「わかりきっていたことだが、最低だな。私の監督がカオスカップ終了後にお前を捨てた気持ち、今なら痛いほどよくわかるぞ」
















幽脇王リグル「なんかもう散々な扱いになってるよね」

幽脇王大妖精「みたいですね。それでようやく初登場の私ですが………いきなりピンチですぅ。どう切り抜けたらいいと思いますぅ?」

















幽脇王リグル「そんなこと私に聞かれても困るし、痛い目見ないうちにさっさとボール渡しちゃえばいいんじゃない?」

幽脇王大妖精「じゃぁ、それでいきます」












  


きむち紫「なんだかもう気が抜けてきてくるわ〜」

ニャン萃香「全くだね。後ろの霊夢達なんかもう完全くつろぎモードとなってるし」

きむち紫「どうせなら、こんな中途半端な付き纏いも辞めてほしいんだけど」











  


幽脇王パチェ「個人的にはそうしてあげたいんだけど、明様に手抜きすると後々厄介だし」

幽脇王白リリー「気持ち程度な仕事をする振りですよ〜」

ニャンVIVIT「なんていうか、あの仮面野郎が哀れになってきたですよ〜」

ニャン玄爺「最初の登場と差し引いても充分お釣りがきそうな扱いですからのぉ」














ゼロ「くそーー!!もう誰でもいい!!!誰か本気で俺に協力してくれぇぇぇーー!!!」
















幽脇王フラン「いいおー!!」


ゼロ「て、天使だ…悪魔だけど天使がいてくれた」

ニャン橙「うっ、嫌な敵にぶつかってしまったにゃ。ここはパスを…」


棒藍「大丈夫だ橙!!お前なら抜ける!!自分の力を信じるんだ!!!」



ニャン橙「で、でも…あの妹様のレバ剣は…って来たぁぁぁ!!!














幽脇王フラン「喰らえーーー必殺、一気酔けーーん!!」


幽脇王パチェ「それ、ビッ○リマンのヤ○ト王子の技ね」

幽脇王白リリー「随分と古いネタ持ち出してきましたね〜知ってる人いるんでしょうか〜?」

幽脇王リグル「でも、教授って確か三十路突入とかいってたから、知っててもおかしくはないかな〜っと思うんだけど」















幽脇王きもけーね「そうこうしてるうちに、避けたな」


ニャン橙「やった、やりましたよ!!らんしゃま〜〜!!」


棒藍「よし、よくやったぞ!橙!!」


幽脇王フラン「む〜避けられたなら、もう一回」
















ニャン橙「って後ろからまた追いかけてたにゃぁぁ!!ぱ、ぱすぱす〜!!!」













  

ニャンVIVIT「はれ?」


幽脇王フラン「ボールよ〜こ〜せ〜(ブンブンブン)」


幽脇王リグル「えっと〜〜は、はちが飛ぶ〜」











ニャンVIVIT「ひぇぇぇ〜〜ここはパスです!!
レバ剣でずんばらりんなんて嫌ですーー!!!」



幽脇王フラン「ちぇ、残念。じゃー代わりに目の前のおもちゃで…」

ニャンVIVIT「はれぇ〜?!もしかして、これって貞操のぴんちって奴ですか〜?」

幽脇王リグル「じゃ、私は逃げるから後よろしく」














幽脇王白リリー「ニヨニヨとする展開もいいですが、18禁はいけませんよ〜」

ニャンレティ「イザと言うときは、モザイクかければ大丈夫じゃないかしら〜」

幽脇王白リリー「ですね〜では、なかったことに」


























幽脇王きもけーね「一応言っておくが、私は食べないぞ」



















  


ゼロ「ウボァー」


















ニャン橙「どうだ〜見たか〜どうせお前なんて仲間がいないと何にもできないんだぞ〜」


ゼロ「お、おのれ……人が手加減しておればいい気になりおって」












幽脇王リグル「はぁ〜なんかもうどうでもよくなってきちゃった」

幽脇王エリー「私もそう思ってるんだけど、あまり手を抜いてるのがばれると後で幽香様に…(ガクガクブルブル)」













ニャン玄爺「お主も苦労してるようだし、ここは通してやりましょうぞ」

ニャン黒リリー「(こくり)」

幽脇王VIVIT「向こうで同型の私が恐ろしい目にあわされてますが…ここは聞こえてない振りをしつつ、折り返しパスですよ〜」














  


幽脇王エリー「そんなこんなでいつのまにか、PA侵入…」


ゼロ「よし、いいぞ〜このまま奴等に引導を渡すんだ!!」













ニャン魅魔「う〜ん、私としてはこのまま素通ししてやってもいいんだが、それやると霊夢が怒るんで……」

ニャン霊夢「こぼれだま…でもまぁあの守備が笊な魅魔にしてはよくやった方ね」


















幽脇王大妖精「あっ、ボールが来ちゃいました…」


ニャン霊夢「ちょ、ちょっと〜余計にやばくなってるじゃないのよ〜!!!」


ニャン魅魔「そうなのか?だがどうせひ弱な低コストキャラのシュートなんて…」

幽脇王白リリー「甘いですね〜あの大ちゃんはぼへみ〜監督の嫁であり〜前大会でストライカーを担当していたエースでもあるのですよ〜」


ゼロ「なに?!そうか、なら決めろ!!なんとしてでも決めるんだ!!!」



















幽脇王大妖精「なんかあんなこと言ってるんですが…どうしましょう?」

ニャン霊夢「いいわ、この際本気で撃ってきなさい。
でもってあいつに何をやっても無駄だと思い知らせてやるわ!




















幽脇王大妖精「わかりました〜では遠慮なく…
大ちゃん必殺ミラクル大回転ぼへぼへボレーシュート!!!












  


ニャン霊夢「ちょ、なにその長ったらしい名前は?!でもまぁこんなの軽く…あれ?」


幽脇王大妖精「ぬ、抜けちゃい…ましたぁぁぁ?!


ゼロ「よし、よくやったぞ!!これで奴等に汚名をそそぐことが…」


























ゼロ「……」

幽脇王白リリー「残念ですたね〜」






















幽脇王リグル「って、あ……」

ゼロ「今度はお前か、お前まで外したら…どうなるか、わかってるな?」











  




幽脇王リグル「なんとなくあの皇帝に比べたら恐ろしさが雲泥の差だけど、とりあえず……」

















  


幽脇王霊夢「甘い!!今度はがっちりキャッチしたわ!!!」


幽脇王リグル「だよね〜」

ゼロ「お前ら、後でずんばらりんだ」


















ニャン魅魔「全くもって理不尽だな…ってなんで私にパスするのさ?」

ニャン霊夢「疲れたのよ。だから代わりに前線送って」

ニャン魅魔「はいはい、そういうことにしておくか……」






















ニャン魅魔「人がせっかく手加減してやったのに何やってるんだ?」


幽脇王エリー「仕方ないじゃない!いっつもDFしてるからああいう浮き玉みるとついPA外に出したくなっちゃうのよ!!」












幽脇王パチェ「一応突っ込むけど紅みかん監督のエリーといえばFW経験が豊富なはずだからそんな言い訳効かないわよ。あと、PA外にも出てないし」

幽脇王エリー「し、仕方ないじゃない…仕方ないじゃない………仕方ないじゃない………

















ニャン橙「なんだか敵ながら哀れになってきたにゃ……」
















幽脇王フラン「今度こそ、このレバ剣で真っ二つに…」

















ニャン橙「うにゃぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!!!」














棒藍「うまいぞ橙!!こっちにまわせ!!!」


ニャン橙「は、はい!!」


幽脇王リグル「ひぇぇ〜〜レバ剣振り回しながらこっちにこn…ごほっ(みぞおちに命中)」















幽脇王パチェ「避けた方向にボールが来るなんて…」











幽脇王白リリー「なんだかんだいってあの虫妖怪さんも役立ってますよね〜」














ニャンレティ「だったら私もたまには役立たないといけないかしら〜」

幽脇王白リリー「あ〜れ〜と〜ら〜れ〜ま〜し〜た〜(ボウヨミ)」

ニャンレティ「時間もないから攻めるなら早く逝った方がいいわよ〜」














ニャン橙「は、はい…では改めて。いきます、らんしゃま!!


棒藍「こい、橙!」












  


幽脇王フラン「触れるだけで精一杯か〜」



















ニャン橙「喰らえ!!!
必ず殺すと書いて必殺赤鬼青鬼!!!




ゼロ「甘い!さぁ俺の忠実なる下僕共よ!!身を呈して俺を守るがいい!!!」


















  


幽脇王きもけーね「だが断る!」

幽脇王みすちー「これ終わったら打ち上げパーティー料理作らないといけないんだし、怪我だけは避けるわ」




















ニャン橙「さぁ、これで残りはお前一人!!」























ゼロ「ふん、最初っからあの二人には期待なぞしていない。俺が期待するのは……」



































ゼロ「ポストだけだぁぁぁぁ!!!!」



ニャン橙「にゃ、にゃにぃぃぃぃぃぃぃ!!!」



ゼロ「ふはははははははは!!どうだ、わが守護神ポスト様の力は!!!所詮お前はこの程度なんだよ!!!!」


ニャン橙「う、うううう…(涙目)」


ゼロ「さぁ、わかったらさっさと俺にひざまづけ!!!!そしてわびを入れろ!!!!」




















棒藍「まて!!まだ諦めるんじゃない!!!」


きむち紫「そうよ、まだ私達の攻撃は終わってないんだものね」

ニャン橙「藍様、紫様……」

きむち紫「仮初とはいえ、私達は八雲一家よ」


棒藍「その通り、今度は私達八雲一家の力で奴に引導を渡すんだ!!」


ニャン橙「は、はい、そうですよね。今度は皆で力を合わせて……
是非ともアレをぶち込んでやりましょう!!


















棒藍「そういうわけだ!覚悟はいいな…」



ゼロ「ちょ、ちょちょちょっとまってくれーー!!!」



きむち紫「遅い、もうスイッチは押したわ!!!」
























ニャン橙「いっけーーー!」














棒藍「これが八雲一家の最大奥儀!!」















きむち紫「深・夢幻泡影!!!!!!」






ゼロ「ギャーーーー!!!!」



























幽脇王白リリー「八雲一家ファンに送るサービスショットですか〜」

幽脇王パチェ「その割には藍のショットをミスってるようだけど」

幽脇王SBGK「つまり、後で藍の偉い人から撲殺決定っということか」





幽脇王きもけーね「まさに、最後のオチとしてふさわしい一撃だな」

幽脇王フラン「さぁ、大人しく吹っ飛べ〜」

幽脇王みすちー「骨は後で拾って今日の打ち上げ会でのスープ料理の出汁ぐらいに使ったげるわ」




ゼロ「お前ら〜俺を助けようって気はないんか〜!!」







幽脇王の全員「私達を下僕扱いにしたお前に同情する余地なぞない。だから、安心して死ぬがいい!!






























ゼロ「くぅぅぅぅぅぅ、こんなとこで、死んで…たまるかぁぁぁぁぁ!!!!

































































  




ゼロ「ふはははははははは!!どうだ!!!見事に避けてやったぞ!!!!!」















全員「………」






  


幽脇王リグル「なんていう空気の読まなさ……」

幽脇王パチェ「もう手遅れね。この試合が終わり次第に私達が直接引導を渡してあげましょ」














ピピー





蓮子「はい、試合終了。後半戦は見ての通り4−0で式式テンコー遊蹴団の圧勝。よって総合得点6−1で式式テンコー遊蹴団(ニャン)の勝利ね」
















最後のオチへと続く









戻る