TIPS&TRICKS
 

■基本設定を変更する
   
 

GSUはインストールしたままの状態ではあまり使い勝手がよろしくありません。
寸法の単位系はアメリカ仕様のインチ系ですし、一面の草むら?、その上変なおっちゃんがど真ん中を占拠?している始末? 使いやすいように変更しましょう。
まず、上段のメニューから[Window]>[Preferences]を開きましょう。変更は個人の好みですがお奨めは下記の項目です。

 

  ●ツールアイコンを小さくする
  メニュー>[Window]>[Preferences]を開き、[General]のところで「Use large Tool Buttons」
  のチェックを外します。
 アイコンボタンが小さくなって作業スペースを少しでも大きくできます。
  また、メニュー>[View]>[Toolbar]の「Large Buttons」のチェック補外しても同じことが出来ま
  す。
   
  ●標準プラグイン(スクリプト)を使えるようにする
  メニュー>[Window]>[Preferences]を開き、[Extension]のところで「Utility」と「Ruby Script
  Exsanples」にチェックを入れます。
 スクリプトについては後で説明します。
   
  ●単位系をメートル系に
  メニュー>[Window]>[Preferences]を開き、[Template]のところで「Millimetres」を選択して
  OKボタンを押してから、GSUを再起動します。
  これで使用する単位系がミリメートルに変ります。デフォルトはインチ系で論外。
  別にcmでもmでも良いですが、他のソフトとの連携なんかを考えるとmmが一番ベターです。
 なお、作業スペースの背景色やおっちゃんを立たせたままにしておくかどうかなどはテンプレート
  ファイル自体を編集することで好きな初期状態にすることが出来ます。
   
 

●ショートカットの追加と変更
  [Shortcut]でショートカットキーの追加、変更します。
  GSUでは最初から主要ツールのショートカットが設定されていますが、特に視点の切り替えを
  頻繁に行なうので片手で操作出来るようにした方が便利です。(デフォルトではShift+数字) 
  私はファンクションキー(F5〜)に割り付けています。あとPerspective(遠近法)の切り替えも
  デフォルトでは設定されていない上、わりとよく使うので是非設定しましょう。
  設定はまず動作を選んで(平面図ならCamera/Standard/Top)ショートカットキーとして設定した
  いキー(例えばF5)を押す。するとAdd Shotcutの入力ボックスにそのキーが表示されるので
  右の+ボタンを押す。Assigndの欄で確認して[OK]ボタンを押せば設定が完了します。

ショートカットの設定画面

追記(2006.7.15)
 GSU 5.0.295では、OS標準のショートカットを除いて初期状態では何も設定されていません。 5.0.245のデフォルトショートカットはけっこう便利でしたが、5.0.295 でも同じ設定が使い続け
 られるようショートカット設定データを用意しています。
 詳しくは「旧リビジョンのデフォルトショートカットを復元する」 をご覧下さい。


   
   

 

 
  <<BACK