TIPS&TRICKS
 

Push/Pullツールの使いこなし

   

Push/PullツールはGSUの核心部分とも言える重要なツールです。多分この操作性が、従来の三次元系ソフトと決定的に違う点だろうと思います。
でも、その簡単さ、手軽さゆえについつい力技で使ってしまっているところもあります。
ここでは知っていると便利なPush/Pullツールのオプションを紹介しておきます。

通常
単純にPush/Pullすると面に対して垂直方向に押し出し
(押し込み)されます。

 

 


ダブルクリック

基本中の基本テクですね。
Push/Pullツールを起動し、Push/Pullしたい面でダブルクリックすると直前に行なったPush/Pullの押し出し量が適用されます。
面が裏返ってると反対方向に押し出されますのでご注意を!


数値入力
Push/Pullツールで面をクリックし、作業スペース右 下の入力ボックスに数値(設定した単位系のもの)を入力して[Enter]を押すと、その数値で押し出されます。マイナスの数値にすると反対方向に押し出されます。
正確なモデリングが行えます。

[Ctrl]キー
直前に[Ctrl]キーを押してからPush/Pullすると元の面の位置に線が引かれます。
簡単な階段なら、 ダブルクリックと組み合わせれば、数値入力等を行なわずに作ることも出来ます。

 

 

[Alt]キー
[Alt]キーを押しながらPush/Pullすると、面の角度には関わりなく、Push/Pullの方向軸に沿ってPush/Pullされます。

 

 

 
  <<BACK