はじめに 保険治療レベルでお話をしていきます。
今まで歯科医院で銀をつめたり、かぶせたり、神経とったりとしか治療を経験された事があるのではないかと思いますが、
「歯の治療しても、すぐ悪くなる。」と疑問に思ったことはありませんか?
 1.今ままでの歯科は
小さなむし歯までも早く見つけて、削って、つめて、かぶせて、神経とって治してきました。それを良い歯科治療として
いましたが、その結果どうなったでしょうか?治療をした歯は予想以上に短期間で悪くなりました。一方、歯周病は自覚
症状も少なく進行がわかりにくいのでそのまま放置。あげくは抜歯して入れ歯。こまめに歯医者にかかった結果、銀歯や
入れ歯だらけになってしまいましたね。
 2.歯は削ってもつめても治りません! 銀歯の寿命を知ろう! 
治療した歯には必ず寿命がやってきます。特に保険治療で治した歯は天然歯に比べ、ずっとむし歯や歯周病になりやすく
なります。寿命は皆さんが予想している以上に短いものです。寿命には個人差がありますが、金属材料やセメントの材質、
お口の環境や手入れ状況や食生活などに大きく左右されます。一般に保険治療での詰め物、かぶせものでは4〜5年を目
安に再治療が必要となってきます。寿命内に再治療をすると、再度同じ修復・補綴処置が可能ですが、寿命以上に使って
しまうと、とんでもない運命が待ってます。 
以下画像で説明します。 

画像1


銀をつめましたが、数年経過後にはセメントが溶け始めむし歯に!
銀歯の内部が黒くなってるのがわかりますか?むし歯が透けて見えてます。
一旦削ったら、数年おきに何回も何回も治療のやり直しが待ってます。

画像2

    
ちょっと大きなプラスティックがつめてありますね。その周りが欠けてむし歯に
なっています。プラスティックを除去したら、大きな虫歯になっていました。
なんとか神経は残して、ゴールドのつめもので修復しました。当医院はゴールド
での治療費は日本一安い!ですよ(笑)。良い材料だからこそ、決して高嶺の花
にはしません!

画像3

    
かぶせた銀歯をはずしたら、歯はボロボロになってます。歯肉の中までむし歯に
なっています。はずす前は、手前の銀歯のように一見きれいな冠でした。
治療は、虫歯を除去して金属で歯の土台をつくり補強し、再度冠をかぶせました。
なんとか抜歯せずに残しましたが、長くはもてないでしょう。近い将来、入れ歯
かインプラントになるでしょうね。残念ですが、、、。

画像4

    
神経をとった後に銀歯をかぶせた第一大臼歯です。神経治療しましたが、
10年経過した頃から歯の根っ子に膿が溜まりだしました。ご臨終が近
づいてきました。ところでガンじゃないよね?心配だなあって思われて
来院される方がおられます。

画像5

      
      
もう5年になりますが、虫歯は進行していません。
      定期検診をされる患者さんの場合は、疑わしい虫歯は削らずに、
      次の検診まで観察します。観察して虫歯の進行がなかったら、
      また次の検診まで観察します。その結果、5年経過しても写真
      のように進行は止まったままです。削らないでよかったと
      思います。
      
歯を削るのはゆっくりゆっくり!歯周病ははやく治療を!

画像6

 
しかし、初期の虫歯では、刷掃指導や食生活の改善、フッ化物を用いて
お口の環境を改善することで 自然治癒が可能です。ですから初期虫歯は
削らずに観察を続けよう!(自然治癒を待ちましょう!)   
歯の表面に白濁が見えますが、決して削りません。なぜなら、自然治癒するから!

 3.これからの歯科との上手なつき合い方 定期検診が一番です!
みなさん歯医者にはどんな理由で行きますか?つくり歯がはずれてから?
歯が痛くなってから?それとも定期検診で?ひどいむし歯や歯周病になって
から痛い思いをしてお金をかけてこまめに通院するのがよいか、それとも年
に数回、健康管理のために通院するのがよいか、どちらが徳かおわかりにな
るでしょう?定期的に検診することがあなたの身と財布の中身を守る一番
お徳な歯科との上手なつき合い方ではないでしょうか!
***
厚労省は、「健康日本21」と言う健康目標運動の中で、定期的にお口の清掃で
受診する人の割合を2010年には30%以上にする目標を掲げてますが、現状は
まだ約15%程度です。しかし、欧米ではすでに80%越えており、デンタルIQが
高いのには驚かされます。こまめな定期検診の結果、虫歯や歯周病が殆どないの
です。私はアメリカでこの現実を目の当たりに見てショックを受けました。
何とかそのギャップをなくそうと、スタッフ一同奮闘中です。ちなみに当医院では
すでに70%を越え欧米に近づいております。
***
 4.まずは4ヶ月に1回の定期検診を受けましょう!
当医院では「位相差顕微鏡」でむし歯菌やデキストラン(むし歯菌が砂糖を分解
してつくる粘着性の物質。このネバネバにいろんな菌が付着し歯垢を形成する。)
やいろんな歯周病菌をシルエットでお見せしております。むし歯菌の数量や、歯
周病の進行段階によって違った菌相、菌態を観察することができ、現在のお口の
健康段階が一目瞭然わかります。悪いことをする菌だけでなく、質のよい歯だけ
に見られる良い菌も見ることができます。あなたも一度覗いてみませんか!
 また、CCDカメラでお口の歯と歯ぐきの健康状態や、治療した古い歯のいたみ
具合などをテレビモニターで拡大し見て頂いております。
 定期検診では、むし歯や歯周病だけでなく、咬み合わせ、歯並び、顎の発育の
チェックをします。

 特に永久歯に萌え代わる時期の<小児>に対しては、歯並びや咬み合わせの
管理(誘導)を、<中高校生>では、受験生虫歯や不要な親知らずのチェックを
します。さまざまな弊害をおこす親知らず(画像7)は20歳までに抜歯するこ
とを強くおすすめします。

 <大人の方>に対しては歯周病のチェックの後に、
根面むし歯クサビ状欠損
噛み合わせの異常のチェックをします。ご存じなかったと思いますが、大人の根
面のむし歯予防にもフッ化物処置が効果的なのです。

 検診では数々の
カリエスリスク検査ペリオリスク検査を行い、年齢に応じた
歯磨き指導や、歯面清掃(PMTC)、歯ぐきのマッサージ、フッ化物による歯質
の強化やシーラントによる予防処置を行ってます。
 最近では歯周病の原因の1つであります
口腔内乾燥状態のチェックも行ってい
ます。その他、
お口のガン相談も行い、早期発見に努めています。
 まずは4カ月に1回のこまめな定期検診をしましょう。お口の健康が安定した
ら6カ月に1回の間隔で行ってよいと思います。そして、あなたのご近所で何で
も相談できる「かかりつけ歯科医院」をつくりましょう!
 不幸にも歯科治療が必要な場合には、
むし歯はゆっくりゆっくり!、歯周病は
早めにクリーニングや治療をしましょう!

保険の銀色の歯は硬い材質でできており、あなたの歯や顎の関節に負担をかけて
しまいます。歯のかみ合わせが異常に摩耗しかみ合わせをおかしくしたり、顎関
節症を起こしたりします。できるだけ
歯や顎にやさしい金合金や、審美的なセラ
ミックなどで歯の修復を行いましょう!

画像7

    


下顎の不要な親知らずです。手前の歯(第二大臼歯)との
間に治療不能なむし歯をつくり、その第二大臼歯の寿命を
極端に短くします。親知らずは、20歳までに抜きましょう! 
  参考:
親知らずの話

   
<<歯科治療についてのご質問>>

歯科治療についてご質問、ご相談がありましたら、何でもご質問下さい。
・レーザー治療   ・ホワイトニング(歯の漂白) ・審美歯科治療

   
・インプラント治療 ・スポーツマウスガード ・いびき・歯ぎしり     

ご質問下さい。

◇◇◇◇◇ 当医院は ◇◇◇◇◇     

・3種類の子供用手作りの歯ブラシをつくりました。
  当医院開発の乳児用、幼児用、児童用の3種類の歯ブラシです。
  バイオフィルム除去しやすく、お母さんによる寝かせ磨き、仕上げ磨きが
  しやすく、耐久性があり、しかも低価格のロングセラー歯ブラシです。
・当医院はゴールド(金合金)治療が日本一安い!(笑)
  自費治療費用は、厳しい今の世の中に合わせて価格設定しています。すなわち
  「平成不況価格」に変更しています。(笑) 特にゴールド治療は日本一安い
  価格だと思います。ゴールドによる治療はよいに決まっています。
  しかし、良いからと言って、高嶺の花(高額な料金)にはしません。
  ゴールドなど貴金属は再利用が出来ますので、何度も歯をつくることができる
  ので経済的です。平成18年4現在、金の異常高騰で苦戦しております。
・レーザー治療をおこなって10年
  当医院はレーザー治療歴15年になります。当時、福岡市ではほとんどだれも
  行っていませんでした。東区で一番最初にレーザー導入したのが当医院です。

 

     

  E-mail      ホームへ