童謡に隠された真実

しゃぼん玉
トップページ 伝説の地への宿泊予約 掲示板 リンク集 お問い合わせ

作詞 野口雨情 作曲 中山晋平

1. しゃぼん玉飛んだ、屋根まで飛んだ屋根まで飛んで壊れて消えた
2. しゃぼん玉消えた、飛ばずに消えた生まれてすぐに壊れて消えた
3. 風風吹くな、しゃぼん玉飛ばそ

「しゃぼん玉とは、幼くして亡くなった作詞家の娘のことだった。」

野口雨情が作曲家の中山晋平や歌手の佐藤千夜子と、大正9年に徳島県で演奏旅行をしていました。
その演奏旅行中に、2歳になる野口雨情の長女が病気で亡くなりました。
その長女に捧げた鎮魂歌が、このしゃぼん玉でした。
このしゃぼん玉とは、愛娘の魂を意味します。
2番の歌詞の「生まれてすぐに壊れて消えた」とは、自分の娘が生まれてすぐに死んでしまったことを意味します。
「風風吹くな、しゃぼんだまとばそ」とは、天国まで無事魂が行けるよう祈った言葉です。