電験3種の勉強法や試験問題や参考書

電験3種は「第3種電気主任技術者」のことですが、国家試験に合格すると「第3種電気主任技術者免状」が交付されます。全国にある電気設備の保安監督という仕事も出来るようになります。電験3種は年齢、学歴、性別、経験など一切制限はありません。定年を控えた高齢の人も多く受験している試験です。試験は毎年8月に行われていますが、願書は5月上旬頃から配布されます。試験は理論・電力・機械・法規の4科目行われます。3年の間に4科目合格すると電験3種の資格を取得する事が出来ます。郵便窓口やインターネットからも受け付けが出来ます。受験料は4,650円で、札幌・仙台・新潟・東京・埼玉・愛知・大阪・広島・香川・福岡・熊本・宜野湾市などで行われます。電験3種は計算問題が多く出題されますが、電卓を使用することが出来ます。しかし、使用できる電卓の種類が決められていますので、事前に確認しておきましょう。電験3種の学習は、ユーキャンなどの通信講座を受けることも出来ます。本屋に行くとたくさんの参考書や過去の問題集も販売されていますので、参考にしてみてもいいでしょう。オーム社から発行されているものも人気が高いようです。

電験3種資格取得と勉強方法&過去問題集

電験3種の資格は就職や転職に有利と、多くの人が受験していますがかなり難しい試験で、勉強法に悩んでいる人も多くいます。電験3種は国家資格で、電気に携わる人なら持っていたい資格のひとつですが、勉強法は人によってさまざまです。過去10年分の問題集をひたすら解くという人もいます。問題集の量が多すぎて、やる気が出ないという人もいました。3年以内に4科目合格すればいいのだから、科目を絞りながらゆっくり勉強しますという人もいます。電験3種は1科目60点が合格点となります。100点でなくていいのだから気楽にやろうと、肩の力を抜くことが大切です。三角関数と指数計算は多く出題されますので、しっかりと学習しておいたほうがいいでしょう。4科目ある中で合格率が低いのは電力の科目です。理論がわかっていないと計算できないので、理論をしっかり学ぶこともおすすめします。電力では選択問題が多く出題されますが、過去の問題を繰り返し解いてみるという学習法で対応できると思います。機械の科目も過去問題を学習しましょう。トルク、回転数、出力の関係はしっかりと覚えたほうがいいです。過去に多く出題されている内容に重点を置いて勉強するほうが、コツを掴みやすく学習時間は短縮されます。

電験3種の有資格者・就職や求人

保安管理業務の自由化に伴い、さまざまな民間企業が管理業務に参入しようと、電験3種の有資格者を求めています。電験3種の資格を取得した人は資格を生かしながら、たくさんの職種の中で活躍しています。定年後でも再就職に役立つ資格ということから、とても注目を集めている資格です。電験3種が他の資格と違うところは、年配の方でも働き口がたくさんあるというところです。現在70代の人でもビルメンテナンス会社などで活躍しています。電気の保安管理は資格がなければ出来ない仕事なので、有資格者は手当てがついたり、さまざまな面で優遇されます。電気の保守や点検業務は、定期的に行う仕事なので、仕事がなくなってしまうということがありません。電験3種の資格を取得すれば、電気管理事務所を開くことが出来るので、自営を目指している人にはお勧めの資格です。需要が多いので安定した自営が出来る資格です。電気工事業では保全管理業務への進出を図っています。今後は工事だけではなく、設備管理など仕事の幅がどんどんと広がるとみられ、電験3種有資格者はさらに活躍の場が広がるのではないでしょうか。人材が足りないのが実情で多くの有資格者を求めています。

Copyright © 2008 電験3種資格取得勉強法と合格できる参考書問題集