◆鋼の錬金術師とジャンプ漫画の
悪魔崇拝関係疑惑と思える例


週刊少年ジャンプ以外のアニメ化で
ヒットした鋼の錬金術師とか進撃の巨人とかの作者なども
当然、悪魔崇拝者の傘下らしいと思います
漫画家の実力だけではなく
イルミナティに認められないとアニメもヒットさせてもらえない
そう思います
人工的に自然災害を操作する技術と同様に
人工的に漫画のブームもステマや企業タイアップで
ある程度は操作可能らしいと思います
それもメディアの信用不信など弱体化で
最近は通用しなくなったとは思いますが
ジブリアニメ、京都アニメなどのヒットも
人工的なヒットだと思います
ワンピースのヒットもドラゴンボールも同様だと思います


◆鋼の錬金術師とジャンプ漫画や
悪魔崇拝との関係性疑惑など

銀の匙では畜産が題材だと思います
ですが、人間などを経済動物と悪魔崇拝者などは
平気でどころか好んで使う隠語だと思います
人間を動物と見なすのは
要するに人間を殺して食べるなど犠牲にする事に
マトモな教育を受けた人類は
責任問題など客観的に考えるとリスクを感じ
躊躇するのを防ぐため

ターゲットは人間ではなく食材の動物

そう思い込む訓練をしているらしと思います
悪魔崇拝の生贄の儀式とは
要するに人間を自分たちの都合で殺せるか?
そういうテストや人殺しの訓練を
事前にする工程らしいと思います
イザ、人間殺す時に良心だ社会的に犯罪者になるリスクだとか
逃げ出す人間ではカルト集団の工作員は
勤まらないらしいからだと推測では思います



ハガレン



錬金術や魔法ジャンル、魔法少女アニメなど
悪魔崇拝の題材らしいと思います
魔法ジャンルはだから売れるわけです

水木しげるさんが鬼太郎でヒットしたもの
ハリーポッターも
魔法、呪術ジャンルだから
悪魔崇拝のプロパガンダにもなり
イルミナティとシナジー効果を発揮してスポンサーがつくという
システムになっていると思います
ある意味では魔法は実在している訳です
水木しげるさんも悪魔に魂を売るみたいなコメントを
鬼太郎や悪魔君など漫画などのコメントで
していたとは僕の記憶が正いなら思います
正義の味方が嫌いだとか
水木しげるさんのコメントは不可解に思えました
アニメ関係者とかも正義の味方が嫌いとか
人類が死滅してもいいとか
変な作風と正反対のコメントをする人が
有名アニメ関係者でいるとは思いますが

本当は自分は悪魔崇拝者ですと
定期的に暗号で
敵味方識別信号をあげていたらしいと思います


◆ハガレンの題材で 仮に仄めかしでメッセージがされた仮定して
国の国民を犠牲にして半分は工作員の利益
半分はイルミナティの上納金のように納める
そうして人殺しの片棒を担ぐなど
組織犯罪での利益を山わけするシステムが
あるらしいと思います

商業漫画家の場合は
イルミナティなど悪魔崇拝カルト、犯罪組織と思われる連中の
優位なプロパガンダの印象操作をする代償に
漫画家の利益や邪魔者の抹殺の依頼など
しているらしいと思います
漫画家やアニメなどでも昔からこういう仄めかし通信を
散々してきてバレて無かったとは思います
しかし京都アニメやジブリアニメやドラゴンボールなど
ジャンプ漫画アニメなどの
悪魔崇拝イルミナティとの関係疑惑が
すでに数年前から指摘が始まり
ジャンプ漫画とイルミナティとの関係疑惑の可能性に
流石に僕も気がつきだしたという事です
ドラゴンボールやワンピース以外のジャンプ漫画や
商業漫画も大体はグルらしいと思います




◆鋼の錬金術で多くの人間を
犠牲者を出した成功などに
感謝するという台詞があると思いますが
トリコでも感謝という台詞を
不自然に連発していたと思います
これもイルミナティ悪魔崇拝の隠語らしいと思います

これは謝肉祭(カーニバル)やカニバリズム(人食)など
意味しているらしいと思います