大連の
路面電車
202路 次へ>
★路線概要
  ショッピングセンターが集まる副都心「興工街」で201路と連絡、南へ進み、201路の車庫のある解放広場を過ぎると専用軌道になる。星海広場以南の郊外は高架となる。海事大学で貨物線と交差、終点の小平島(旧名・北河口)は工業団地になっている。車庫は北小平島にある。

★運転
約5分毎に運転。早朝、夜間は黒石礁で折り返す。朝夕の区間列車には8000型も使用されていた。
 時刻:
  興工街発小平島行 5:45〜21:30
  興工街発黒石礁行 4:40〜23:50
  小平島発興工街行 5:50〜21:30
  黒石礁発興工街行 4:20〜23:30

 所要:
  興工街〜小平島 約37分
  興工街〜黒石礁 約22分
★車両
  3連接の部分低床車が走っている。車内は運転台付近が高床になっている。そもそも電停がバリアフリーではないのであまり意味がない。2004年8月より全列車を部分低床車で運行しており、26編成いる模様。
  小平島車庫には使われなくなった車両が留置されている。(現在は8000型は解放広場へ移動)



小平島(北河口)車庫(06年2月撮影)
停留所: 興工街/錦W商城(永吉街)/解放広場/功成街/和平街/会議中心/星海広場/大連化物所/医科大学/星海公園/黒石礁/弘基読書園/海事大学/高新園区/中国華録/七賢嶺/河口/小平島(北河口)
次へ>[トップページ][電鉄倶楽部]