MusicPlayer

当サイト一押し(一推し?)のソフト、MusicPlayerを紹介します。

ダウンロードは 自作ソフト倉庫または Vector からでも。

もあります。

MusicPlayerとは

MusicPlayerはもともとMCIを使った貧弱な音楽再生ソフトでした。
僕のたゆまぬ努力の末にDirectShowを使用できるようになり、
より多くのマルチメディアファイルを再生することが可能になりました。
Ver2.000からはプラグイン方式となり対応形式がより柔軟になりました。

しかし、機能はとても少ないです。再生、停止、ポーズ、程度の基本的なものしかありません。 これは個人的にBGM再生用に作ったソフトだからです。 高品質、多機能、利便性が必要であれば foobar2000MPC-HCGes PlayerKbMedia PlayerGOM PlayerWindows Media PlayerVLC media player などのメディアプレイヤーを使えばよいと考えています。

MusicPlayerの特徴は同梱プラグインによるALAC,FLAC,WavPack,TTA,AAC(m4a),OggVorbis,mp3,MIO,opus等の音楽ファイルのサポートです。 なんと!コーデックのインストールは必要ありません。

さらに!同梱のプラグインでAquesTalkのテキスト読み上げやKbMedia Playerのプラグイン、snesapuを使うこともできます。

LAV Filters

LAV FiltersというDirectShowフィルタがあります。 これひとつで様々な形式のファイルをデコードする事ができるため、ffdshow+Haali Media Splitterの代替として期待されています。

Windows7以降ではOSがmp4をサポートしており、ffdshowやLAV Filtersのデコーダが使われません。 Win7DSFilterTweakerを使って 設定を変更する必要があります。使い方の説明ページ

madVR

MusicPlayer(ver2.143以降)は最強のレンダラであるmadVRに対応しています。 詳しい使い方
Xp対応版、非SSE版はmadVRは使えません。デフォルトレンダラが使われます。

wavデコード

プラグインを使って対応する音楽ファイルをwavファイルにデコードすることもできます。
mpd2f.zip(ver0.6)

MusicPlayerと同じフォルダにmpd2f.exeを入れて、ファイルをドロップしてみてください。

ソース

MusicPlayerはGPLになってしまったようなので、 ソースを公開する必要があるようです。7zです。

ソースとは別にコンパイルに必要なもの