であう、わかる、つくる 8・6ヒロシマ 

  

 被爆64周年8・6ヒロシマのつどい ・ 「戦争と市民」展 の お知らせページ

  

  2009年8月6日(木) 広島厚生年金会館にておこないます。

  問い合わせ先  8・6ヒロシマ集会実行委員会

   〒 733-0024 広島市西区福島町1-24-1  TEL/FAX 082-291-1843

   郵便振替口座 01390-0-87404 mail  hiroshimajitu_8_6@yahoo.co.jp

 

 
→ HOME
→ 賛同のお願い

   → 8・6ヒロシマのつどい    スケジュール

→ 呼びかけ人のみなさん  (7月11日現在)
→ 賛同人のみなさん
→ 「8・6ヒロシマ」に向けて 森島吉美
→ 広島から平和の種まきを共に 沼田鈴子
→ 「万人は1人のために 1人は万人のために」 藤本安馬
→ 踊り伝える東京大空襲 鈴木一琥
→ 戦争と市民 2009

 日・独・韓 平和絵画展

→ であう、わかる、つくる 8・6ヒロシマ写真集



「であう、わかる、つくる 8・6ヒロシマ」参加の訴え

 被爆者は、「核をなくせ」と叫びつづけてきた。

 先の大戦で日本に侵略された国々は、「日本の加害責任」を追及し続けてきた。

 全ての思いの出発点は、1945年8月6日だ。

 全てが一点に集まる場がヒロシマだ。

 今年の「集い」は、“鑁の原点(1945年8月6日の広島)、◆嵶鮖砲ら学ぶ」−被爆の原点と「今、ここ」−戦争の加害と被害、「広島から学ぶ」−広島から世界へ、世界から広島へ−、からなる。

 若者が己の創造力を未来に向けて発揮する場と(「戦争と市民」展−音楽も含む)、先の加害責任をとことん追及するシンポジウムの二つからなる。二つが同時に進行する。

 過去と未来の橋渡し、それが2009年8月6日に生きる我々のなしうること。

 

8・6ヒロシマ集会実行委員会 森島吉美

 

 

○ 被爆64周年 8・6ヒロシマのつどい

      2009年8月6日 開会 12:30  (開場 11:30)

      広島厚生年金会館3階 銀河

      参加費 1,000円 (高校生以下500円 外国人留学生無料)

 

 「戦争と市民」展

      2009年8月6日 10:00〜17:00

      広島厚生年金会館3階 十字星   入場無料

      ドイツからの高校生の作品、韓国・ドイツ・日本の画家の作品

      あわせて70点

     

 

 

昨年の「被爆63周年 8・6ヒロシマ集会」    

 

          広島厚生年金会館

                (ウェルシティ広島)

広島市中区加古町3-3 

TEL 082-243-8881

 

              広島バス24号線

        広島駅南口バスのりば

                      Aホーム3番

          吉島方面ゆき乗車

          「厚生年金会館」下車

 

 

  

 

 


Yahoo!ジオシティーズ
Counter