インテリアコーディネーターの実情

お客様のご要望に応じてスペースの配置、施設の材料の選択、構成材料の選択、色の調和などの知識と経験をもとに お客様のインテリア計画の作成??、関連商品の購入に関するアドバイスや情報を提供し、顧客の購買活動を支援する役割を担っている専門家を意味します。

インテリアコーディネーターになるための性別、学歴、専攻、年齢の制限はありません。 インテリアに関連した技術知識、顧客との相談の知識、販売、マーケティングの知識などで実務に必要な部分を体系的に教育を受ければ可能です。

米国、日本、ヨーロッパなどの先進国では、10年ほど前から有効になっているインテリアコーディネーターは、アパート、一戸建て住宅、オフィスビル、オフィスなどの数が急激に増加している状況で、インテリアコーディネーターの領域も非常に広く、需要も多く、インテリア関連企業への就職、インテリアコーディネーター関連分野の創業の増加と、所得水準の向上も増加すると予想することができます。

しかし、私たちの国は、2002年12月現在、インテリアコーディネーターのための国家資格や、民間資格がないのが実情で、インテリアコーディネーターになろうとする者が個々の留学、建築関連会社就業等を通じて、当該分野の経験を積んでインテリアコーディネーターとしての活動しているのが実情です。

インテリアコーディネーターとは求められる資格・スキル仕事の内容と手順活躍の場所はどんな所?どんな人が向いているんだろう
専門の知識を身につけよう「住みやすさ」を見直すインテリアという言葉の意味このサイトについてサイトマップ

インテリアコーディネーターの求人例

飲食店舗デザイン・設計

営業職・施工監理

インテリアデザイナー・工事施工監理

インテリアコーディネーターの小話

インテリアコーディネーターと顧客のニーズ

インテリアコーディネーターとして働く人々

実地で優遇されるスキル

新しい分野のインテリア施工

インテリアコーディネーターの特徴

インテリアコーディネーターの実情

壁面もデザインする

レトロスタイルでコーディネート

総合的な空間の調和

メディア事業から独立する

主婦にも人気のインテリアコーディネーター

独創的なインテリアの施工

実務以外での準備

ヨーロッパ調のアンティークスタイル

CGの知識も求められるように