ヨーロッパ調のアンティークスタイル

インテリアコーディネーターの友人は、3年前東京に家を建てて引っ越して豪華なヨーロッパ調のアンティークスタイルで家の中全体を統一した。

とんがり屋根の3階建ての戸建住宅の彼の家は1階にはリビング、キッチン、2階には夫婦の寝室と子供部屋、バスルーム、3階にはゲストのための応接室と夫のための書斎がある。

「家の中全体のすべてのウィンドウをホワイトで仕上げして、アンティークの家具をあちこちに置いたんです。 ファブリックも、アンティークの家具と合っているホワイトで統一して邪魔することなく高級感を与えることに重点を置いたんです。」と彼は言う。

家具はアンティーク家具販売店に頼んで、フランスから直輸入してきたものがほとんどだという。 フランスのアンティークは、他の国の製品に比べてラインがきれいで細かくして、フェミニンな雰囲気を出すというのが彼の説明。 照明は部屋それぞれ異なるデザインのアンティークのシャンデリアをお選びの家具と調和するようにした。

彼は、「アンティーク家具として家の中を飾るときは、全体の雰囲気が重くならないように気を使わなければね。 最も簡単な方法は、ホワイトのファブリックを適切に活用するんです。

ファブリックは、うんざりした後、いつでも変更することができるので変更も簡単にできることがあるんだよ。」と言い切ります。

日本ではなかなかヨーロッパ調に仕上げるのは難しいですよね。家作りの段階からヨーロッパ調にしていく方法が一番でしょうか。

インテリアコーディネーターとは求められる資格・スキル仕事の内容と手順活躍の場所はどんな所?どんな人が向いているんだろう
専門の知識を身につけよう「住みやすさ」を見直すインテリアという言葉の意味このサイトについてサイトマップ

インテリアコーディネーターの求人例

飲食店舗デザイン・設計

営業職・施工監理

インテリアデザイナー・工事施工監理

インテリアコーディネーターの小話

インテリアコーディネーターと顧客のニーズ

インテリアコーディネーターとして働く人々

実地で優遇されるスキル

新しい分野のインテリア施工

インテリアコーディネーターの特徴

インテリアコーディネーターの実情

壁面もデザインする

レトロスタイルでコーディネート

総合的な空間の調和

メディア事業から独立する

主婦にも人気のインテリアコーディネーター

独創的なインテリアの施工

実務以外での準備

ヨーロッパ調のアンティークスタイル

CGの知識も求められるように