実務以外での準備

最近になって『快適な住空間』への欲求が高まるにつれ、インテリアの鼻ディネイトガになろうとする人々が増えている。 国内にはまだインテリアコーディネーターになるための体系的な教育機関や手続きが用意されていない。

そのため、インテリア関連の学科を専攻するか、インテリアコーディネーターを専門に教える学校を修了することが有利である。

もし、時間的な余裕が??あれば、日本で通算相が認めた日本のインテリアコーディネーターの資格試験を経て、資格を確保するのもキャリアに多少の助けになる。 現在、国内のほとんどのインテリアコーディネーターは、現在活動中のインテリアコーディネーターの門下生になったり、特定の雑誌社からの補助の役割からしている場合が多い。

しかし、無条件に飛び込むよりは、自分の能力を一度考えておくことが賢明である。

個人的にはインテリアコーディネーターになるためには、美的感覚が優れており、空間の判断能力が人よりトィオナミョン資質があると思う。

特に、インテリアコーディネーターは、商品知識や住宅に関する知識、コンサルティングなど全般的な能力を備えるように努力するのはコーディネーター自体がインテリアの分野の『マルチプレイヤー』の役割をしなければならないからだ。

インテリアコーディネーターとは求められる資格・スキル仕事の内容と手順活躍の場所はどんな所?どんな人が向いているんだろう
専門の知識を身につけよう「住みやすさ」を見直すインテリアという言葉の意味このサイトについてサイトマップ

インテリアコーディネーターの求人例

飲食店舗デザイン・設計

営業職・施工監理

インテリアデザイナー・工事施工監理

インテリアコーディネーターの小話

インテリアコーディネーターと顧客のニーズ

インテリアコーディネーターとして働く人々

実地で優遇されるスキル

新しい分野のインテリア施工

インテリアコーディネーターの特徴

インテリアコーディネーターの実情

壁面もデザインする

レトロスタイルでコーディネート

総合的な空間の調和

メディア事業から独立する

主婦にも人気のインテリアコーディネーター

独創的なインテリアの施工

実務以外での準備

ヨーロッパ調のアンティークスタイル

CGの知識も求められるように