倉真赤石(くらみあかいし)温泉

 

倉真赤石温泉 1000円 掛川市倉真赤石 2003/08/03

      

掛川市の山中に倉真赤石温泉があります。
まだ新しい温泉で、ほとんど知られていません。掛川市街から倉真温泉への道を途中で横にそれ、すれ違い不能の、多分、私道とおもわれる心細いような杉林の急坂をのぼると、急斜面にへばりつくように仮設的建物が現れます。
これがメインの浴場棟です。休憩室もあります。
浴室は家庭用より一回りくらい大きいだけ。本当に小さな浴室です。浴槽も長方形のものがひとつ。三人入ればいっぱいです。
お湯はこの辺には珍しい、白濁した硫黄泉。
うっすらと漂う硫化水素臭はなかなか魅力的。カランをひねれば掛け流しも楽しめます。
窓をいっぱいに開けて空と山肌を眺めて湯に浸かるのもなかなかおつです。
そして、このメインの浴室棟から、少し歩いて下ると、雰囲気は俄然怪しげになります。倒壊しそうな古びた木造の家と、むき出しのタンク。さらに下ると、小さな岩風呂風家族風呂?があります。こちらはMTMM。
さらにずっと、谷底まで下ると、倒壊しそうな小屋が川原に建てられています。正面には滝。この小屋は滝見風呂として造ったようですが果たして使用されているのでしょうか。倉真赤石温泉はなんとも怪しげなB級ワールドでした。料金の高いのが残念。


戻る    太宰楼トップ