Counter

                              アクセス時刻 

糸目友禅染ギャラリ− 蛇の目うさぎ

糸目友禅 斉藤風子の経歴 染色の工程  歴史の街太宰府 
染色作家斉藤風子が、歴史の町太宰府に、友禅染めギャラリー蛇の目ウサギを開店致しました。
本格的糸目友禅染による染物染額・タペストリーを中心に、陶器と磁器の作家もの商品も取り揃えました。
正絹にこだわったストールウサギの人形、ワンちゃんお出掛け着物、オリジナル和手ぬぐい.、お洒落本舗の和柄カット・ソー(Tシャツ.ベビー服等)、ハンカチ、ステッカー、等の品々を取り揃えております。
お客差からのご注文に合わせての、友禅染、タペストリー、のれん、等の製作も致しますので、お気軽にご相談下さい。
糸目友禅
糸目友禅は、柿渋紙の筒に糊を入れ、模様の輪郭を糊で筒描きします。その線が糸のように細かいので、これを「糸目」と呼びます。糸目糊で囲まれた部分に筆や刷毛で色差しをします。この色差しを「友禅すると」言います。なお、糸目を置かないものは、「無線友禅」又は「描き上げ友禅」と呼ばれています。

 ゴム糊は染料を吸着することなく色挿しのままの発色が得られます。糸目糊は、地色を染めたあと色を定着させる蒸と洗いの工程で糊が取れてしまうため、もう一度糊を置かなければなりません。ゴム糊は水に強いため、最初の糸目のりがそのままに残り二度手間にならないのです。文様を先に染めて、そこを伏せして地色を染める場合、伏せ糊を落す時に必ず染料も糊と共に落ちてしまいます。これをゴム糊で伏せると染料が落ちない(はげない)のです。又文様と地色を同時に置く事ができるので、文様と地色の兼ね合いを見ながら染める事が出きると言う利点も大きかったのです。糸目の線は米糊よりもシャープなものが得られるのが特徴でした。このゴム糊は、水に強い代わりに落すときは、揮発洗いが必要な点が扱いの難点でした。
 
 

この作品は、池田満寿夫さんが審査委員長となった、福岡県大野城市のまどかぴあ美術展で、大野城市長賞を受賞しました。
 審査評では、「黒地に金箔等がうまく配色され、右側縦長の校正で、緑色花模様が全体の構図、色彩引き締めている。技術的にもしっかりした作品である」との評価を頂きました。
丁子屋の型紙

 
江戸時代から裃(かみしも)を染めていた「丁子屋」という小紋屋がありました。連続テレビドラマのモデルにもなった小紋屋です。130年もの間続いた歴史も時代の波の中、6代目でその幕をおろしました。これはその『丁子屋』で使われていた手彫りの柿渋紙を使い、手すき和紙に手刷りした ぽすとかーど です。
たまにはこんな はがきで手紙を書いてみませんか?型紙は、「きりえ」と同じ様に、その模様だけ見ていても大変美しく、匠の技にあらためて感動します。
 こんな風に額に入れて楽しんでみてはいかがでしょう・・・
ぽすとかーど4枚セット 500円
きりえ額       3500円〜

 
 
 
 
 
 

 太宰府天満宮
学問の神様・菅原道真公が祭られています。

  
  飛び梅
本殿の右側に御神木の飛び梅があります。
「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」と詠まれた道真公を慕って、京から一夜にして飛んできたと伝えられています。乳白の蕾が開花すると白になる色玉垣・野梅性の品種で、1月に開花しています。

観世音寺の歴史は古い、唐・新羅連合軍に攻められた百済救援の為661年当地に於いて崩御した斎明天皇の菩提を弔う目的で創建された寺で興福寺の玄ムによって746年落慶法要が行はれた。創建当寺は広大な敷地に七堂伽藍を備えた、発掘調査によると当寺の伽藍配置は法隆寺と同型の配置をしており、時代的には同時代に存在したと推定されています。。
観世音寺は藤原時代の仏像彫刻を多く残しているが菅原道真が「観音寺只聴鐘声」と絶誉した国宝の梵鐘は創建当初の作とされ、日本最古にして最高の音色とされています。
 
〒818−0117 福岡県太宰府市宰府3-4-31

    糸目 友禅染ギャラリ−蛇の目うさぎ

    営業時間           午前10時〜午後7時
    定休日             毎週木曜日     

                 TEL092-923-7893
                   メールでの問い合わせ
糸目友禅 斉藤風子の経歴 染色の工程  歴史の街太宰府