実用性重視

デートムービー最終兵器

The Lethal Weapon of the Date Movies


 

 一人の女の半生から探る

 告白的デートムービー論と「HANA-BI」

 "Hana-bi" - a Ultimate Date Movie in My Life

 菜穂美

 by Naomi

 

 彼と、映画に出てくる男性像と較べるか、一体化させるか−恋愛と映画の関係を、一人の女の半生から振り返る、−

 

<格好良すぎるヒーローの映画をデートで見てはいけない>

あたしは結構親が厳しい家に育ったので、高校生の時など「一人で映画なんて見に行ってはいけません!」と言われてきて、友だちと『ガンダム』とか、親と『寅さん』や『007』(これはうちの父の趣味)『スター・ウォーズ』位しか映画って観たことがなかった。

 大学生になって初めて男の子とつきあい始めたとき、初めて一緒に見に行ったのは『アンタッチャブル』だった。スクリーンで観た(当時まだ若々しく爽やかな)ケヴィン・コスナー、ショーン・コネリー、アンディ・ガルシアそしてロバート・デ・ニーロの格好良かったこと!これが「大人の映画というものよ!」と思った。こういう粋な男たちが登場する映画を観ると、自分も少し大人になった気がしてとても嬉しくなった。

 その彼が好きだったのはロバート・デニーロ。一番好きな映画が『タクシー・ドライバー』だと聞いて、ビデオを彼から借りて観て、またその強烈な個性とダークさにノックアウトされた。しかし困ったことに、映画の中のしびれるような情念の持ち主たちを見ると、現実の男の子というのはいささか子供っぽく、頼りなく見えてしまうのである。「オレもデニーロの真似をしてモヒカンにしようかと思った」なんて言っていても「バカじゃん」「ガキじゃん」としか思えない。デニーロやショーン・コネリーみたいな渋い人が早々そのへんに転がっているはずもないし、彼の青臭すぎるところが許容できなくて、背伸びばかりしていたあたしも子供だった訳なんだけど、彼が色あせて見えてしまい、やがて別れることになったのであった。

 ここで一つ教訓「あまりにも格好良すぎるヒーローが出る映画を、ボーイフレンドと見に行ってはいけない!しまいには彼女はあなたとヒーローを較べていることでしょう」

 

 さて、年月がたち、あたしもかなり映画をたくさん見るようになっていた。ヴェンダースやゴダールなど難しいアート系の映画を見せては粋がっているギョーカイ男とか、いろんな男の子と付き合って、一緒に映画を見に行ったものだ。デートで観る映画のチョイスって、その人をよ〜くあらわしているものだったんだな、と今更のようにしみじみ思う。だから、やっぱりデートで観る映画の選択は慎重にした方がよいと思うよん。

 

<ジム・キャリーより北野武>

 4年前の彼ともデートでよく映画を観ていた。一緒に映画を観るようになったのが、付き合うきっかけだったのだ。彼はアメリカの大学を出ていて、ジム・キャリーが大好き。ファンレターも書いたことがあって、『マスク』を13回も観ていて、ジム・キャリーの顔真似まで見せてくれるような人で、それはそれでとても楽しかった。あたしは今でもジム・キャリーは大好きだ。彼はアメリカに住んでいたことから、いかにもアメリカ的な映画が好きで、『デッドマン・ウォーキング』とか『ラリー・フリント』とかちょっと社会派的な映画も観たものだけど、そういう映画を観るわりには「死刑制度ってどう思う?」とかそういう深い会話にはならなかった。やがてあたしの悪い癖で、1年くらい付き合うと相手にすっかり飽きてしまい、「そろそろ別れた方がいいかな。まあ男なんていくらでもいるし(←やな女)」なんて思うようになってしまうのである。結局、相手のことがそれほど好きじゃなかったということなんだろうけど。

 

<結婚を決意させた映画『HANA-BI』>

 そして、その頃知り合ったのが今のオットだ。彼と見に行ったのは『HANA-BI』。この企画の趣旨とちょっとずれるかもしれないのだけど、二人きりで行ったわけではなく、友人4人で行ったのであった。彼とはメールを交換はしていて、好意は持たれているな、と思ってはいたけど、「まあ、あたしも一応彼はいるしぃ、こっちの彼はあんまり顔とか好みのタイプじゃないのよね」みたいで別に意識をしていたわけではなかったのだ。

 実はその頃のあたしって日本映画をほとんど観ていなかったのである。恥ずかしながら、北野武作品も一本も観ていなかった。そこへ、『HANA-BI』である。ディープな北野ファンからはあんまり評価されていないのだが(彼も一番好きなのは『ソナチネ』だということだ)ちょっとあたしにとっては号泣ものだった。夫婦の愛の物語である。たけしが不治の病の妻と死出の旅に出かけ、言葉はないけれどもかけがえのない時間を共に過ごす。そして一言も言葉を発しない妻が最後に「ごめんね」「ありがとう」と言う。これだよ、これがあたしの理想とする夫婦像だわ、と思ったのだった。そして、この映画を観ようと言った彼が急に頼りがいがあっていい男に見えてしまったのである!きっと彼は、あたしが不治の病になって死にそうになっているときに、あたしの願いを叶えてくれる人だわ。この映画に出てくるたけしみたいに寡黙で渋いし、日本映画もとっても詳しいしまあ素敵!と思ったのであった。なんという短絡的な思考!単に直感というか山勘で「この人は絶対死ぬまであたしを守ってくれる人であるに違いない」と決めつけてしまった。2ヶ月後、あたしはジム・キャリーマニアの彼に「ごめんね、結婚することになったの」と告げて今のオットと結婚することにしたのであった。ジム・キャリーより、北野武なのであった。

 

<夫婦のデートでは、リラックスしてバカ映画>

 さて、結婚して「日本映画にすごく詳しい、渋いじゃん」と思っていたオットは、単に暇な学生時代に大井武蔵野館に通っていたカルト映画マニアであり、『アルマゲドン』を見て「すげー面白かった、感動しちゃったよ」なんて平気で言うような人であったということが判明した(笑)。しかし夫婦で『恐怖奇形人間』やら『幻の湖』『DEAD OR ALIVE 犯罪者』などを見ては笑い転げていて、そうかと思ったら『バーティカル・リミット』を見てはツッコミ大会をしたりして、ちょっとヘンだけど楽しい夫婦生活を送っているのであった。今、彼とデートするときに見る映画は頭の悪そうなハリウッド・メジャー作品か、日本映画のカルト作品ばかりである。でも、それでいいのだ。映画なんて面白ければいい。夫婦だから、相手の顔色をうかがわなくてもすむというのもとってもラクちんで、今あたしは独身の時よりもずっと映画を観ている。

  

 

菜穂美

菜穂美さんは、わが国ではビデオ発売のみで発表されていた「ゴッド・アンド・モンスター」劇場公開実現のために奔走された方々の一人です。

菜穂美の映画の小部屋 Naomi's Favorite Movies & Things

http://member.nifty.ne.jp/p-chan/ 

 

 

 

Date Movies - Index 

"Chasing Amy" by Anno

"The Bodyguard from Beijin" by Misa

"The Natural Born Killers" by Tetsuya Maruyama

"Meitantei Conan" by Miyee

"Big" by Keisuke

"Boogie Nights" by Satoshi Ohkura

"Keeping the Faith" by natsumegu

"Follow Me" by Shutetsu

"French Kiss" by Mie

"Always" by Yama

"Groundhog Day" by Eiga-ya Hiroki

"The Fabulous Baker Boys" by Kanoko

"An Autumn's Tale" by Shinichi Fuma

 

 

 

 Cinema Toy Box

 

 Warehouse Index

  

 HOME