列島縦断総力特集

完全保存版

(1999/10/03)

イラストレーション:野辺 香

Illustration by Kaori Nobe

 


 

 現在、わが国での外国映画公開において、ミニシアターまたはミニシアター系映画の占める部分が極めて大きいということは、みなさんもよくご承知のことと思います。

 ところでみなさん、ミニシアターと聞くとどんなイメージをお持ちになりますか? 非商業主義的映画(プロとしてつくっている以上、商業的でない訳はないのですが)の上映、単館ロードショーを行う小さい映画館、何となくマイナーな存在…。

 今年度上半期(1月1日〜6月30日)外画概況を見ると、この期間に発表された長編外国映画の本数は、東京地区を基準にすると137本。このうちアメリカ以外の国の映画は63本に及びますが、この大半がいわゆる「ミニシアター系映画」となります。実際にはアメリカ映画でもインデペンデント系の多くがミニシアター上映になるので、割合で行けばわが国公開の外国映画の半数以上がミニシアター系映画であるということが言えるわけです。

 また、昨年度のキネマ旬報ベストテンを見ると、そのうち4本がいわゆるミニシアター系映画となっています。こうなると、もはやマイナーな存在ではなく、むしろメイン・ストリームになっていると言えるのではないでしょうか?

 しかし、これが東京ではなく他の地方都市ではどうなのか? その現状は?

…こうした現在のわが国のミニシアターの実態を探るべく、「DAY FOR NIGHT」では秋の特集として、このミニシアターに迫ります。そして今回は、全国のさまざまな地域の映画ファンにもご協力いただきました。

 ある種の矛盾に満ちた存在・ミニシアターの現状を知ることによって、わが国の映画公開・上映等の問題点について考えていきたいと思います。

 

*なお、ここでの「ミニシアター」の定義については、かなり広い解釈で考えています。ミニシアター・ブームの草分け的存在と、その流れの中で生まれてきた劇場すべてをここでは指すと考えてください。

  

資料1

キネマ旬報1998年度外国映画ベストテン

Kinema-Jumpo Magazine - Best Foreign Films 1998

 第1位 L.A.コンフィデンシャル L. A. Confidential

 第2位 プライベート・ライアン Saving Private Ryan

 第3位 トゥルーマン・ショー The Truman Show

 第4位 タイタニック Titanic

●第5位 フル・モンティ The Full Monty

●第6位 桜桃の味 Taste of Cherry

 第7位 グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち Good Will Hunting

●第8位 河 河流

 第9位 モンタナの風に抱かれて The Horse Whisperer

●第10位 ブギーナイツ Boogie Nights

 

資料2

平成11年度上半期(1月1日〜6月30日)外画概況

The Foreign Films Released in Japan in the First Six-Month of 1999(Jan.1st - Jun.30th)

この期間に発表された長編外国映画の本数は、東京地区を基準にすると137本(カラー130本、モノクロ7本)。このうちリバイバル作品は13本だった。

国別の内訳は、アメリカ74、イギリス17、フランス14、香港6、ドイツ4、イタリア2、インド2、オーストラリア2、スペイン2、ブラジル2、アイスランド1、アルゼンチン1、イラン1、カナダ1、韓国1、ギリシャ1、クロアチア1、中国1、デンマーク1、ニュージーランド1、ベルギー1、モロッコ1。

なお、昨年同期の本数は153本だった。(外配協 発表)

In this period, 137 foreign films were released in Japan (basically in Tokyo area), including 13 revival films.

The origins of those foreign films are as follows :

U.S.A.:74 / U.K.:17 / France:14 / Hong Kong:6 / Germany:4 / Italy:2 / India:2 / Australia:2 / Spain:2 / Brazil:2 / Iceland:1 / Argentina:1 / Iran:1 / Canada:1 / Korea:1 / Greece:1 / Croatia:1 / China:1 / Denmark:1 / New Zealand:1 / Belgium:1 / Morocco:1

In the same period of last year, 153 foreign films were released.

 

 

 

CREDITS

 

 

(C)1999 Motoko Ando, ATSU, Ichijiku, Natumegu,

Akemi, Takafumi, MAO, Nego, Monsieur, Kaori Nobe

and FUMA'S WORKSHOP

 

 

 to : Topics

 

 to : Warehouse Index

 

 to : HOME