全世界感染者推計約4000万人の今あえて問う

エイズと映画

Movies and AIDS

エイズ関連映画リスト<増補版>

(2001/12/10)


 先月末発表された国連の推計によれば、全世界のエイズ感染者の総計は今年2001年末で約4000万人に達するとのこと。増加傾向はアフリカ、東欧などの地域で顕著なようです。一時期盛んに騒がれていたエイズ問題も最近はほとんど耳に入って来ませんが、病渦は決して消え去ったわけではありません。むしろ先進国においては話題にならなくなっただけに、深く潜行するかたちで蔓延している可能性があります。

 エイズの問題は、単に現在完全治癒の方法が発見できていない病気というだけの問題ではありません。そこには政治や貧困、麻薬や性風俗ビジネスを含めた犯罪、異性愛と同性愛、男女間の地位の格差、性意識、生活習慣、国民性、無知と偏見、ホンネとタテマエ…つまり、今の我々の社会に巣くう問題のすべてが絡んでくるのです。

 実は僕はかつて仕事でこの問題と多少関わったことがあり、それからわずかなりとは言えエイズについて個人的に調べた時期がありました。そんな僕もここ最近はエイズについて考えることがすっかりなくなってしまいましたが、先日のこの国連推計を見てそんなかつての資料をふと見てみる気になりました。

 ここにご紹介するリストは、エイズについて多少なりとも扱った映画を自分の思い出す限り見つけられる限り網羅してみたものです。ただし、リストは元々1997年頃に作成を中断させたもの。今回ここに再録するために1999年公開の「ワン・ナイト・スタンド」のみ追加し、多少の誤りを手直しした以外は、ほとんど以前のままで収録しました。これ以外にもエイズを扱った作品はあったでしょうし、特に1997年以降にはリストづくりを意識していなかったため欠落があるのでしょうが、残念ながら僕の記憶ではそれを埋めることが出来ませんでした。

 ただ実際のところ、世間の関心が薄れていったのに歩調を合わせて、エイズの話題は近年急速に映画等から姿を決しているように思われます。だとすれば、不完全ながらも今ここにこうしたリストを紹介することも、まるで価値のないことではないでしょう。

 今から6年以上前に作成した部分も混在しているリストゆえ、生硬で力みかえった表現も見受けられ、僕個人としては少々公表をためらう部分もありました。広くみなさまに見ていただくにはいささか見苦しいものではありますが、しかし今だからこそ紹介する意味もあると考え、あえてここにアップさせていただくことにしました。ご了承ください。

(2001年12月10日のアップ以降、様々な方から寄せられた情報を基に、追加訂正を行った<増補版>です。)


 

 

エイズ関連映画リスト

 

 

 

(C)2001 FUMA'S WORKSHOP

 

  

 

 to : Topics

 

 to : Warehouse Index

 

 to : HOME