1. 2. 3   
  ユイプリンセス    11/17/2006



  浅草水上バスツァー    11/05/2006

11月4日(土)かえる王国住人たちプラス数人による浅草水上バスツァーが開催されました。お忙しい中アグネスルミさんが企画をたててくださいました。
参加は、アグネスルミさん、seiさん、minaさん、D居M子さん、未来の声優M子ちゃん、そして私ミツコブライアンです。ランチはアリゾナキッチ ン。昭和24年創業の洋食屋さん。作家 永井荷風が愛したお店として有名。
http://www.walkerplus.com/tokyo/gourmet/contents/tom286.html

永井荷風はこのお店のビーフシチューが好みだったようです。私たちはいろいろな料理を注文して皆で食べ、おかげでいろんな料理を味見できました。ここで 皆、それぞれにお料理の写真を撮ります。ヒシミワクルさんにもせめておいしそーな写真だけでも見て頂こうというやさしい住人たちなのです。
おいしい食事 が終って次はいよいよ水上バス「ヒミコ」でお台場へ!.....と並んでる〜〜!なんと満席。というわけですばやく変更(隅田川ライン)。別のお船で、 行き先変更浜離宮へ。35分ほどの乗船時間に橋を13もくぐりぬけます。橋はそれぞれ色が違い楽しいです。
途中セイコジャスティスさんは川沿いのマン ションの上からお嬢さんと手を振りあわれたというすばらしいタイミング。東京の高層ビルも川のほうから眺めるとちがった町のようです。浜離宮ではコスモ スが美しくさいていました。ブラブラ歩いて新橋方面へ、途中雨が降り出し、浅草へ戻って酉の市を見るのはあきらめ日テレ屋に入ってみました。
http://www.date-navi.com/shiodome/nittele.html
番組グッズもこんなにあるんだ!さすが。

結局最後は新橋駅近くでお茶となり、のんびりゆっくりくつろいでそろそろお開きといいうところでM子ちゃんにメールが入ったとたん携帯の電池切 れ......あわてて皆で充電してくれるお店を探しカラオケ屋さんで充電させてもらうことに。今回も盛りだくさんの楽しいツァーとなりました。

アグネ スルミさん幹事さんお疲れさまでした。また楽しい企画よろしくね〜! 


  棚ぽたぽたの日本シリーズ観戦記    10/26/2005

 


久しぶりに夜遅くこの近所から茨城県へ引っ越ししてしまったM西さんから電話。
棚ぽたで、旦那さんの関係から急に日本シリーズ第一戦のチケットが送って 来たけど、肝心の旦那さんは大阪出張、しかも連絡取れず。

それって行方不明状態?!携帯にもメール入れているけどこの時間に反応がないということはどこ かで泥酔かも、しかも週明けにはそのまま大阪から四国出張の予定。それでヒマそーな私を思い出してくれたのでした!そういえば昔M西さんがこの近所に住 んでいたときも1度旦那さんがありがたい出張でいらっしゃらないときにやはり棚ぽたチケットで誘って頂き東京ドームでイチロー君を見ることができたので した。

今回は結局深夜に連絡取れたときは、お酒のおかげでかんじんの話の内容がよくわからなかったようです。バッカス様に感謝!私たちの間では「でも朝 ドア開けたら立ってたらどうするの?」「大阪ー東京深夜バスだってあるよ」という会話もあったのですが、無事帰っていらっしゃらず、お忙しい旦那さんに 感謝して私が身代わり!M西さんが棚ぽただと私は棚ぽたぽたでボビーさんをなまで見られるという幸運!

当日は朝から小雨が降ったりやんだりで心配な天候でした。
かさにひざかけ、ホカロン完備で出発。。無事再会して京浜幕張駅へ。
駅はとても混んでいまし た。取りあえず駅ビルで軽く食事。お店からでたらさっきより混んできていて、ときどき野球観戦で来ているM西さんは「こんなに混んでいたことはいままで 始めて」といい、あわてて¥100バスでスタジアム前までいきました。ユニフォーム姿のファンがあちこち、かぶりものの人もいます。

スタジアム前はすで に長蛇の列がいくつか出来ていて、やっと並んだものの列はなかなか前に進まず、蛇行しているため、違う列に紛れ込んだのではと心配になり「これでいいの よね」と話していたら、並んでいたユニフォーム着た2、3人のおじさんたちが「席どこ?」と聞いてくれて、チケットみせたら「だいじょぶ、だいじょぶ」 と言って皆友達状態で、どうしてチケットゲットしたとか話が始まりました。どうやら、ロッテが優勝してここで日本シリーズなんて関係者も予想していな かった(こんなこと言ったらファンに怒られる?)ので慣れていなかったのか?バイトさんが少ないのか?入り口のセキュリティチェックに時間がかかり、 やっと中に入って、ロッテベンチの後ろに落ち着きほっと一息。

あーよかった、外野応援指定席なんぞで一緒にジャンプだったら翌日腰痛起こしてきっと起き 上がれない。このスペースは阪神ユニフォームもちらほら見えます。いよいよ選手の皆さんが出て来て整列、もちろんバレンタイン監督も!って私は関西出身 でなんでロッテ?!という声もありましたが、それは今回は置いといて。

始球式はマシュー南、やたら首を振ってからやっと投げた。
http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20051023/spon____hou_____006.shtml
選手たちがこちらへ向かってボールを投げてくれるので皆たちあがり、手を振っていたが、私が手を振っても見えないし、こちらへボールがくるわけが......来た!まっすぐ私の目の前です。やっぱりウィンクしたのが効果あったのかもしれません。死んでも取 らねばと一応かまえる私。そのときドン!と押されさっと横からだされたグラブに球は吸い込まれ、私は「ムッギャー、ギャボ!!」(知っている人だけでご めんなさい)と叫んだかも知れない。

「なんでここに選手がいるのよぅ」違う!ファン恐るべし!!でした。これからは虫取りアミとグラブは必須項目かもし れません。試合始まる前に叫ぶはめになり、もうすでに声が枯れてしまいました。

私たちの前の席の8人はロッテで固く結ばれているファミリーのお友達らし く、皆ロッテユニフォームでプラス子供3人が膝の上にいました。一回裏、ロッテが先制点、当然総立ち状態、見上げたらバンザイの手の先にネグリジェの子供が舞っている!いや違う、ユニフォームが大きいだけ。ここで3人の子供たちにもちゃんとそういう役割があったということに気づいた。そして今度は私の 前のおじさんは子供を肩車。子供は今父親の関心が自分にないことをわきまえていて、落っこちてもフォローがないと知っているらしくしっかと父の髪の毛を 握りながらの応援。

投手の清水さんの調子が良く、阪神はそのまま点が入らず、私は奇麗なストライクを見て「今のきれいだったねぇ143キロだって!新 幹線は時速何キロだったっけ?」と私。M西さんキレる.........5回裏、どうやら勝利の女神はロッテに微笑んでいるような感じ。しばらくして M西さんの旦那さんからメール着信。「プログラム買って来て!」で、ちょっと席をはずし戻ってきたらどよめきが!入り口で「誰が打ったのかしら?」と話 しながら入ろうとしたらまたもや立っている2、3人の人たちが振り返りガッツポーズで「李!」と即教えてくれました。

5回あたりからだったでしょうか。上を見上げたらなんだか雲のようなもわもわした白っぽいものがちょうどドライアイスを水に入れたときに発生するあの白 い雲のようなものがライトに照らされ、上空でふわふわしていて静かにゆっくり、ひたひたと降りてきていました。

「オー、空から大魔神が降りて来る?」と いう声が聞こえたので、私も一緒に「オー、空からダイオーが落ちて来る〜〜〜!」と叫んでました。けれどもその雲のような白いもやはどんどんグラウンド に溜まってきました。そのうち向かい側に見えていた、阪神応援席がかすんで見えなくなってきました。思わず私のかすみ目もひどくなったのかと不安でした。あげく、打った球が見えなくなりました。M西さんは「霧なんて始めて!」と言ってました。7回裏ロッテが5点入れたところで試合中断になってしまい ました。

そこへまた旦那さんからのメール「関西人の涙の結晶が濃霧になってそちらへ行ったのです......」「彼って文学青年だったのね?」と私。霧 の中そのまま座っていたのですが、急にどよめきが!気がついたら、ウェイブが始まっていました。これで霧が晴れるかもしれない!波に遅れないようあわて て私も立ち上がりました。ロッテ応援団当りから始まって一周しますが、一階席と二階席の円周が違うためか途中から少し二階席が遅れます。試合は中断のま ま延々とウェイブが続きます。30分たったかと思うところで審判たちがグラウンドにでて来てまた戻ってしまったので、まだウェイブしなくちゃならないの かと思ったところ「濃霧のため試合は中止になりました」の放送が。霧の中で選手さんたちが出て来て、ボビー監督も霧の中で「また明日!」霧の中のグラウンドも美しかったです。

ヒシミワクルさんに携帯で「試合中止」のメール送ったら、「あなたは雨女でなく霧女」とお返事が返ってきまし た........ダービーに霧を呼ばないように気をつけねばなりません。

なお、M西さんご夫婦はパソコンで予約取って6戦目のチケットをゲットされているそうです。しかし..........6戦目が.......

 
 
 
 
 
 
 


  ダービー参戦記/行った!見た!ゲットした!    5/31/2005

 

ダービーに参加するようになって3回目です。
毎回、アグネスルミさんがチケットを買ってくださり、
当日は彼女とNさんのお二人が朝早くから場所を取ってくださっているので、
私は安心してランチに間に合うように行けるのです。(感謝、感謝)

特に今回はディープ君(ディープインパクト)という天才馬君が現れて、
武君が騎乗ということで話題もいっぱい、期待もいっぱいというところ。
しかも前夜には、当日会場に行った人には、
ディープ君の大型ポスター入りのJRA発行の出馬表(A4サイズの雑誌みたいなもの)
がもらえるという情報を聞いて、なにがなんでもゲットしなくてはと思った。
そそくさとそれが折れずにすっぽり入るペーパーバッグを用意した。

当日は晴天で気持ちよさそう。ランチ前に到着。
京王線側から入場してさて、ポスターはどこでもらえるの?
ときょろきょろしたが、見当たらない。
何か配っているお姉さんを見つけて飛んでいったが
渡されたものはひらひらの小さな競馬カレンダー。
おろおろとうろちょろしたけど結局わからず取りあえず皆さんのところへ行ってから聞いてみようと、
ヒシミワクルさんからメールで知らせてもらった場所へ。
もうかなりの混みようでどこかわ からないのでヒシミワクルさんへ電話したところ
「どこ?見えないよ。ちゃんと立ってる?」というお返事。
歩伏前進していたわけではないけど、人ごみのな かで私を見つけるのは無理でしょう。
そして無事合流。
すでにディープ君がプリントされたTシャツを着たセイコジャスティスさんもダービー初参加で
今年は 一段とにぎやか。

私が例のポスターが「ない、ない」と騒いでいたら、ダイオーさんがもらって来て下さいました。
JRの入り口のほうにあったそうです。ありがとうございま した!
ポスターゲットで半分は目標達成。
そしてミナシャカールさんから皆さんに配られた福がつくようにと
銀座花のれんの七福神という縁起の良いおかきを私も遅れて頂きました。
(ごちそうさまで した)

ランチの後、ヒシミワクルさん、ミナシャカールさん、セイコジャスティスさんたちは
パドックへ行かれました。
私はまず、ダービーの馬券を買うためにマー クシートを取り出したのですが、
来る途中で適当に持って来たものはBOX用、ながし用で私の必要なものではなかった。
すかさず、アグネスルミさんが、 「これですよ」と差し出して下さった。
3回目になるのに、一年たったらまたもや買い方を忘れてしまっている私に、
アグネスルミさんがまたもや親切に教え てくださいます。
G1でさえあまり馬の名前を覚えていないので、7レース〜9レースは知らない名前ばかり。
とりあえず武君を買うことにすると、単勝武ク ラブ会長のアグネスルミさんはにっこり。
七福神のおかげか、7レースはゲット!気分よくなって、8レースも。
が今回はそううまく武君は勝ってくれなかっ た。
9レースは武君は出ないので、悩んでいたら隣でダイオーさんが真剣な顔をして新聞を見ている。
めったに見られない顔で、新聞に穴があくのではないか と思えるほどだった。
話かけては悪いかと思って静かにカンニングをしました。
何しろ気になるお馬さんに丸をつけていらっしゃったので。
しかし丸の数がど んどん増えて、わけがわからなくなった。
結局名前で買ったけど結果はハズレ。

いつの間にか、気がついたらけんじいさんもいらっしゃってダイオーさんとお話されていました。
(一年に一回だけダービーでお顔拝見、あいかわらずお元気 そう)
立ったり座ったりしているうちに、どんどん人が増えて、
「ヒシミワクルさん達無事ここへ帰って来られるのかしら?」
とアグネスルミさんが心配そう にされていたところ、急にダイオーさんがそわそわしだして、
「ちょっと気にな馬があるので、馬券買ってきます!」とさーっと消えてしまいました。
そこへ ヒシミワクルさんたちが無事戻っていらっしゃいました。
ダイオーさんも馬券を買って無事戻られ皆で、ダービー観戦。

スクリーンではディープ君が写されていて、後ろ足でけり上げたりクビをふったりして、
遊んでいるのか準備運動をしているようだった。

私たちの場所はゴール前のとても良い位置でした。
前はイスで皆座っていたし、さえぎるものなく見られると思っていたら、
ダービーは皆興奮して立ち上がっ てしまいます。
私の前のおじさんは立ち上がると巨大で全然見えない。
私は、始まる前にしっかりとてすりを握り前のイスをつないでいるパイプに右足をかけ ていた。
コーナーを回り最後の直線コースに入る直前、
私は手すりに上半身をのせ腕で体重をささえ見事にディープ君が
2着のインティライミに五馬身差で ゴールを走り抜けるところを見られたのでした。
まるで羽があって飛んでいるような軽いはしりかたで、すばらしいレースでした 。
私のほうはその後は腕の力 が抜けてぐったり、表彰式はもう手すりに乗りかかる気力もなく
スクリーンを見ておしまい。

競馬観戦も体力勝負のようです。しっかりスポーツジムへ通おうと心に決めた日でした。

王国の皆さん いろいろお世話になり楽しい一日を過ごせました。ありがとうございました。

 

  リズムウォークは個人レッスン           4/24/2005

 

たまたま先生がいつもの「マットピラティス」でお世話になっている先生のレッスンでした。
ドアのところに立っておられ、「一緒に頑張りましょう」と声を かけていただいた。
それで「リズムウォーク」ということは「音楽付きで歩く」ことだろう。TVで見たことがある、デューク更家さんのウォーキングに音楽 付きのようなものだろうとかってに思いこみ、一度くらいやってみようと簡単に思った。

先生はご存知なかった。私のリズム感を、記憶力を.......たしかに「足踏みして歩く」から始まったので安心していたら急に「右足を大きく真横にだして左足を後ろで交差して右足をもう一度大きく横にだし左足を寄せ て床をつま先で一回.......」に始まり斜め、横、後ろへとステップが変わる。これはウォークではない。そんな歩きかたは交通のじゃまになるし危険 だ。

しかもだんだんテンポが早くなっていく。
しまったと思ったが、とりあえず、前後左右の人とぶつからないようちょろちょろ動きまわった。
なぜか昔テレ ビでみた迷路のネズミを思いだした 。
終わってからはこの季節に動いて汗をこんなにかくのは何年ぶりかで気持ちよかった。
帰りに先生からは「絶対続けよう ね」と声をかけてもらった.......それに「マットピラティスだけではやせませーん!こういうふうに身体を動かす運動と組み合わせて始めてやせられ ます」という一言が印象に残っていました。

そういえば有酸素運動は脳にも良いと、このジムへ入るときにもらったチラシに書いてあったことも思い出し、2度目の挑戦。ところが今回どうしてもできないステップがありました。始めて参加の人たちもいるからそれほど目立たないと思っていたらちゃんとチェックさ れていたようです。その後、同じ先生によるいつもの「マットピラティス」を終えて帰ろうとしたところ、ドアのところで皆を見送っていた先生が私をみて 「さっきのステップもう少しやってみましょう」ともう一度スタジオ内に入って、個人レッスンが始まりました。個人レッスンなんて初めてです。というか今 まで見たこともありません。なんとなく形になったとき「ほら出来た!」と自分のことのように喜んでくださり、私もなんとか忘れずに帰ってから練習しよう と決心したのに帰ったら、見事に忘れてしまって.......良い先生にめぐりあったら成績が良くなるという話もありますが、私の場合それはあまり期待 できそうもなく先生に申し訳ない.........

運動したからといってもいまのところ脳が良くなったとも思えない。1週間に1回か2回くらいでは(ときどき2週間に1回)効き目がないのかもしれない。

先月見たエターナルサンシャインという映画では、忘れたい記憶だけを消してしまうという内容の恋愛映画でしたが、わたしとしては忘れたくない記憶を、忘 れないようにできる(たとえば英単語、パスワード等)ことはないかしら?と少ない記憶と脳のひだ?の奥のほうに埋もれてしまいひっぱりだせない記憶たち のことを考えていました。たしかに忘れていくものもあってもいいのかもしれないのですが、少しばかりそのスピードが早いような......

それで今ダイオーさまが書かれている、「記憶と忘却のはざまで」を興味深く読ませて頂いています。わたしの「リズムウォーク」の場合は先生のとおりに、 つまり見たとおりに自分の身体を動かすということですが、実際いざやってみようと思ったら、はて?なんだっけ?ということになってしまう。これは運動神 経、反射神経の問題もあるので、その本の内容とは少し違うのかな?と思いつつ、何かヒントになることはないだろうかと期待しています。

友人とやはり映画の話から、「あの映画もよかった、女の子とおじさんが出て来てくる、ほらあれ」「そう!あの人いいね。あの音楽もよかった」「うんあの 人だれだっけ?」そう言っているうちに話題が変わってしまった。果たしてあのとき本当に同じ映画の話をしていたのだろうか?

つい先日もヒシミワクルさんとメールのやり取りのなかで、女優さんの名前がでてきませんでした。人名はやはり特に忘れやすいようです。「離婚して、元だ んなさんがプロレスラーになったりホストになったりしている人」と書き送ったところ、ヒシミワクルさんからちゃんとしたお答えを頂きましたが、「女優さんも顔もご主人のちょっと目の間隔 の空いた宇宙人っぽい顔もはっきりおもいだせたのですが朝起きても、どうしても名前が思い出せないので、検索しました。」ということでした。

参考までにエターナルサンシャインあらすじはこちらです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319767#COMMENT

 

  スポーツジムへ行ってます           3/20/2005


マットピラティス

昨年秋からスポーツジムへ通う(通うというほど行ってませんが)ことにしました。
理由は運動不足とダイエットの失敗です。
そういうわけでいつまで続くのか不安でしたが今のところ怠けながらも
不思議と続いています。
といってもまだわずか6ヶ月です。
近所にあるそのジムへは14、5年ほど前にも2年ほど通っていました。
行ってみたらバブル崩壊のあおりかジムの名前が変わっていました。
設備はほとんど 同じでしたが、最上階にあったタンニングルームが
エステ&マッサージルームに 変貌していました。
エステは美白のキャンペーン中、昔は小麦色、今は美白。
さて次は何色?どちらにしても私は今のところ関係なさそう。

最初にもらった小冊子には、「運動不足で脳が危ない」と大見出し。
どうやら運動すると前頭前野が刺激され、ここは想像力や判断力などを司る部分で
この部 分はボケも関連あるらしい。
老化の目安がわかるようにチェック項目までありました。()内は私の状態。
・ここ一番というとき、プレッシャーに弱い(昔からかもしれない)
・集中力がない(とてもとても気が散りやすい)
・直感がだいたい外れる(競馬が全然当たらない)
・やる気がでない(しばしば)
・新しいことがなかなか覚えられない(まさにそのとおり)
・何か目標をたてても、毎回挫折してしまう(このスポーツジムも続くかどうか?)等
当然のことながらチェックが多いと老化が進んでいる。10項目のほとんどにチェックが。

運動して体調が良くなり、少しはスリムになりあげく物忘れもストップしたら
一石二鳥どころか三鳥になるとあわてて会員になったようなものです。
2つのス タジオとマシーンルーム、プール、マッサージプール、サウナと設備は充分。
スケジュールもてんこもり。ヨーガからウォーク、気功、社交ダンス、その他も ろもろ。
いろいろ説明をよんで身体のゆがみを治すという「マットティラミス」を中心に
やってみようと決めました。
始めて参加の日ガラスのドアに大きく「マットピラティス」と書かれてあった。
そこで始めて「マットティラミス」ではなく「マットピラティス」であったこ とに気がついた。
どうやら物忘れはひどくなっているようだけど、なぜか食べ物の名前は覚えていて
勝手に置き換えてしまうみたい。
しばらくの間、「ジムで 何をやっているの?」と聞かれても
「マットを使う運動です」と言うことにしていた。
間違えて「マットティラミス」と言いそうだったから。
先生は若くて当 然のことながら元気いっぱい。
「身体の中心を意識して、呼吸をあわせて」とのアドバイスにしたがって約30分。
内容はそれほど難しい動きをするのではあ りませんがやはり身体がゆがんでいるのか、
長い間の運動不足のためかなかなかうまくいかず呼吸をあわせるのが難しく、
マットの上でばたばた状態が続いて います........
.あまりひどくずれているときは先生が形をチェックしてくださいます。
参考までに、マットピラティスの基本はこちらです。
http://www.tipness.co.jp/epress/fp_02/no03/index.html

スタジオは前面と左側面は鏡です。
今のところ鏡のほうはあまり見たくない状態です.........