2005年2月1日(火)
12.OS NO/YES

思い出深いこの曲だよ。
ヒートアップするのとは違う盛り上がりを見せるこの曲、お馴染みのフレーズで始まりました。
個人的にはこの手の曲にはコールは合わないんじゃないかと思ってます。でも、桃井さんが煽るんだもんなぁ。
これが跳ばないでいられようか?イヤ、いられない。
とりあえず綱引きはできたから無問題。
ライブも折り返し地点を過ぎており、また、かつて桃井さんはこの曲で号泣し、「コミケで泣いた女」の称号を授かった実績もありますから、ちょっとだけ期待心配していたのですが、そんなおおきなお世話をよそにしっかりと歌い上げていました。

13.Angelic Magic

この曲も桃井さんが号泣した実績のある曲です。って、そんな曲ばっかりかよ。
そしてこの曲はワタクシ大好きです。イントロが流れた瞬間、一人で盛り上がっていました。
思わず、キター!とか言いそうになりましたし。かろうじて思い留まりましたけど。
この曲はアンセブの曲の中でも特に、曲・歌詞・コールが三位一体となっている、いい曲だと思います。アンセブっぽくないっちゃーないですが。
この曲なら泣いてもしょうがないと思いつつ、ちょっとだけ期待心配していたのですが、ここも桃井さんはしっかりと歌い上げていました。
かわりにワタクシが泣きそうだったのはヒミツにしておいてくれ。(え

14.恋のミルキーウェイ

2003年ライブのオープニング曲にして、超ロングコールのある曲です。
当然この曲はばっちりです。伊達にライブDVDをウン十回見ていたわけではありません。
この頃には、左足はかなりヤバい状態だったのですが、この曲も跳べる曲です。跳べる曲ということは跳ばなくてはなりません。(義務)
ロングコールはちゃんと言い切れました。「はるこ」が「あうこ」になってしまったものの、分かりゃしません。(ぉ
本当に「この声嗄れても本望」だと思いながら、思い切りコールしました。イタすぎ。
実は、DVD観ながら自室で跳んでいたのですが、めちゃめちゃ疲れました。当日はよく跳べたもんです。自分に乾杯。
2005年2月2日(水)
15.ぽぽたん

終盤に向けて跳べる曲が続きます。跳べる曲ということは跳ばなくてはなりません。(義務)しつこい?
もう、足の痛みに加えて腕も上がらなくなってきました。
でも何故か、跳ぶポイントが来ると跳べちゃうんですよね。何故か。
火事場のばか力ってやつですか?確かに、オレの心は燃え上がっていたしね!
実際は「イッちゃう!」のコールとともにホントにイッてもおかしくない状況だったわけですが。
体力の限界どころか、人間の限界を迎えようとしていました。

16.Nostalgia

コールも多く、途中で連続ジャンプもあったりします。
体はボロボロでしたが、幸いなことに声は全く問題なかったので、出来る限り大きな声で叫び続けました。
だって、「みんなの声を下さい!」なんて言われたら、もぅ!やらいでか!
ジャンプの部分はサイリウム振りのみでお茶を濁したりして。
今回DVDを見ていて気が付いたんですが、桃井さん結構泣く寸前まで行っていたのね。当日は全然分からなかった。でもちゃんと最後まで歌い上げていました。音は外しまくりだったけど。以前だったら、ここで崩れ落ちてもおかしくなかったのかも。レベルが上がったからか?
ワタクシの方は、最後はもちろん力の限り「はるこが欲しい!」って叫びました。きっと聞こえたね。(とうとう頭が・・・

17.くじびきアンバランス

「ウラアンセブ」情報によると、ツアー初日の渋谷でのライブで号泣した曲です。泣きすぎ。
ここまで来て知らない曲が来ました。ホントに最近の曲は全く知らないな。
周りが盛り上がっているのをうらやましく思いながらも、無理に合わせず、最後に向けて体力温存。

18.もっと、夢、見よう!!

ドリームパーティのテーマソングにして、UNDER17の最後の曲です。しかし、この曲には小池さんはタッチしていないということで、解散の象徴のような曲でもあります。
ワタクシはこの曲は全く聞いたことがなく、はっきり言って曲に乗り切れたわけではありません。
しかし、神々の手により事前配布されたコールブックのおかげで2度のコールは無事クリアできました。
そして事前に配られていたもう一つ、特殊サイリウム「ウルトラオレンジ」。
歌途中の台詞のあと、一斉に点燈するオレンジの光。会場が一つの色に染まります。
2003年のライブDVDのコメンタリー映像で、桃井さんは「サイリウムは命の灯火」という表現をされていました。この日の「かがやきサイリュ−ム」後のMCでも「ハートの灯火」と発言されていました。つーか、歌詞にあるし。
その桃井さんの目には、ファンの手によってオレンジ色に染め上げられた会場はどう写ったでしょうか?
ワタクシも、頂いたウルトラオレンジを使わせて頂いたのですが、あの瞬間思わず「おぉ!」って声に出して言っちゃいました。
観客席にいてそうだったんですから、その光を向けられた当人であるステージ上のおふたりはどうだったんでしょう。
最前列の神々はいい仕事するね。


この後はデフォルトのアンコール。「も一度アンセブ見た〜い!」

誰もが望んでいない最後のときを迎えるために。
誰もが望む曲を聞くために。
2005年2月3日(木)
19.2001年のゲームキッス(アンコール)

こんな曲知らん。(ぉ
会場にいたときは曲名もなにも分からずにいたのですが、この曲はユニット結成前の二人の曲なんですね。
とにかく知らない曲なので、聞くのに専念し、ステージを見続けたはずです。出来る限り記憶に多く残すために。
が、実は殆ど覚えていません。ライブ後に他所のセットリストを見ても、「ウラアンセブ」の映像を見ても、こんな曲やったっけ?なんて思うほど完全に記憶から抜け落ちていました。なんで?こんなにアンセブ臭がぷんぷんな曲なのに。

20.いちごGO!GO!(アンコール)

言わずと知れた「UNDER17」のデビュー曲であり、ライブには欠かせない曲です。図らずもこの曲の後のMCで桃井さんが言っていたように「すごい曲」です。この言葉が、最もよくこの曲を表現しているかも知れません。
本心ではこの曲をラストに持ってきて欲しかったんですけどね。まさに「初心に戻る」わけだし。
とは言っても、ラストだろうが、ラス前だろうがこの曲の盛り上がりがなんら変わるわけでもなく・・・
残念ながら、この時の状況を上手く言い表す言葉をワタクシは持ちません。
大ババさま風に言うなら「大気が悲しみに満ちておる。」かな?
・・・いや・・・喜びかも・・・

21.天罰・エンジェル☆ラビィ(アンコール)

いつもの最後の締めの曲です。つまり、ファイナルライブにおいては、アンセブの活動の終焉を意味することにもなります。
この日はみんなが聞きたい・跳びたいと思いつつも、最も聞きたくないと思っていた曲ではないでしょうか。
この曲を作ったときに、桃井さんは「アンセブを代表する曲になる」と語り、その通りライブには欠かせない曲となりました。
ワタクシはもう上がらない腕を無理矢理上げ、出来る限り高く、ステージ上の2人にも届くようにとサイリウムを振り続けました。実際はホントに腕が上がらない状態だったので、望むべくもないのですが。
「最後は笑顔で!じゃなくちゃいけません!」の言葉通り元気に歌い続ける桃井さん。ワタクシの方も何とか最後まで腕を振り続けて、終了!
・・・と思いきや「もう1回」コールでさらにhuuhuu×8回。今度こそ終了!
・・・と思いきやさらに「もう1回」コールでさらにさらにhuuhuu×8回。
かなりイヤな汗を出しながらも何とかやりきりました。肉体的には本当につらかった。しかし、当然ながら気持ち的には満足です。来たくても来れなかった人も多数いる中で、会場内のファンの一員としてライブにちゃんと参加出来たのではないかと思います。
その後2人はアンセブオールスターズと共に客席に一礼し、退場。ライブ終了。

・・・と思っていました。
しかしここでまた最前列からの煽りが入り、2度目のアンコール。「最後にアンセブ見た〜い!」
これまでのツアーと同じセットリストで、「いちご─天罰」のいつものコンボで終わって、これ以上なにをやるんだ?ありえないだろ。
なんて思いながらも、一応アンコールには参加。
ところが、ありえないことが起こりました。
暗かったステージに光が戻り、2人が戻ります。しかも、しっかり衣装替えもしています。
ワタクシ、これを見たときは思わず笑っちゃいました。デフォルトかよ!
ってことは最前列はダブルアンコール有りって知っていたのかなぁ?
出てきて欲しかったんだか、欲しくなかったんだか。
一方でそんなことを思いながら、もう一方では不思議でした。
このあと何を歌うんだろう?
歌ってない曲だと「こたえ」とかあるにはあるけど、オーラスにするには弱いしなぁ。
ワタクシがそんな疑問を抱えている最中に、ステージ上ではアニキによる2度の強制ワイセツ桃井ハグが行われ、最後に好感度を地に落としつつ、とうとう今度こそ本当に最後の曲に入ります。

曲は「Mail Me」
2005年2月4日(金)
22.Mail Me(ダブル・アンコール)

ライブ当日、この曲についてワタクシが知っていたのは、桃井さんのデビュー曲であるということだけでした。
そして、最初に思ったのは「何故この曲?」
確かに、桃井さんのデビュー曲であり、彼女が初心に戻るには相応しい曲かも知れません。しかし舞台は「UNDER17ライブ」なんです。
何故この曲?
正直言うと最後まで乗り切れませんでした。曲を知らなかったということもありますが、なんと言っても上記の疑問が拭えなかったからです。
ファン歴の浅いワタクシとしては、アンセブのデビュー曲である「いちごGO!GO!」で締めてもらいたかったです。誰もが納得する終わり方でしょう。
しかし、実際は「Mail Me」。サイリウムは振りながらも何処か醒めたまま終わってしまいました。

エンディング

最後の曲、「Mail Me」の途中からずっと気になっていることがありました。
アニキが泣いている・・・
「絶対泣くだろ」と思っていた桃井さんが、途中で何度も危なくなりつつ、涙をこらえながら歌い続けている側でアニキが泣いている・・・
この場面はワタクシ的にかなりキました。最初見たときは何が起こっているのか分からなかったほどに。曲を聞きながら呟いていました。「泣いてる・・・?アニキが?」
最後に、ステージ上に用意されたハンガーに「UNDER17」のロゴの入ったコートとギターストラップを掛け、もう一度サングラスの下の涙を拭って退場するアニキ。
「今日は泣かない」宣言をし、その通り最後まで歌いきった桃井さん。ここまできて、全身を震わせながら懸命に泣くまいとしながらも、最後はこらえきれなかったようです。眼鏡を外し、丁寧にテーブルの上に置き、BGMとして流されていた「こたえ」をみんなで合唱し、退場。これって桃井さんが煽ったものだったんですね。DVD観るまで知らなかった。
「眼鏡をかけるとアンセブモードになる」と言っていた桃井さんが、その眼鏡をステージに残して去りました。


ライブが終わり、外に出て多くの人が驚いていました。ライブ前には晴れていたのに、終わってみると地面が雨に濡れていました。
なにがどうだと言うつもりもなく、ただ印象的でした。

このあと、ワタクシはまっすぐ家に帰りました。右腕に握力はなく、左足は酷く痛く、耳鳴りはうるさいくらいで、サイリウムは力なくもまだ光っていました。
でも何故か、ついさっきまであのライブ会場にいたのが信じられないような、不思議な気持ちでした。

帰ってから何の気なしに「Mail Me」について調べてみました。インターネットで調べれば、すぐにいろんな情報が出てきます。
そして、調べているうちに自分が本当に何も知らなかったことを思い知りました。
しばらく画面を目の前にして、動くことができませんでした。全身に鳥肌が立つのが分かりました。知らなかったことが悔やまれます。そして、ステージ上の2人に申し訳なかったです。
この曲ほど最後を飾るのに相応しい曲はないでしょう。オーラスにするには見事な選曲だと思います。
ワタクシのように、この曲を知らない人も多かったと思います。そんな中で万人受けする曲ではなく、あえてこの曲を最後の最後に歌ったのは、勇気のあるすばらしい決断だったと思います。
無知は罪だ。

もっと前にこの事実を知っていれば、あるいは─


「UNDER17ライブツアー」

サブタイトルは「そして伝説へ・・・」
テーマは「原点に還る」「初心に戻る」

「Mail Me」

桃井はるこさんのデビュー曲
アンセブの最後を飾った曲

作詞・作曲:桃井はるこ

そして

編曲:小池雅也
2005年2月5日(土)
アンセブ祭りまだまだ続くゾ!

今日はアンセブコピーライブに行って参りました。
実はここに繋げるために、DVDの感想記を長々とやっていたわけです。

んで、いつものように一人で行ってきました。開場時間の6:30のちょい前には会場に着いたのですが、もう並んでるのね。50人くらい。ちょっとびびった。つーか、他にやることないのかよ。(お前もな
会場内は結構広かったです。当然知っている人もいないし、どの程度の鏑某佑出るか皆目検討もつかないので、最後列に陣取ります。
それっぽいアナウンスが入り、スタート!
とりあえず、セットリスト。

1.いちごGO!GO!
2.恋のミルキーウェイ
3.ラブスレイブ
4.おかしなオンナノコ
5.ぽぽたん畑でつかまえて
6.みぃたんの魔法でポン
7.フィギュアになりたい
8.くじびきアンバランス
 MC(蓮見あいりさん退場)
9.マウス Chu マウス
10.Anonymous…MOUSE!!
11.Extentions
12.SHE・KNOW・BE〜恋の秘密〜
13.らぶケロぱにっく!
14.Nostalgia
15.OS NO/YES
 MC(桜 ふみさん事務所所属となりプロになる旨告知)
16.Alive
17.Mail Me
 MC(スペシャルTシャツを賭けたジャンケン大会!)
18.もっと、夢、見よう!!
 ここでアンコール。ここまでコピーするのか。
 MC(いろんな告知)
19.天罰! エンジェルラビィ〜です。ver.〜
20.天罰! エンジェルラビィ〜です。ver.〜


そんなわけでいちごGO!GO!から始まりました。いきなりこれですか?
予想外の曲で乗り遅れました。そして発覚したこと。
エネルギー不足+喉がカラカラで声がでねぇ。(えー
ファイナルライブと同じ過ちを繰り返しますか、アナタは。
「3.ラブスレイブ」まではなんとか跳びましたが、その後はテーブルに寄りかかりつつ、サイリウム振りだけでつなぎます。

そしてもうひとつ発覚したこと。メンバー7人全員ボーカルなのね。
つまり今回のライブは、7人のカラオケ大会をみんなでお金を払って盛り上げるものなわけです。
まーじーでー?
まーじーでー。

第1回目のMCのときにドリンクGET。喉を潤します。これが効果覿面。声は完全大復活!これでコールはばっちりだもんね!
しかしウーロン茶で体力が復活するわけはなく、跳ぶ曲は絞らざるを得ないのが残念。

そしてここで蓮見あいりさん退場。
なんでも15歳だから、都の条例に引っかかるんだと。歳、オレの半分未満かよ

「12.SHE・KNOW・BE〜恋の秘密〜」は跳びました。例の羞恥ジャンプで。
「13.らぶケロぱにっく!」では「幸せよー」って言えたし。ファイナルライブのリベンジ達成。
「10.Anonymous…MOUSE!!」では、ボーカルのお姉ちゃんが全く歌えてないのに苦笑いしたり。高音が全く出てないの!ヤッパ、プロ=桃井さんってすごいんだなーと感心してました。つーか、おめーも金取ってるんだからプロだろ。しっかりしろ。

2度目のMCでメンバーの一人である桜ふみさんが事務所付になる=プロになるということで、個人で活動できるのが今日で最後となる旨の告知。
全く知らん人なのでどうでもいいが、そういうことなら盛り上げましょう。彼女のときは特にね。
と思っていたら、「16.Alive」、「17.Mail Me」と桜ふみさんのボーカル。微妙な選曲だな、オイ!
イヤ、個人的にはどっちも大好きなんだけど、はっちゃける曲じゃないよなぁ。もちろん跳びましたが。

3度目のMCでは、Tシャツ争奪ジャンケン大会。あえなく2回戦で敗退。最後に勝ち残ったのは、オンナノコちゃん。ワタクシとしては、最後に負けたあの丸いお兄さんに勝ち残って欲しかった。
何かやってくれそうだったから。そんな理由かよ。

とりあえずの最後の曲は「18.もっと、夢、見よう!!」。
それはいいんですが、なんでみんなウルトラオレンジ持ってるの?
ワタクシも一応ドンキとか探したんですけど、見つからなかったんですよね。
そんなわけで、ネオンライトを消してウデ振りだけやっていました。
アト、結構みんなこの曲の口上は知らないのね。ワタクシはファイナルライブのときに、開始前の1時間で必死に覚えて、ライブDVD見ながらも言ってたりするので、言えるんですが。イタイ?

そしてそして、デフォルトのアンコール。退場前には「呼んでねー」なんて言っているし。コピーだからね。
「19.天罰! エンジェルラビィ〜です。ver.〜」は、とにかくめちゃめちゃ鼎澄最後だし。残ったエネルギーを全部使い切る感じで。今日はカラオケライブだから、ファイナルライブみたいに「もう一回!」なんてことはないだろうしね。

と・こ・ろ・が!
「20.天罰! エンジェルラビィ〜です。ver.〜」

・・・1曲丸ごとやりやがった!殺す気か?

とは言いつつ、これまためちゃめちゃ鼎澄もうなにも出ねぇ。


正直、行く前までは期待半分、不安半分だったんですよね。コピーでどこまで盛り上がれるか。
全くの杞憂でしたね。

桃井さんがファイナルライブで言った言葉。「伝説は語り継いで行ってもらわなくては伝説にならない。」

語り継ぎますよ。アンセブの魂は消えていない。
2005年2月6日(日)
今日も秋葉原です。反論不可。
今日のお昼は「ぴなふぉあ」です。昨日のライブメンバーの一人が働いている店なわけです。いなかったけど。それだけです。(え?

んで、しばしまったりしたあと、「@ほぉ〜むcafe」のあるドンキへ行ったのですが・・・・何と言うか・・・・そこに広がるのは魔空間
ドンキ5Fの一角でコスプレダンスパーティーなるものが開催されていまして、薄暗く狭い会場内に大音量の音楽+アニメ上映+踊り狂う肉塊の群れ
前にもちらっと書いたことがあるんですけれども、オタクって遠くから眺めているときはキモイだけなんですが、間近で見ると怖いんですよ。しかもそれが群れとなって、しかも踊っていて、しかもコスプレで・・・

イヤァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

心の中にそんな絶叫を残して向かったのは、同じくドンキ内6Fのゲームコーナー。
遅まきながら、「クイズマジックアカデミー2」をやってみました。ハイ、ワタクシもオタクですね。ごめんなさい。
結果は5回やって、決勝戦までいったのが3回。決勝戦で0.06点差で負けてしまったのがなんとも残念。
ってかさー、これ中毒性ありすぎ。適当なところで切り上げないと、無尽蔵に金と吸い取られるぞ。マジで。
まぁ、そこそこ楽しめるので、意思の強い方はぜひ一度くらいはやってみたらどうでしょう。

そういえば、今日の秋葉原はやたら路上ライブやっている人がいましたね。確認しただけでも5組。
それなりにギャラリーを集めている人や、ギャラリーが一人しかいないながらも大熱唱している人や、外国人に後ろからローアングルで撮影されてるミニスカのお姉さんとか。
そもそも、歩行者天国で路上ライブなんてやっていいの?
まぁ、どーでもいいや。(ぉぃ


今日の本題は秋葉原ではありません。長い前置きだな。
行ってきました、八王子。八王子と言えば・・・
そう、「cafe curio」です。(そうか?
ここはゲーム「ショコラ」の世界観を体現したお店です。雰囲気がよい的な感想をいくつか見たことがあり、前から1度くらいは行ってみたいと思っていました。そこへ、今月20日に閉店してしまうということを知り、今日行ってきたわけです。
ゲームの方は続編発売が決定したばかりだというのに皮肉なもんです。

場所は八王子駅北口から、徒歩約10分のビルの2F。ワタクシ気付かずに1度前を通りすぎてしまいました。
で、店内ですが・・・あー、いい雰囲気という表現がよく合っていますね。キュアに近いかな?フツーの喫茶店といった感じです。
残念ながらワタクシはゲームをやったことがないので、ゲーム世界の再現度といったオタク的視点からは云々できません。が、喫茶店としては全く問題ない。
店内に入って最初の感想が「もったいないなぁ」でした。この店が秋葉原にあったらと思いましたよ。八王子は遠すぎる。

それにしても、ホントもったいない。八王子のオタは閉店まで毎日通え。
2005年2月7日(月)
漸くリンク集を作りました。前々から作ろうとは思いつつ、やり方がよくワカランのとメンドくさいので今まで延び延びになってしまいました。
メンドくさい言うな。
トップページのコピーを作って、各サイトさんを参考にしながら、ちまちまやっていたら、巡回先の某サイトさんとそっくりになってしまいました。いいんだけどね、使えれば。知的財産権の侵害とかで訴えられたりしないよな。
毒吐きのくせに弱気ですみません。

今回のリンク作成に伴い、背景色その他を弄っていたら、こうなりました。正直多少見にくいところもあるのですが、メンドくさいのでこのまま行きます。
メンドくさい言うなってば。

リンクポリシーは
.錺織シの巡回しているサイトさん
▲螢鵐フリーである
人様にもお勧めできる

こんなところかな。リンクするに際して連絡が必須とかいうところは、邪魔くさいので入れていません。そんなところはお気に入りにでも入れておけば十分。酷い言い草だな。
ホントは巡回しているところはもっとあるのですが、自分は好きだけどお勧めはしないトコロだとか、趣味嗜好がバレるのがイヤだとかで入れていないところもあったりします。
念のために言っておきますが、えちぃサイトは巡回コースには入っておりません。信じろ。たまに見るくらいです。

正に文字どおり「勝手リンク」なので、勝手に貼ったり剥がしたりするので要注意。なんて閲覧者さんにやさしくないサイトだ。

「模型」のカテゴリーに入れているサイトさんも、実はテキスト目的なのはヒミツです。ぶっちゃけ、ガンプラサイトは「犬プラ+」さんさえ回っていれば問題ないし。
そして、意外とメイド系のサイトを見ていないことが発覚。だからイベント日とか知らないで、行ってからビビることになるんだな。情報は大事。
メイド喫茶のレポサイトではなく、店のサイトへのリンクはそのうち別ページにてやる予定。何故か特別扱い。

メイド喫茶に関しては、そのうち勝手レポートでもやろうかと思っておりまして、それに合わせてリンクも作る予定。予定は未定。あくまで未定。
あれですね。理想が先走って挫折するパターンですね。挫折するのかよ。

ともあれ、これでやっとHPとしての体裁が整った気がします。開設後半年も経ってやっとですよ。
あとは日記の内容を何とかしないとな。(そこをまず何とかしろ
2005年2月8日(火)
未だに筋肉痛が治らないのはどういうことか>挨拶

今日はなぜか仕事がめちゃめちゃ早く終わってしまいました。ということは、やることはひとつなわけで。
行ってきました秋葉原
まっ、いつものようにいつものところへ行ったのはいいとして(いいのか?)、今日は「一時閉店セール」をやっているヤマギワへ行って来ました。なんでも、ずいぶんな安売りをやっているということだったので、とりあえず見るだけでもと思って行ってきたのですが、確かに家電製品なんかは売り切れの札がたくさん貼ってありました。

ワタクシが向かったのはDVD売り場。50%引き+ポイントカードで20%のポイント=実質6割引でした。もう大分売れてしまったようで、棚はすきすきだったのですが、4本ほど買って参りました。
その中に、ワタクシが前から見たいと思っていたものもあり、大収穫でした。行ってみるもんだ。
ブツは「東京腸捻転」。お笑いライブのDVDですね。実はお笑い好きです。2本買っちゃいました。
残りの2本は、「コロンビア号 最後の16日間」「WORLD AIR FORCES ベルギー空軍」。
・・・・なんだこれ?
欲しかったものが見つかってよっぽど興奮してたのか?
2005年2月9日(水)
先日引越しが決定してしまったので、ちまちまと引っ越し準備を進めています。
荷物多すぎ
今住んでいるところに来たのが約3年前。関係ないけど、アンセブの結成とほぼ同時期です。ホントに関係ないな。

これを期に本なんかは大量に捨てることにしたのですが、それでも劇的にモノが増えてしまっています。
モノが増えた決定的要因となったのは、趣味が増えたからであることに疑いの余地はありません。
プラモに復帰したのも、マンガを買い漁り始めたのも、フィギュアに手を出したのもすべてここに来てからです。
そして、この3年間で増えた、プラモ・マンガ・フィギュアだけでダンボール9箱も出来てしまいました
今度の部屋は狭いんだってば!入るわけないじゃん!
ここは収納スペースがかなり広いのでなんとでもなりましたが、今度の部屋は収納スペースはもちろん、部屋自体の広さも半分くらいになるっぽい。
入るわけないじゃん!(2回目)

ウワサによると、本当にダンボールも広げられないくらいの広さしかないらしいので、実は事態は深刻です。

廊下にフィギュアとか飾っていたらクビにされても文句言えないしな。どうしよう。
2005年2月10日(木)
突然ですが、「バトルコマンダー」って知っている人はどれくらいいるんでしょうか。
もう10年以上前にスーパーファミコンでバンプレストが出していたシュミレーションゲームです。

いわゆるリアルタイムシュミレーションゲームで、イメージとしては「伝説のオウガバトル」みたいなやつです。
4ユニット(以内)を1個小隊としてマップ内の1地点を目的地に移動していく。それぞれに移動スピードや視界が設定してあり、視界に入れば敵を発見する。
オウガと違うのは、戦闘も移動しながらリアルタイムで行われること。
武器にもそれぞれ有効射程距離が設定されており、例えば銃器類なら遠距離攻撃ができるし、剣の類なら接近するまではひたすら耐えるのみ。数種類の武器を持っているユニットは出撃後の持ち替えも可能。
そして、部隊の配置の仕方で攻撃の受けやすい位置とそうでない位置もあったり。
これが戦闘中はとにかく忙しい!
武器を持ち替え、弾薬がなくなれば補充し、HPが少なくなれば回復する。
これを全部リアルタイムで行いつつ、他の部隊にも気を配らなければいけない。

発売されてからかなり経ってから買ったのですが、かなーりはまりました。
もちろん不満もありますが。

1.育てた兵が頻繁に脱走し、脱走が成功すると、もう戻らない。
2.新兵を雇うとレベルが1=終盤は役に立たない。
3.指揮官クラスと一般兵クラスがあり、一般兵が成長すると、勝手に指揮官クラスになってしまう。そして、1小隊に2人の指揮官クラスは配置できない。=終盤は育て上げた強いユニットは出せず、兵隊が足りないという変な状態。

そして問題なのは、すっごくはまったにもかかわらず、エンディングを全く覚えていない
ゲームはクリアしてエンディングを見るのがひとつの目的なはずなのに、エンディングの内容を何一つ覚えていないのは、取りも直さずストーリーがカラッポということでしょう。実際、システムは覚えているのに、途中の話は殆ど覚えていませんし。

シュミレーションゲームの中には「大戦略」のように、ストーリー性が殆ど求められない(と思われる)ものもあるにはありますが、これはキャラゲーですからねぇ。キャラゲーにこそストーリーは求めるなというのも一理ありますが。

どこかで、このシステムでゲーム作ってくれないかなぁ。ちょっとバランス調整して、キャラゲーでなければ、結構面白くなると思うんだけどなぁ。どう?(誰に聞いているか
2005年2月11日(金)
たまには日記らしく今日の出来事を淡々と。

今日はいつもの通り朝から秋葉原へ。
いつものようにラジオ会館を散策。K-BOOKS(古本の方ね)で「月姫」2巻発見!が、定価600円で古本577円て価格設定はどうよ?ネットでポイントがつくようなところ経由で買った方が安いんじゃねーか?

今日の昼食は「Mai:lish」。が、すでに行列が。まだ12時前だったから余裕で入れると思ったのに。今日からバレンタインデーだそうな。そーいや、世間ではバレンタイン祭りか
結局30分待ってようやく入店、特別メニューを注文。今日は特別メニューを注文すると、WRさんのプリクラをもらえるんだって。ワタクシももらって来ました。
え〜と、誰?

食事後、ドンキ6Fのゲームセンターへ。今日もまた「クイズアカデミー2」をやってきました。
今日の結果は7回やって決勝残りが5回。でも優勝できず。1回は0.1点差での敗退と今日もついてないねー。あとは全くダメだったが。

そして、今日の路上ライブ。今日も4組やっていました。
んで、そのうちの1組が始まってすぐにストップかけられたらしく、片付け始めたり。そりゃそうだ、禁止だろ?
それを見て準備中だった近くに陣取っていたバンドも片付け始めました。こっちの方は見たかったのにな。いつもいる、ロリ服のお姉さんが歌っているバンドですな。結局こっちはそのまま片付けてしまったご様子。
これだけ見ると常識的な行動のような気もするが、そもそも禁止されていることを毎週やっていることが非常識だからなぁ。
でも、ほとぼりがさめたころ 、性懲りもなくまた始めるバンドはもっと非常識。最初にストップをかけられたバンドは暫くしてまたやり始めていました。ひでぇな。
まぁ、アレだ。秋葉原自体が非合法地帯だからな。非合法言うな。

帰り際に見かけた、大行列。大ってほどでもないか。
行列の向かう先は吉野家。時間が飯時ではなく、3時半とかっていう中途半端な時間帯だったので、何でって思ったんだけど、どうやら今日は牛丼が大復活する日らしい。
・・・ふーん・・・で?
ホントにみんなそんなに牛丼が好きなのか?牛丼を食べに行っているというより、行列に並びにいっているんだろうなぁ、アレは。
あの街にはイベント好きな人が多そうだし。

という何気ない日常。おぉ、なんだか日記っぽい。でも内容はない。
明日に続け、オレの日常。
2005年2月12日(土)
昨日に続いて1日の出来事を淡々と。

朝、目が覚めると7時。奇跡だ。
が、その後出かけるまでにやったことと言えば、洗濯しながらアンセブDVDを見たぐらい。意味ねーじゃん。出かけたのも秋葉原。斜壊人ですから。

今日はいつもより早めに出て、向かったのはドンキの6F。昨日に引き続き「クイズアカデミー2」です。ダメ人間ですから。
まず、昨日の続きで3回ほどやって決勝進出2回。決勝順位は3位と2位。昨日からの通算で10回やって決勝進出が7回。決勝の順位は2位が4回、3位が2回、4位が1回。
むー、勝てん。何故だ?坊やだからか?

ここでキャラクターカードを再購入。ホラ、ゲンを直さないとね。実はキャラが気に入らなかっただけなのは内緒だ!
作り直したカードのキャラは、当然アロエたん。異議・質問は受け付けません。

もちろん、全て最初からになるわけですが、なんかスゲーやる気が違うのな!アロエたんかわいいよアロエたん。
そんなわけで、新カードでやり始めたら、2度目の決勝進出であっさり優勝。
これがアロエたん効果だ!アロエたんすごいよアロエたん。今度、学会で発表しよう。どこの学会だ。

その後も昼食休憩を挟んでやり続け、アロエたんの戦績は、15回中決勝進出12回で5勝。アロエたんすごいよアロエたん

と、ここまで書いてて気がついたこと。

今日1日アロエたんと遊んでただけだ
2005年2月13日(日)
今日はコスチュームカフェ14号店に行って参りました。「制服系同人誌即売会」ですな。
実はワタクシ、今まで同人誌なるものを買ったことがありませんでした。そんなワタクシですが、前から欲しいと思っているものがありました。それは、こちらのサイトさんの「間違いだらけのメイド喫茶選び」。またメイドか。

会場へは30分以上前には着きましたが、当然ながらもう行列が出来ています。ただし、今日は他所でもイベントが結構やっているので、それほど酷い行列ではありません。列整理もキチンと出来ていたので、開始後間もなくすんなりと入ることが出来ました。
んで、目的のブツはすぐに入手。所要時間3分。あっさり行き過ぎてちょっと拍子抜け。

目的は達したのでそのまま秋葉原に帰ってもよかったのですが、せっかくなのでカタログを見ながらウロウロしていました。そしたら、昨日行った某喫茶店のWRさんがいたり、昨日行った某喫茶店のWRさんが大量にいたりしてびびりました。向こうがワタクシを知っている可能性は限りなくゼロに近いですが。とりあえず遠くから視姦しといた。

結局1時間弱の滞在で撤退。以下、今日の査収物。

間違いだらけのメイド喫茶選び
間違いだらけのメイド喫茶選びPLUS(以上ゴルゴン友の会さん)
メイド喫茶の歩き方(カエルのきもちさん)
秋葉原メイド喫茶プレビュー(でゅあるサイドさん)

メイドだらけかよ!
全てメイド喫茶の紹介記事を載せているものなんですが、同じ店でも評価が分かれていたりして、対比しながら見ていると面白いです。片や「初心者でも安心」と書かれている店が、別の本では「初心者には敷居が高い」と書かれていたり。
ワタクシも近いうちに、メイド喫茶勝手レビューをやりたいと思っているので参考になるものがあればなーなんて思いながら見ていたわけですが、やっぱり情報量はすごいですね。お店の人に直接取材したりしていますからねー。
でも、気になることも。
褒めてばかりのレポートは信用できねぇ
営業妨害になるような過激な記述はどうかと思うが、至らないところに目を瞑り、いいところばかりを書き連ねるのはガイド本としては機能しない。


そして、話は変わって今日のアロエたん。
1戦目で幸先よく勝利!アロエたんすごいよアロエたん
が、ここで上級魔術師に階級が上がってしまい、予選通過も厳しくなってしまいました。ワタクシはまだこの階級では戦ってはいけないようです。上級魔術師でも1勝はしたものの、予選1回戦で敗退したりと、かなりキツイ。手も足もでない問題も多いし、こうまで違うものか・・・。

今日の戦績:9戦中決勝進出5回・優勝2回、2位、3位、4位各1回。
通算戦績:24戦中決勝進出17回・優勝7回、2位3回、3位3回、4回4回。

近くにはこのゲームを置いている店がないので、次は土曜日までお預けか・・・・
2005年2月14日(月)
前にちらっと書いていますが、今日からメイド喫茶レポというか勝手感想をやります。1日1店舗ペースで。
ホントは別ページを作って、少しずつ増やしていこうかと思っていたんですが、ワタクシ追い込まれないと動かないタチでして、つまりココで追い込んでしまおうと。
なんたって、座右の銘が「明日できることは今日やるな」ですから。「今日やらなければいけないこと」にしないとやらないワケですよ。
そこで、毎日書いていくことにしました。毎日1軒ずつだったら出来るかなと思い至ったわけです。怠け者であるがゆえに生まれた知恵です。正直、昨日買ってきた同人誌に触発されたのもあります。

そんなわけなので、今日から始めます。順番はテキトーです。一通り終わったら、どっかに纏める予定。ってかそれが本来やろうとしていたことです。
ちなみに「○」の方が、レポート部分、「●」の方が改善して欲しい部分です。あくまで目安ですので、記述が逆転していることもありうるかも。思い付くままに書いていくので、その辺は勘弁。
アト、あくまでワタクシ個人の勝手な感想ですので、特定の店を攻撃、擁護、お勧めする意図ではありません。念のため。もし、非難・攻撃しているように見える場合はそういう店だということです。(えー

んで、どこから始めようかと思っていたのですが、1月末から移転のために営業停止している「wish doll」にします。以前からウワサのあったビルの取り壊しが決定したらしい。店が潰れる前にビルが潰れたか。

そんなわけなので、追悼のためにまずは「wish doll」からやります。いきなり毒舌になりそうだ。

wish doll

中央通りからチョット入ったところ、再開発区域内のビルの2Fにあります。いや、ありました。
立て看板はビルの入り口内にあるので、遠くからは分かりません。いや、分かりませんでした。開店当初は中央通り沿いにも看板を出していたと思ったんですが・・・
見た目はゴーストビルのようです。住んでいる人もいるらしいですが。いや、いたらしいですが。(もういい

○ハード面

・店内は結構広かったです。テーブル席が15くらいかな?
・入り口が普通のドアではなく、西部劇にでてくる酒場の入り口風の扉でした。他の店にはありませんね。
・青かったです。青壁です。

○ソフト面

・飲み物はボリュームありました。その分値段もしましたが。
・WRさんの中にスーパーエースがいるとのウワサを聞いたことがあります。見たことはありません。(ぉ
・WRさんのお勧めメニューなんてのがありました。値が張ります。
・ここは「メイド喫茶」ではなく、「コスプレ喫茶」です。

●ハード面

・学園祭風という表現がよくされていますが、全くもってその通り。机も安っぽいですし、椅子は薄汚れたクッションを敷いたスチールパイプ椅子でした。クッションがあるだけマシか。手作り感が満載です。コストを限界まで削減しているんでしょう。
・内装に気を遣っていないため、天井も配管がむき出しです。しかも鮮やかな青で塗装してあるため目立ちました。
・清潔感がまるでありません。床にもほこり?ぽいのが散乱していましたし、デカイしみのついたテーブルクロスをしっかりと使っていたりしました。ビル自体がぼろぼろですしねぇ。古い倉庫に閉じ込められたようです。
・客席のある室内に堂々とレンジその他の電化製品を置いていました。キッチン内にスペースがないにしても、もうちょっとやり方あるでしょうに。
・よくこれでやっていられるなぁ、という変な感心をしてしまいました。つっこみどころがてんこ盛りです。

●ソフト面

・モノが高い。上にも書いたようにボリュームはありますが、ケーキとコーヒーで1200円てどうよ?

総括

1度は行った方がよかったところです。百聞は一見にしかずです。2度は行く必要はないかと。(ぉ
主観による感想を一言で表せば、「ひどい店」。いい店にしよう、という気概も感じられません。
ただし、ワタクシは2度しか行ったことがなく、しかも第一印象がよくなかったために、どうしてもマイナス面に目が行ってしまいます。常連さんもいらっしゃったようなので、通い詰めれば、この店ならではのよさが分かったのかも知れません。
ワタクシは残念ながらとてもそこまで我慢できませんでした。
ただし、聞き及ぶところによると、WRさんたちのアイディアや接客はよかったらしいし、店長さんの人柄も大層よかったらしいので、移転先での復活・脱皮が楽しみでもあります。
確かにワタクシの不満な点もハード面に集中していますしね。見た目が普通であれば、意外といい店なのかも。

それにしても、WRさんへの給与未払い問題は解決したのかなぁ?
公式HPのBBSにまで「夜逃げ?」なんて書かれるなんてありえない。
移転について場所も時期も何のアナウンスもなければ当然か。取り壊しは分かっていたことなんだし、続けるつもりなら候補地くらい捜していて当たり前。
旧店舗にもなんの張り紙もなく、知らずに行った人ならホントに夜逃げと思うかも。
2005年2月15日(火)
メイド喫茶勝手感想2日目

cure maid cafe

秋葉原のメイド喫茶の中でも1番の老舗です。
ガチャポン会館の6Fにあります。1F奥のエレベーターで上がっていくと、そこはもう店内です。逃がしませんよ?(誰だお前
場所は中央通りからちょっとだけ入ったところで、秋葉原駅より蔵前橋通りに近いです。このあたりの近くには「Mailish」や「cos-cha」、店員がメイド服のアクセサリー屋などもあるメイド銀座です。なんだそれ。
なにはともあれ、ガチャポン会館の黄色い看板を目印にすればすぐに分かると思います。

○ハード面

・店内はブラウンを基調とした、非常に落ち着いた雰囲気です。ごくフツーの喫茶店です。
・座席数はテーブル席が、えーと・・・たくさんです。(ぉぃ
2人掛け×5、4人掛け×6くらいかな?(ちゃんと調べて来いよ
・店内はジャズなんかが流れていたりします。さりげなくオサレです。
・店内に置かれた観葉植物も、雰囲気にマッチしていて、総じてお店としては一番いい作り方をしていると思います。

○ソフト面

・メイド服は、足首まで隠れるようなクラシックなロングタイプです。ワタクシ大好きであります。ミドルタイプもあるようですが、こっちしか目に入りません。19世紀英国風です。エマさんです。
・接客は非常に丁寧です。さりとて、メイリのようにバカ丁寧で、マシーンのような印象を与えることもありません。感じがいいです。
・メニューはごくフツーの品揃え。ケーキは日替わりケーキがあります。平日は日替わりランチもあるけど、残念ながらワタクシ行けません。
・入り口そばにレジがあり、そこに人が常駐していますので、入店時の第一声は早いです。そこで待てとか満席だとか言ってくれるので、無駄に待たされることはないでしょう。
・満席で待つ場合は、入り口にある用紙に名前と人数を書いて、階段側で待ちましょう。
・変なコスプレイベントはなく、常にメイド服です。何気に重要。
・毎週というわけではなさそうですが、土曜日の19時から、フルートやバイオリンの演奏会があります。お店の雰囲気によくあった、いいイベントです。ただし、この時間は混みます。心して行きましょう。

●ハード面

・特に不満はありません。強いて言えば、立地がいかにもオタ臭漂うところにある、ということになりますが、女性客も多く、シルバーカップルなんかも見かけますので、お店的にはマイナスではなさそうです。
平日の昼時に行ったときは、お昼休みのOLさんぽい6人組みのお客さんもいましたし。
・たまにトークイベントなんかで営業時間が変更になることがあるので、要注意。
・「wish doll」と同じく、天井は配管がむき出しです。が、こちらは塗装が黒で、かつ照明が天井から大分低い位置にあるのでそれほど目立ちません。気になる人は気になるかも。ワタクシはしばらく気がつきませんでした。

●ソフト面

・待つとき外の非常階段に並ぶのは、冬は寒いです。店のせいじゃないけど。ってか、考えてみればどの店もそうだ。店内で待つスペースがあるのは、「ぴなふぉあ」くらいか?
・特に不満な点はないかなぁ。強いて言えば、メニューを増やして欲しいけど、「cafe」としては不足しているわけではないので、そこまで望むのはどうかと。

総括

非常にオーソドックスなお店です。
「メイド喫茶」というよりも、喫茶店の制服がたまたまメイド服だったという感じです。
奇を衒わず、WR人気に頼ることもなく、ちゃんと「喫茶店」として営業をしています。
実際問題、この手の店ってWRさんの人気が最重要だったりするのですが、ココはあえて(かどうか知らんが)それをやっていません。ここのWRさんなら、やろうと思えば十分出来ると思うのですが。
某店ではWRさんが大量脱退して、そのまま他店で働き始め、客も一緒にその店に移った、なんてこともあったくらいで、WRさん目当ての人は多いので、お店にもメリットはあると思うのですが、あえて(かどうか知らんが2nd)やっていません。お店の公式HPにも名前を載せたりもせず、ネームプレートもないので徹底しています。賛否はあるかとは思いますが、個人的には好感が持てます。
お気に入りのお店の筆頭かも。
ただし、ワタクシは基本的に休日しか行けないので(つまり、日替わりランチ不可)、フードメニューのバリエーションが少なくて、「行きたいケド・・・」と二の足を踏んでしまうのも事実。
最近は他店での食事のアトにケーキセットを頂いています。
2005年2月16日(水)
メイド喫茶勝手感想3日目

ひよこ家

同業他店とは線路を挟んで反対側の昭和通りの方にあります。
以前は黄色い看板が遠くからでも確認できたのですが、最近になって隣に中華料理屋さんが出来て、その看板のおかげで昭和通りからは見えなくなってしまいました。行くときは公式HPなりで場所を確認しておいた方がいいでしょう。場所を知らずに探すのはちょっとツライかも。
ちなみに住所は台東区。もっといえば、「秋葉原」ってのは台東区の地名だそうで。秋葉原駅は千代田区だけど、もともとの地名は千代田区じゃないのね。

○ハード面

・4人掛けのテーブル席×3とカウンター席が8人〜10人くらいと小ぢんまりとしています。
・店舗内の壁には、入って左側に手書きのメニュー表が、右側にはサイン色紙が掛けられています。サインは誰もが知っている人というより、オタクならば知っている人であり、好感が持てます。(何故?
・BGMはアニメソングです。有線?
人によってはこれは短所なのかも知れませんが、ワタクシ的には長所です。ただ、気が付いたら曲を聞きながらニヤニヤしていることがあるので注意が必要だ!

○ソフト面

・入り口の外にメニューと日替わりランチメニューが掛けられています。ここは土・日曜日にも日替わりランチをやってくれているので、重宝してます。
・食事メニューも他店より豊富で、ハンバーグ・パスタ・カレーの喫茶店定番メニューはもちろん、フライ系も充実しています。日替わりメニューでは、カレイの煮付けや焼きビーフンやピザなんてのもありました。
・ワタクシは極端な味オンチなので、旨い・不味いは云々出来ませんが、ワタクシの舌には合います。少なくとも、他店のようにカラカラのご飯や、固まって団子のようになったご飯は出てきません。
・ランチセットだと、味噌汁・小鉢のサラダ・ソフトドリンクがついて880円とお得感満載です。
・ワタクシは土曜日の昼食はいつもここです。みやびさんいるしね。←ココ重要。
・夜は居酒屋タイムになります。ボトルキープもできたりします。オリジナルカクテルもありますが、1種類しか飲んだことがないので・・・
・メイド服もちゃんとしたメイド服です。「メイド服風のロリ服」ではありません。個人的にはこっちの方が好き。

●ハード面

・11時に開店後、15時に一度店を閉め、17時に再開店(居酒屋タイム)という変則的な営業時間です。アト、月曜日が定休日ですね。行ってみたら閉まっていたなんてことを他のHPで見たことがありますので、要注意。
・席数が絶対的に少ないためにちょっとした団体さんがくると、すぐに満席になります。カウンター席には座りにくいので、一人でもテーブル席に座る人が多い(ワタクシ含め)ので余計に席には余裕がありません。
・店内に自然光があまり入らないので、なんとなく暗い感じがします。ガラス戸になっているのが入り口だけですからね。
・これは改善しようがないのですが、この店だけ他店とは大きく離れた立地なので、満席で入れなかったりするとダメージがデカイです。

●ソフト面

・ランチ時にはなぜかお手ふきが出ません。夜には出ましたので、昼は出さないという方針なんでしょうが、これってどうなの?ワタクシは使い捨てみたいなのでもいいので欲しいです。
・昼の時間はWRさんが1人です。=団体さんが来ると大変そうです。ただ、そのせいで待たされたという記憶もないので、なんとかなっているのかもしれませんが。
ちなみにこれはワタクシがいつも行っている土曜日のことです。他の日は知らん。(ぉぃ
・日中にカウンター席で作業してたりすることがあります(帳簿つけたりetc)。あれはやめた方が・・・


総括

お気に入りのお店です。
やっぱり、休日にも日替わりランチをやってくれるのは有り難いです。実際問題、同じものばかりだと、いい加減飽きてきます。
お気に入りのお店でも、「お店は好きだし、行きたいんだけど、メニューがなぁ・・・」という理由で行くのに二の足を踏むところもありますから。
それになんと言ってもみやびさんいるしね!(しつこい
2005年2月17日(木)
メイド喫茶勝手感想4日目

M.I.A cafe

「Maid In Angels' cafe」です。中央通りより一本お茶の水駅寄りの昌平橋通り沿いの2Fにあります。
小型の黒板に手書きで店の名前を書いた看板も出ていますので、店の前まで来れば分かるでしょう。が、この看板だとちょっと離れると分からないかも。夜も分かりにくいだろうなぁ。
1Fは半地下のガレージで、2F店舗の道路側の窓には、お店のロゴが貼ってありますが、これまた遠くからは分かりません。
要するに、店の目の前まで来ればすぐに分かりますが、来ないと分からないでしょう。
まぁ、場所的にすぐに見つかるとは思いますが。

○ハード面

・店内は禁煙席・喫煙席がそれぞれ、4人テーブル席×2、2人席×5程度。ただし、禁煙席の2人席は、時々なぜか2つくっつけてあります。座った人は広く使えるようにはなりますが、当然キャパは減るわけで。なんで、こんなことやっているのかナゾ。(聞けよ
・喫煙席は禁煙席より一段高く、また喫煙席には換気扇と空気洗浄機が装備されていますので、禁煙席で煙が気になることはないと思います。禁煙派のワタクシとしては、有り難いです。

○ソフト面

・他店にはないこの店の特別サービスに「おかわりカード」があります。ドリンクをおかわりすると、200円引き・50円引き・はずれの3種類があるカードが引けます。しかもWRさんの写真入りで、その日シフトに入っている各WRさんの内、お好みのWRさんを指名できます。引いたカードにはコメントを入れてくれることもあるようです。さらに、写真は随時更新されるとのことなので、全種類集めたい人は通いつめましょう。ワタクシは1度だけやりました。いかにも頭の悪そうなコメントも入れて頂きました。ウレシカッタヨ。家宝にします。
・WRさんにはドジッ子が多いらしく、フォークやスプーンを忘れてきたり、ミルクティーなのにミルクを忘れてきたりするプチイベントがよく発生しています。時には注文を取りに来るのを忘れたりします。普通の喫茶店だとマイナス点なんでしょうけど、この店は普通じゃnうわなにをするやめtygh
今度はアナタの番かも?
・WRさんはみなさん非常にフレンドリーです。話し掛ければ、それなりにちゃんと応えてくれますし、向こうから声を掛けてくることもあります。そーゆーのがお好みの方は、是非頑張ってみて下さい。ワタクシはキョドるのでダメです。
・制服は2種類あって、ミニスカート(新制服)とミドル(旧制服)があります。禁煙席に座っているときに、新制服のWRさんが喫煙席に行ったときなんかは期待できます。(なにを?
・満席のことが多いのですが、その際は携帯での呼び出しをやってくれますので、その間は他の場所を回れます。ただし、呼び出しはコール2回までらしいので注意!
・会計のときにおつりが出るようにすると、釣り銭をこちらの手を包むような感じで渡してくれます。ワタクシが女性の手に触れられるのは、こんなときしかありません。
・冬はコートを預かってくれたりもします。何気に他ではやってないかも。

●ハード面

・室内暑すぎ。恒温動物であれば、いくら冬でもあそこまでやらなくても、凍死はしないと思います。真夏には行ったことがないけど、どうだったんだろ?
・喫煙席と、禁煙席のテーブル席は、ちょっと窮屈かな。アト、禁煙席のソファー席がなんとも座りにくいのはワタクシだけ?

●ソフト面

・現在人員増強中であり、常に新人さんがいます。それでいて、満席なことが多いです。つまり、要領が悪いので注文やなんかは待たされます。
ワタクシはいつも「今日の記録は何分かなぁ?」と意地の悪い待ち方をしているので2度呼ぶことはありませんが、遅いときは遠慮せずに声を掛けた方がいいです。ワタクシ先日、いつものように「少々お待ち下さい」と言われて、素直に待っていたら90分放置されたので、なにも注文せずに帰りました。入店待ちの人がいる中で、90分居座っただけのろくでもない客でした。
・これも人員増強の悪い面ですが、WR教育が徹底していません。いろんな意味で。割り引きサービスを忘れるのはザラです。ワタクシは、ネタになるのでそのまま払いますが。
・混雑時は制限時間が90分なのですが、この時間が徹底されていません。これは「おかわりカード」の悪い面でもあります。
「おかわりカード」が欲しい人は何回もおかわりする→制限時間の有名無実化。
他の店も追加注文をすれば制限時間は延ばせることが多いのですが、ココは「おかわりカード」があるおかげでその傾向が強いように思います。

総括

なにかと文句は放れていますが、お気に入りのお店です。行った回数は一番多いです。
ソフト面の改善して欲しいところは、時が解決してくれる問題でもありますので、WRさんが定着するような店作りをすれば、客も定着することでしょう。
ただし、ここのWRさんは、良きにつけ悪しきにつけフランク過ぎるくらいフランクなので、合わない人は合わないかも。ワタクシはこれくらいオツムの弱いのもまた好きなので、回数が増えてます。
ココはWRさんのアイドル化というか個別化に成功したいい例だと思います。
また、広報活動をあまりやっていない(と思う)にも係わらず常時満席というのは、取りも直さず顧客の常連化に成功しているからでしょう。それだけ店作りが認められているということです。
2005年2月18日(金)
ウチがこんなメイド喫茶特集をやっているときに、ワタクシも勝手リンクに入れさせてもらっている「メイドカフェでGO!」さんが商業化だって。びっくり。
今後は、契約したお店しか取り扱わないらしい。
しばらく様子をみて、契約する店が増えなければウチはリンク外します。今のままだとポータルサイトとしては役に立たん。


メイド喫茶勝手感想5日目

cos-cha

伝説の「スク水デー」で4時間待ちの行列を作り、警察沙汰になったお店です。もっともその時期の主なメンバーは今は「JAM」にいるわけだが。
ワタクシが始めて体験したメイド喫茶でもあります。
場所は末広町方面、周りはパソコンのパーツを売っている店ばかりの中に、ビルの2Fにあります。同じビルの4Fには、コスプレ居酒屋「little BSD」も入っています。
昔は、白地に水色で描かれた看板が道路付近まで出ていたのですが、昨今の警察の取り締まり強化で中に引っ込んでしまい、非常に分かり辛くなりました。
公式HPなりでよく確認してから行きましょう。

○ハード面

・店内は結構広く、50席くらいはあるでしょう。
・黒板と学校机+椅子の学校セットがデフォルトです。それに伴って、メイドさんだけでなく、学校制服のWRさんがいつもいます。
・道路側の窓から自然光を採り込んでいるため、店内は明るいです。って別に夜は暗くなるわけではありません。
・イベントデーが豊富です。しょっちゅうなにかやっている気がします。

○ソフト面

・食事の種類は豊富です。ステーキや生姜焼きもあります。ここは「カフェ&キッチン」ですから。
・座席数も多く、2人がけのテーブルなので、満席ってことはまずないでしょう。大人数のときはテーブルをくっつけるだけなので、対応はフレキシブルにやってくれます。
・注文を取るとき、WRさんがとなりでしゃがんで取ります。なんだかえちぃです。

●ハード面

・禁煙/喫煙の席は別れてはいるのですが、なんの仕切りもありません。=禁煙席でも喫煙席とあまり変わりません。
・座席は多いのですが、多すぎて間隔が狭いです。奥の席になると行くのが邪魔臭いです。特に冬は、コートで途中の席のものを引っかけて落としたりしちゃいます。
・学校セットデフォルトは個人的にはチョット・・・

●ソフト面

・看板には「いつものメイド服でお待ちしています」と書いてありますが、必ずセーラー服などの学校制服のWRさんがいます。キャバクラチックです。でもおさわりはなしですよ?(当たり前だ
・ナイフやフォークがよく濡れたまま出てきます。衛生上は問題ないのかもしれませんが、不愉快です。ってか、衛生上も問題あるだろ。
・イベント時の限定メニューの値段が非常に高いです。値段に見合ったものが出てくると思っていると、がっかりすること請け合いです。ワタクシはイベントデーは嫌いなので行きませんけどね。
・「キッチン」という看板ほどは料理の味は・・・?もちろん、まずいわけではありませんし、他店に比べればマシなのかもしれませんが。アト、ワタクシは味オンチですので。念のため。他のサイトさんのレポによると、ここは旨いらしいですし。


総括

決して好きな店ではありません。(え
普段のお客さんの入り方から見ても、決して現状のやり方が受け入れられているわけでもなさそうです。
最近、他の店に並んでいるときに、ワタクシの前に並んでいたお客さんが「cos-chaならすぐ入れるんだろうけど、行きたくないしなぁ。」なんて話していました。
先日は、お昼時に3ヶ店連続で満席で入れなかったあとにココに来たら、お客さんが2組しかいませんでした。平日とかを知らないのでなんとも言えませんが、大丈夫なの?(大きなお世話だ
2005年2月19日(土)
今日は朝から「クイズアカデミー2」ですよー!
いいんです。ダメ人間ですから。今日もアロエたんと楽しくお勉強です。

さて、大魔術師に昇格以来たびたび予選落ちするようになってしまい、今日も初戦は予選落ち。みなさん強すぎです。
が、2戦目にして勝利!今日も言っておきましょう。
アロエたんすごいよアロエたん。
そしてその後も、なんとか決勝戦までは残れるようになり、午前中は7戦で決勝進出5回2勝、2位2回、4位1回。
どうも早い時間は人が少ないらしく、16人中11人がコンピューターなんてこともなり、大分楽でした。

いつも通りひよこ家さんで昼食後、午後もこの調子だー!なんて意気込み十分で再開。2戦して決勝戦で3位、4位となった時点で大魔道士に昇格。これがまずかった。
このあと、16戦して決勝進出がたったの2回。1回戦での0点負けも経験。ひでぇよ。

メイリでネコミミを堪能しつつ夕食を取ったあと、気がついたらサードキャラクターを作っているヘタレゲーマーがここに一人。
だって、勝てないと面白くないんだもん。勝つどころか決勝戦まで進むことすらできないので、ここで修行しなおし。ってか、勝って今日終わろうと。

が、結果は2位、1位、2位となんとも中途ハンパに終わってしまいました。ここで終電の時間になったので終了。

・・・・えーと、どんだけ長いことやっているんだ?

アロエたん今日の戦績:25戦中決勝進出9回・2勝、2位4回、3位1回、4位2回
通算成績:42戦中決勝進出26回・9勝、2位7回、3位4回、4位6回

えらく勝率低いな。

ん〜、なんだか気分が乗らないので、メイド喫茶勝手感想はお休み。
2005年2月20日(日)
メイド喫茶勝手感想6日目

JAM

中央通りと昌平橋通りの間の地下にあります。アングラ喫茶店です。(違
看板は出ていますが、いささか分かり難いです。立方体の上下を除く4面が看板になっているヤツで、JAMとkeycoffeeが互い違いになっているので、keycoffeeの面しか見えなかったりします。分かりにくい表現だな。
実際ワタクシも、最初に来たときは全然見付けられず、地図をよく調べてから次の日に行ったら、前日に何度も前を通り過ぎていた場所だった、なんてことがありました。この店のWRさんよく聞かれるようです
迷わなければ、駅からはそれほどかかりません。

○ハード面

・夜は全席喫煙席、昼はカウンターに近いテーブル席が喫煙席になります。
・昼の禁煙席は4人掛け×8・・・かな?
喫煙席は6〜8人掛けの大テーブルと3人掛けのテーブル×2ですね。カウンターもあるにはありますが、常連さん用?
・店内はどこよりも暗いです。地下ですしね。場末のバーっぽい雰囲気です。
・休日の前の日は翌朝の5時まで営業しています。ただし、混みます。お待ちが出ることもあります。

○ソフト面

・なんといっても平日ランチ500円〜!
残念ながら平日には行けないので、なにが出てくるのかは知りません。(ぉぃ
・夜は飲み屋に大変身します。カクテルの種類はめちゃめちゃ豊富です。
・忘れてはいけない萌え萌えオムレツ。一度頼んでみたいのですが、さすがに一人ではムリ。ヘタレですから。
・時々、WRさんの手書きコースターが出てきます。光の速さで貰っておきましょう。話し掛けるいいきっかけにもなります。ワタクシはキョドるのでだめですが。

●ハード面





●ソフト面

・WRさんの対応は一番ざっくばらんとしているかも。良きにつけ悪しきにつけ。常連さんに対する傍若無人さは某所で話題になったりしていますが、ワタクシ的にはそれは無問題です。常連さんもそれを望んでいるんでしょうし、そもそもイヤなら常連になりません。
ただし、それを他のお客さんに見せるのはどうかと。当人同士はよくても、店の印象が悪くなること請け合いです。
・その他のWRさんについても、時には笑顔が全くなかったりとか、本人はそんな気はないのかもしれませんが、感じ悪いことがあります。ワタクシのときだけ?
・料理は期待しない方がよいでしょう。出てくるのも非常に遅いです。最近はマシになったというウワサも聞きますが、このところは呑みにしか行っていないのでなんとも。
・カクテルも種類は豊富ですが、基本的に薄いです。カクテルにウルサイ人には合わないかも。

総括

ワタクシはよく呑みに行きますが、賛否両論ありそうなお店であることは否めません。
何しろ、接客業で接客に疑問符がつく上に、飲食店で真冬でも蚊が発生するような衛生状態なんですから、一般の方はブチ切れてもおかしくありません。まぁ、切れるまで行かなくても、二度と来たくないと思う人は少なからずいるでしょう。
しかし、WRさんたち関しては、フランクに接してくれるとも言えるので、コミュニケーションを楽しみたい人にはお勧めかも。オムライスを頼んで、恥ずかしい言葉を書かせるといった羞恥プレイも可能です。出入り禁止になっても責任は持ちませんが。
それから、一度店内を徹底的に清掃・・・つーか洗浄したほうがよろしいかと。

ぶっちゃけ、ココはWRさんの人気で成り立っているお店だと思います。人目当ての常連さんという強い顧客層を持ちますが、逆に一見客にはなかなかお勧めできません。
主力のWRさんが辞めたら、某店のあとを追うことになるかも。
結構キツイことを書いていますが、個人的には意外と好きだったりします。毎週呑みに行っているし。休みの前日は深夜(というか早朝)までやっているのはうれしいです。

あと、接客がイマイチと書いたあとでフォローするわけではありませんが、ココには抜群に接客が上手いWRさんがいます。他の店にも丁寧な人や感じのいい人はいますが「上手い」と思うのはこの人だけです。この人を他のWRさんが見習ってくれればいいのですが。ただし、常連客を1番積極的にあしらっているのも同じ人だったりします。


最後に文脈無視で今日のアロエたん
今日の戦績:5戦中決勝進出1回・1勝
通算成績:47戦中決勝進出27回・10勝、2位7回、3位4回、4位6回

なんとか二桁勝利には乗ったけど、相変わらずの勝率の低さ。ってか決勝戦にすら進めないってば。アロエたんの喜んでいる姿が見たいよ・・・
2005年2月21日(月)
メイド喫茶勝手感想7日目

@ほぉ〜む cafe

放火で有名な「ドン・キホーテ」の秋葉原店の5Fの一郭にあります。どんな紹介の仕方だ。
場所はすぐに分かるでしょう。

○ハード面

・以前は立ち飲み形式だったのですが、今年1月中頃から、背の高い椅子が付きました。老体には有り難いです。
・席が道路方面の全面ガラスに向かって設置されていますので、5Fの高さから中央通りを見下ろせます。日曜日の歩行者天国のときなどは、人がゴミのようです。
・料金前払い制です。会計してから、席について待ちましょう。
・全席、というかフロア丸ごと禁煙です。だってドンキだし。燃えちゃうし。
・1月から、「@リビング」とかいうのが出来ましたが、残念ながら未だに未体験。

○ソフト面

・ココ独自のウリとして、WRさんと3分間(10分もあり)ゲームをやって、勝ったら景品が貰える「@ゲーム」(500円)があります。景品は手書きコースターとかメダル(?)とかのようです。いらん。アト、WRさんとツーショットプリクラが撮れたりします。
・WRさんはよく話し掛けてくれます。自分から話し掛けられない、小心者のワタクシには有り難いシステムです。システムて。
・品数は少ないです。店の形態からして仕方ないか。食べ物はホットドック等数品のみ。
・ただし、量は結構あります。値段も結構するし。(500円)
・雨の日はポイントが倍になります。

●ハード面

・こういう形式のお店だと思えば、不満はないかも。椅子も付いたしね。贅沢を言えば、荷物を掛けるフックみたいのが机の下にでもあればいいけど。
・強いて言えば、周りから丸見えなのがイヤな人はいるかも。壁とかで仕切られているワケではないので。

●ソフト面

・品数が圧倒的に少ないのです。1月にメニュー変更があったようですが、今一歩かなぁ。
・味オンチを自覚しているワタクシですが、ココのコーヒーは合いません。量も多いし、やたら熱いし、苦行のようです。じゃ、飲むなよ。
・飲み物の容器はプラスチック製で、いかにも安っぽいです。汚れ物を洗う場所がないからか?
・メイド服が薄いピンク色で、かわいらしいのですが、コスプレメイド感満載です。コスプレイベントなんかも色々やっていますし、そういうコンセプトなのかも知れません。

総括

WRさんとのゲームという、他にはないウリがあります。マスコミ露出にも積極的です。立地からいって、一般客の目に触れることも多いでしょう。上の階にゲームパーク出来たしね。やりようによっては、うまくいくのかもしれません。現在の秋葉原のメイド喫茶過剰地域においては、こういうちょっと変わったスタンスの店もアリかも。
しかし、喫茶店としては?
ワタクシは、時間調整のためにちょっと寄る、くらいの使い方をしています。気軽に立ち寄るにはいい店かもしれません。
2005年2月22日(火)
メイド喫茶勝手感想8日目

ぴなふぉあ

秋葉原駅昭和通り口から徒歩30秒と駅から至近の立地。店の前にはピンク色の看板も出ていますし、駅側には矢印看板(「ぴなふぉあはこっち→」みたいなヤツ)もありますので、すぐに分かると思います。

○ハード面

・喫煙席はすべて壁側のテーブル席、禁煙席はすべてカウンター席です。カウンターだとWRさんに話し掛けやすいです。ワタクシはキョドるので、極力テーブル席へ行きます。ヘタレですから。
・道路側が全面ガラスなので、昼は非常に明るいです。ただし、夜は照明は落し気味です。ワザと?あと、カーテンとかをしていないので外からは丸見えです。晒し上げです。快感です。
・満席のときは、店内の椅子に座って待つことができます。店内で待つことが出来るのはここくらいか?

○ソフト面

・制服がピンク色と珍しいです。可愛らしいですが、メイドっぽくはありません。
・フードとパフェには月替わりメニューがあります。レギュラーメニューの品揃えはごく普通。
・店内撮影禁止ですが、WRさんとチェキが撮れたりします。うれしいのか?
・上にも書いた通り、カウンター席に座ればWRさんとのコミュニケーションが楽しめます。WRさんも気さくに返してくれますので、積極的に話し掛けてみるといいかも。

●ハード面

・壁側のイスは木の備え付けのもので、座りが悪いです。クッションでもあればいいんだけど。
・道路側から丸見えですので、ガラスにスモークをかけるか、カーテンでもして欲しいです。中から見た外の景色がいいわけでもないですし。
・昭和通り口からは至近ですが、電気街方面から行くには遠いです。ついでに寄って行くというところではありません。

●ソフト面

・ライスはもうちょっとなんとかならないものか。固まって団子状になっていることが何度かありました。
・個人的にはメイド服がピンクってのは違和感あるなぁ・・・。

総括

特別に好きなわけでも、嫌いなわけでもありません。
ということは、わざわざここを選んで行く必要もないわけです。他店とはちょっと離れた場所にあるしね。
ココのウリはWRさんとのコミュニケーションだと思うので、それが目的の人は通ってみるといいかも。
文章量からも分かるように、いろいろ書けるほどよく知らないということもありますが、他のコミュニケーション重視のお店である(と思われる)メイリやミアが常時満席なことを考えれば、会話を楽しみたい人は今の内に行っておいた方がいいかと。
最近はマスコミの影響からか、一般人にも認知度が高くなってきて、どの店も混雑していることが多いです。
2005年2月23日(水)
メイド喫茶勝手感想9日目

maid cafe lamm

中央通り沿い、秋葉原駅から程近くのビデオショップ「ラムタラ」の6階にあります。経営母体もいっしょです。確か。tvkなんかでは、深夜に盛んにCMをやっています。
ラムタラの入り口に看板も出ていますので、場所はすぐに分かると思いますが、何と言っても店内にはエロビデオが満載です。エレベーターは店内の一番奥にあります。道行く人に勘違いされてもいい人はGO!

○ハード面

・店内は縦長く、座席数は・・・どれくらいだろ?(ぉぃ
40席くらいはあると思います。・・・多分(ぉぃ×2
・窓はあるものの、採光の面では役にたっていません。すぐ隣もビルですからね。密室の中の妖しい空間といった感じです。空気がえちぃです。
・エレベーターを降りたらもう店内で、入ってすぐ左のところにあるキッチンスペース(?)に常にメイドさんがいるので、入り口放置プレイはないでしょう。残念。
・入り口近くにシフトの入っているWRさんの名前が書いてあるので、お気に入りの人がいない場合はダッシュで逃げることもできます。(逃げるな
・机と椅子は安っぽいです。「wish doll」並み。

○ソフト面

・品数はフツーかな?ここでは食事はしたことがないので、料理の味は分かりません。つーか、味オンチなのでどのみち味は分かりません。(ぉぃ
・ケーキは普通に美味しかったです。味オンチだけど。
・耐熱ガラスのなんだかオサレなカップを使っています。どうでもいいです。(え
・ここのポイントカードは100円で1ポイントなので、コーヒー1杯でもちゃんとポイントになります。なんだか特をした気分になります。換金率も使った金額によって変わります。ただし、会計前に忘れずに出すこと!

●ハード面

・このビルの喫茶スペースはイベント場も兼ねていて、イベント日には営業時間が変わったりします。要注意。ワタクシ2回ほどひっかかりました。
・建物の構造が縦長なので、奥の席に通されると、WRさんの待機場所から遠くなってしまい、用事があるときは、大声で呼ぶか、来るまでひたすら待つか、呼びに行くか、ということになります。邪魔くさいです。
・なんせ階下がエロビデオ満載の店ですので、人にはなかなかお勧めできません。勘違いされます。ワタクシの場合は「勘違い」ではなく、「カミングアウト」になりますが。
・入り口に殆ど余剰スペースがないために、満席時は非常に混雑します。トイレも入口付近にあるので、余計に邪魔くさいです。

●ソフト面

特に不満はないかも。(おおー!
可もなく、不可もなくですね。不満はないけど、ウリもない。ただ、この手の店でウリがないのは弱点だと思います。行ってもいいかな、とは思いますが、行きたい!とはならないので。
WRさんも、この店のエースというウワサの人を見ましたが、それほ(自己防衛のため略

総括

雰囲気さえ許容できれば、喫茶店としては普通に使えると思います。
ただし、結構満席のことも多いです。そんな時は階下でビデオでも見ていましょう。
コスプレイベントもよくやっていますね。メイド好きなワタクシには有り難くないです。

喫茶店の経営とは関係ありませんが、とある情報によると、この店は某HPのレポートにクレームをつけて、公開停止にさせたことがあるそうな。どのHPなのかはワタクシは知りませんが、あるレポートサイトさんで確かに「公開停止」の文字を見たことはあります。もちろんこのHPがクレームを受けたところかどうかは分かりません。が、経営母体の商売も考えると、はっきり言ってコワイです。どんな団体に繋がっているか分からないし。このレポもクレームが出たら、即消します。命は惜しいですからね。(大袈裟です
2005年2月24日(木)
えー、昨日までメイド喫茶勝手感想などやっておったわけですが、その間にメイド喫茶訪問回数が150回を超えました。栄えある150店舗目は「Mai:lish」です。
1月15日に100回を超えてから、さらにもう50回プラスされてしまいました。早すぎ。1月は51回も通っているからな!
なにかが間違ってる。

気を取り直して、100回オーバーのときと同じく店舗別の回数なぞ晒してみましょう。()内は前回発表時の回数です。

1.「M.I.A cafe」29回(25回):WRさんの名前はちっとも覚えられない。
2.「ひよこ家」23回(18回):みやびさんいるしね。
2.「cure maid cafe」23回(15回):店は好きだけどメニューに飽きてきた。
4.「JAM」19回(13回):真冬にも蚊が生息する日本の秘境。
5.「Mai:lish」17回(6回):実は結構好きかも。最近多い。
6.「cos-cha」12回(10回):いつもガラガラで入りやすい。存続できるのか?
7.「@ほぉ〜むcafe」11回(8回):なんとなく時間の空いたときに使ってます。
8.「ぴなふぉあ」9回(6回):ご飯ものの質がよければなぁ。
9.「lamm」7回(4回):ウリがないんだよなぁ。
10.「wish doll」2回(1回):いつ、どこで復活するの?
順位外.「curio」1回(0回):閉店は本当に残念。


合計で153回です。上位は安泰、全体の順位もほぼ前回通りながら、上下の幅が広がりました。
「メイドチャレンジ」を始めてからは、今まであまり行っていなかった店にも行くようになったのですが、結局お気に入りのお店に行く頻度は落ちないってことですかね。
急進している「Mai:lish」の場合は、今年に入ってから行き始めた、という特殊事情があります。直近の50回に限れば上位に入ります。ってか、1月は行った回数が一番多かった。2月に入ってからも一番多いな。バレンタイン前の3連休は3日とも行ったしな!特別メニューのおまけプリクラも3枚もらったしな!3人とも誰だかワカランけどな!

それにしても、最近はどのお店に行っても客がやたらと多いです。しかも、いかにも一般人な大学生なんかが、オタクを馬鹿にした会話をデカイ声で話しつつ並んでいたりとか。それだけ一般に広く認知されたってことだろうし、客が増える・客層が広がるのは店としてはいいことなんだろうけどね。
ただし、一時期のブームに終わらせないためにも、正に今、各店舗は頑張ってほしいところ。逆にここで淘汰されてくるお店とかも出てくるんだろうなぁ。行方不明になったところもあることだし。もっとも、ろくでもない店はここで消えてもらった方が業界イメージにはいいかも知れんが。
2005年2月25日(金)
「wish doll」の公式HPがデリッてやがる>挨拶

今日まで、シオシティーズではホームページフェスティバルなるものが開催されていました。
簡単に言うと、分野別のHP大賞を決める試みです。年末にネトランがやってるみたいなヤツですな。

分野別と言っても大まかな分類ですから、ワタクシのようにメイドとアンセブが1/3を占めるようなろくでもないサイトと、闘病日記みたいな重い話題のサイトが同じカテゴリーに入っていますので、はっきり言って比較しようがないんですけどね。

とは言いつつも、いい機会なのでワタクシも参加して、いくつかのサイトさんを拝見させてもらったんですが(主にネタ系HP)、出来たばっかりで全く知られていないところでも面白いところはあるもんです。おかげで3〜4つほど巡回先が増えました。

当HPにも幾人かの方が投票して頂きました。ホント有り難いです。
ワタクシ、ネット上での交流はゼロなので、まさか入れてくれる方がいらっしゃるなんて思いませんでした。投票されているのを発見した時は、嬉しさのあまり不思議な踊りをおどってしまいました(実話)。MP吸い取られちゃうよ!
ともあれ、投票して頂いた方は本当に有り難うございました。

アクセス解析を見る限りでは、その後はいらっしゃっていないようですが。
2005年2月26日(土)
いよいよ明日が引越しです。もちろんまだまだ荷物整理は終わっていません。
そんな中向かったのはもちろん秋葉原
だって今日は土曜日だし。メイド曜日だし。

ということで、いつものようにひよこ家さんへ。
が、シャッター閉まってるし
帰ってから調べても、特に休みの告知はなかったんだけどなぁ。なんで?まさか避けられたか?

そして、これが今日のけちのつきはじめ。
その後しょうがないのでメイリッシュに移動。ココは今アジアンデーとかいうイベントをやっています。それはいいんですが、イベント限定メニューってなにあれ?あの内容であの値段はありえないだろ。ってチャーハンを頼んだのですが、フツーのチャーハンが1000円ですよ。びっくり。もっとなにか付いてくるものかと思ってた。思わず、えっ、これだけ?って小声で呟いたのはヒミツ。
そしてさらに、食後のミルクティーは出てこない。時間計っていればよかった。あまりに遅いので、ドリンクキャンセルして会計。会計時はWRさんが笑顔で「ドリンク出てませんでしたね☆」って。
お前は事態が飲み込めているのか?
そのあと行ったキュアでは行列ができるくらいの混雑の中、いつも通りの丁寧な接客だったので、余計に酷く感じたり。

そして夜。ぴなふぉあでの夕食後、ラムへ。なんだか特徴的なBGMが流れています。
「ぷるぷるぷる〜ぷりん〜ファミレス戦士〜プリン〜」
・・・この店は客をどうしたいんだ?
なんでも「ファミレス戦士プリン」weekらしく、上の歌がエンドレスで流れていました。まず、「ファミレス戦士プリン」の説明をしてくれ。

これに留まらず、次に行ったJAM。
最初にウォッカとマルガリータ(カクテル)をオーダーしたら、出てきたのはウォッカとマルガリータピザ
・・・・・注文した時に、ピザじゃなくてカクテルだって確認したよなぁ?
その後、ギムレットを挟んで、もう1度ウォッカをオーダー。出てきたのは前に注文したギムレット
注文に反応している分、放置プレイの某店よりは万倍マシだが。
それよりも、WRさんに半切れしている某WR(当日バーテン)を見ることが出来たので収穫。(ぉ

今日はその他にも、電車の中で意味不明のセンテンスを大声で妖精さんと喋っているお兄さんを目撃したり、ゲームセンターで怪しい行動をとるお姉さんを目撃したり、ゴミ収集車が秋葉原の中央通りにペットボトルを大量に落として行ったりと素敵な1日でした。

では、またもや文脈無視で今日のアロエたん。
5戦中決勝進出3回・1勝、2位1回、3位1回
通算成績:52戦中決勝進出30回・11勝、2位8回、3位5回、4位6回

今日は何とか勝てました。でもこの時は1回戦が非常に難しくて、確か29点位しか取れなかったんですよね。でも0点が6人もいるという低レベルな争いだったおかげで、この点数でも予選3位。0点合格の人っていうのを始めて生で見ました。
そんなことより、なによりもアロエたんの喜んでいる姿が見られてよかった。(病気)
2005年2月27日(日)
今日は引越しデーです。就職してからもう4回目の引越しです。多すぎ。

就職して以降は基本的にモノは増える一方です。
今住んでいるところに来てからの2年半の間にも、かなりのモノが増えました。

漫画とか、プラモとか、フィギュアとか。イタイってゆーな。

ちなみに、これ3つともこの2年半だけで増えたものです。つまり、この2年半で人としての階段を転がり落ちていたわけです。
もっとも、転がり落ちながらも、満面の笑みだったのは間違いないので、ワタクシ的には無問題です。

親の顔は見られなくなりましたが

とりあえず今日は、当面の生活に必要なものだけ荷をほどいたのですが、この部屋狭すぎ。
もう既にキャパぎりぎりになってしまいました。趣味関係のブツが全く出せないよ!
趣味のために仕方なく働いている身としては、これでは激しく本末転倒です。

なんとかしたいところですが、絶対的に空間が足りません。絶対的にモノが多いのではありませんよ?
かと言って、もっと広いところに引っ越すほどお給料貰っているわけでもないし。
空間の魔術師にでもビフォーアフターしてもらうか。空間がないんだってば。ってか賃借アパートだってば。

さて、こんな状態であっても当然聖地巡礼は行うわけでありまして、本日も文脈無視で今日のアロエたん。
7戦して、予選通過ゼロ
まーじーでー?
まーじーでー。
大魔道士だと、足切点が高いのかコンピューターがメンバーにいる時はこの無人キャラが勝ち残ることが多く、予選三回戦で勝ったのが無人キャラ4人ってことが2回ありました。決勝は人間同士でやらせてくれよ。
途中からは完全に戦意喪失。9回(1000円分)やるつもりだったのに7回で切り上げてしまいました。
通算成績:59戦中決勝進出30回11勝、2位8回、3位5回、4位6回。

そう言えば、今日ゲーマーズ前で佐藤裕美さんの店頭ライブをやっていて、初めて生ひろみんを見ましたよ!最後の曲しか聞けなかったけど、イメージと違って随分とかわいらしい人でした。
この人たしか、居酒屋で酔っ払ってテーブルの上を渡り歩いて年下にしか見えない店員さん説教された人じゃなかったっけ?あれ?違う?
2005年2月28日(月)
引越し作業の影響か、腰がめちゃくちゃ痛いです>挨拶

昨日、新居に引っ越してきたワケですが、当然まだネット接続環境は整っていません。そんなわけで、昔使っていたAirH"で接続しています。解約していなくてよかった。
が、おっせーーーーーっっっっっ!!!!!
こんなに遅かったっけ?よくこれで3年近くやっていたもんだ。
久しぶりにスーパーナローを経験してみると、ブロードバンドの偉大さが良く分かります。
とりあえず、1週間ほどはこの環境でやらないといけないらしい。耐えろ、オレ。

さて、部屋の整理やるか。
トップページへ