ここは「関東山車まつり寫眞館」の別館でございます
木造建築の匠
大弥の仕事

本館へもどる


つぎへすすむ


大弥の略歴
 ・本名は鈴木彌一(すずきやいち)。
 ・明治17年生まれ。
 ・千葉県成田市田町に居住。
 ・千葉県印旛郡酒々井町出身の大工であった父の影響で自身も大工となる。
 ・大工の彌一ということで、屋号を大彌(だいや)と称す。
 ・昭和35年没。
 ・家紋は「丸に片喰(カタバミ)」。
コンテンツの内容について
 鈴木彌一という人物は、管理人の祖父にあたります。
 典型的な門前町を形成している成田市の旧市街地(表参道周辺)には、古い木造建築物が
 多く現存しており、それらの建築や修繕が祖父の生業であったようです。

 しかし、管理人が生まれたときには、すでに祖父は他界しており、また実家にもまったく
 文献等の資料がありません。
 従って、このコンテンツを作成するにあたっての資料というのは・・・
 @管理人の母親からの聞き取り調査
 A行政機関への照会
 B行政機関の資料(主に千葉県教育委員会)
 C所有者の方への聞き取り調査
 ・・・などに基づいています。
 
 内容については現時点での管理人の調査に基づいており、今後の調査によっては、内容が
 変更になる場合があります。
 もし、成田市にお住まいの方、過去にお住まいになっていた方で、鈴木弥一本人や大弥の
 仕事をご存知の方は恐れ入りますが管理人にご連絡を下さいますようお願い申し上げます。
 特に、成田市の旧市街地(表参道周辺)で「ウチの家も大彌が建てた」という方がいらっ
 しゃいましたら、是非ご連絡を下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。

つぎへすすむ


本館へもどる


書状