ここで記載する「握り方〜投げ方」については、数あるスタンスの中から、私が実際に初心者に教えてきた組み合わせを取り上 げています。ダーツの楽しさは、「狙った的へとダーツが思い通りに刺さった時の気持ち良さ」ですので、「狙いが定めやすく、ス イングがぶれにくい、同じフォームを再現しやすい」という基準で選んできています。実際目の前で指導している訳ではないので 、なかなか伝わりにくい部分があるかもしれませんが、実写シーンを多く取り入れ、なるべく目で確認できる様にしてあります。
ダーツの基本その1
握り方(グリップ)
 ダーツのグリップは、一般的に「ツーフィンガー」「スリーフィンガー」「フォーフィンガー」の3種類といわれます。どのグリップを 選んでも、狙いどおりに投げやすければ問題はありません。
 しかし、これからダーツを始めようとする場合にお勧めするのは、「スリーフィンガー」グリップです。ダーツを投げた時、指が邪 魔をせずリリースの感覚がつかみやすいので、他のグリップよりも早くコントロール性が身につきやすいのです。まずは「スリー フィンガー」グリップで基本を叩き込んでから、他のグリップを試してみたほうが上達が早いでしょう。そのため、ここでは「スリー フィンガー」グリップについて説明をしていきます。
@.まず始めにダーツの重心を探す。
  これは、ハウスダーツ・マイダーツどちらの時もちゃんと探すこと。
A.ダーツの重心を親指と人差し指で右と左から軽く摘むように持つ。
  この時、指先ではなく指の腹の部分で摘む様にすること。
   (ダーツ重心部のやや後方を持っても良い)
B.中指をバレルの横、または上に軽く添える。
  鉛筆を持つ時のように中指がバレルの下へと入らないこと。
   (中指がバレルの下側へと添える癖をつけてしまうと、指を
    使って投げられる様になった時に中指でダーツを弾いて
     しまう恐れがあるので注意すること)
C.完成した「スリーフィンガー」グリップ。右図は実際に構えた時、目線に入る光景。
立ち方(スタンス)
 ダーツのスタンスは、一般的に「オープン(正面型)スタンス」「ミドル(中間型)スタンス」「クローズド(側面型)スタンス」 の3種類といわれます。どんなスタンスでも、自分が安定して投げられるものであれば問題はありません。
 プロや上級プレーヤーを見ても、「スタンダード(中間型)スタンス」「クローズド(側面型)スタンス」を選んでるプレーヤ ーがほとんどです。どちらが良いとするのかは人によって異なりますが、体の軸ブレが少なく安定したフォームが作りや すい「クローズド(側面型)スタンス」での練習を、初心者には勧めます。
(左)…オープンスタンス
(中)…ミドルスタンス
(右)…クローズドスタンス
構え方(フォーム)
 ダーツのフォームはスタンスによってある程度形が決まってきます。どんなフォームでも、基本となる「常に同じフォーム が再現しやすい」という事柄は変わりません。
 プロや上級プレーヤーをみると、とても独特なフォームでプレーする姿を目にしますが、あれは長い経験の中で「常に 同じフォームが再現しやすい」事を求めてたどり着いたフォームなのです。当然他の人がまねをしても、決してダーツが 安定するわけではありません。
 ここでは「同じフォームが再現しやすい・体の軸がブレにくい・ダーツが上手に見える(最重要)」という、クローズドスタン スからのフォームを説明します。
スローラインに立ち、ダーツボ ードの中心にからだの軸を合わ せる。(ボード左右のライトが 同じように見える所)
ダーツボードと直角に立ち、足 を肩幅に開く。利き足はスロー ライン最先端に合わせる。(左 側に壁がある場合、壁と正対す ると楽に位置がだせます)
右の腰へと体重が乗る様に上半身を右側へと移動し、顔をダーツ ボードへ向ける。左足は、ややカカトが上がり、軽いつま先立ち となる。(この時、肩のラインがダーツボードに対して直角を保 っていること)
ダーツを持った手(腕)をダーツボード方へと伸ばす。この時、 手の平がボードと正対するように。(体の真横に腕を伸ばすこと になるはずなので、ダーツボード・ダーツ・ヒジ・肩・目線が一 直線上になります)
手首の角度を保ったままで「ひ じ」を曲げ、腕がほぼ地面と垂 直の所で構える。この時ダーツ が自分の目線と目標(最初は20 トリプル)の中にいること。
構えた時の見え方。目標ターゲ ット(トリプル20)が、ダーツ の延長線上に見えること。
投げ方(スローイング)
 ダーツのスローイングで一番重要なことは「同じフォームが維持できる」ということです。私が教えるスローイング(フォー ムも同様)は、かなり姿勢が苦しくなります。本来は楽なフォームで投げた方が良いのですが、フォームの基本を知らない うちから楽な体勢で投げていると、フォームのずれに気が付きにくくなってしまいます。動作の一つ一つに基準を持たせ ることで、毎回同じチェックをすることができ、同じ投げ方を意識的に作ることができるようになります。
 ここで教えるのは、あくまでもダーツを始めたばかりの初心者用の投げ方ですので、どんどん上達していくにつれて「更 に楽に・更にスムーズに」を追い求めて自分だけのフォームを作り上げていってください。
 スローイングの基本的な構成は「アドレス」「テークバック」「リリース」「フォロースルー」から成り立っています。投げると 言っても、野球のボールを投げる時のように「力で投げる」のではなく、「一連の動作の中で『リリース』の瞬間に手を離す」 位の気持ちで投げてください。
効き目と目標のターゲット (トリプル20)を結んだ線上にダーツを構える。この時、ダ ーツの先は目標のターゲットに向いている。なお、この構え た位置がリリースポイントとなる。(目標ターゲット・ダー ツ・ヒジ・肩・効き目は、全て同一線上に揃える)
肘の位置が下がらないように注意しながら、肘を支点にして 効き目の方へとダーツを持ってくる。テークバックの終わり で動きを止めてしまうと、リリースへの動作が力技になって しまうので、テークバックとリリースは一連の動作にする。 (この時、腕でダーツを引こうとすると余計な力が入り肘が 下がってしまうので、人差し指が引っ張られるようなイメー ジでダーツを引いてくると良い)
始めに構えたリリースポイン トを意識しておき、ダーツが ポイントに来たら手を離す。 この時「力」で投げるのでは なく、タイミングで手を離す (投げる)こと。
フォロースルーはしっかりと 行う。人差し指で目標ターゲ ット(トリプル20)を指差す ようにすると良い。(このス タンスでは、ダーツを体の真 横に投げる感覚になる)
3本ともダーツボードに刺さ ればOK!最初のうちは行き先 は気にせず、確実にダーツボ ードへ3本刺せるように練習 すること。
One-Pointアドバイス
ダーツがボードに届かない・・・!!
  ☆ダーツマシンのモニターにダー
   ツを当ててみよう!(モニターに
   当たればダーツは絶対に届きま
   す!!)

フォロースルーがうまくとれない・・・
  ☆ダーツの投げ方は「紙飛行機」
   の飛ばし方に似ています。紙飛
   行機を丁寧に遠くへ飛ばしてみて
   ください。

スローイングがスムーズに出来ない・・・
  ☆イチ・ニィ・サンとリズムを取り、
   イチでアドレス、ニィでテークバッ
   ク、サンでリリースを一定のリズム
   で繰り返そう。
〜同じ投げ方を繰返すために〜
 このスタンスでのスローイングは、姿勢的にかなり苦しいと思います。苦しいということはそれだけ動作に対して制限があ るということですから、再現する事が容易なのです。動作を一つ一つ確認する癖を付けていく事で、今後自分に合った巣 スタンスを見つけた時にも、容易に再現するポイントを押さえられると思います。
 ダーツボードの向き・スローラインの位置は、お店によっても微妙に異なります。どんな場所で投げても、まず始めにダ ーツボードの中心を確認し、自分の構えるスローラインの位置を決める癖を付けてください。
〜フォームの確認ポイント〜
 @.立ち位置の確認・・・ダーツボードの中心を確認
 A・体と足の向きの確認・・・ダーツボードに対して肩のラインが直角である、足の位置がいつもと同じであることの確認
 B.アドレスの確認・・・ダーツが目標の的を狙っているか、ターゲットの見え方がいつもと同じかを確認
 C.スローイン時のリズムの確認・・・イチ・ニイ・サンのリズムがいつもと同じリズムであることを確認
 D.リリースの確認・・・リリースポイントを意識しながら投げているかを確認
 D.フォロースルーの確認・・・指先が目標ターゲットをちゃんと指しているか、ダーツの速度がいつもと同じ位であるか
                   を確認