家系の整理・魏函

魏箸硫般我が家の家紋
【目次】


クリック欄 トピック
【1】 書き出し。ファミリー・ヒストリーの流行
【2】 ほとんど読む価値無し(後日書き直し予定)
【3】 前半:読む価値無し。後半:少々本題に触れる。日本人?
【4】 鮖獲曚書いた『日本外史』と『日本政記』の触りを少々
【5】 出身地は魴鸞爾澄E時のインテリぶった連中のやりそうな事。
【6】 我が家の祖先、鱶濟溶此Π苗據覆蕕い泙鵑靴蹐Δょうへい)。
【7】 魏箸呂いつあるのか。メインは4つ。当初の家系。
【8】 鮖獲曚侶譴魄く系統が2つある理由。うちの家系との関係。
【9】 杏坪と山陽は叔父と甥の仲。二人に関する年譜の整理。
【10】 年齢の数え方:生まれて3日目にして2歳? 杏坪と春水一家。
【11】 杏坪と16歳の山陽、江戸へ出発。江戸での山陽。太陽族?
【12】 森鷗外も誤解? 諸説紛紛。学問をするために遊学したのだ。
【13】 江戸は穢土なり、江都に非ず。杏坪と山陽、1年で広島に帰る。
【14】 帰郷後の久太郎の「氣鬱病」について。その悩みとは・・・
【15】 ノイローゼ治療のための結婚? 結婚後の夜遊び、その意図は?
【16】 魏斑簔砲凌畔を逃れたい、出奔は計画的犯行か、咄嗟の衝動か
【17】 杏坪の解釈:出奔自体は「豪侠狂妄」、しかし「宿志」があった
【18】 久太郎脱藩と浅野侯と鑑古録という要素に接点がないか
【19】 幽室、廃嫡、離縁、その後の魏箸硫搬温柔と犠牲者
【20】 魄苗擇寮犬のち、久太郎が生まれるまでの大阪
【21】 老人コンビ杏坪・梅颸100日間の旅行日程、文政10年の意味。
【22】 山陽、杏坪・梅颸を奉じて桜満開の吉野山へ漫遊
【23】 杏坪・梅颸京都滞在の後半部分。紀行文は『十旬花月帖』となる。
【24】 文政12年、山陽、三次へ杏坪を訪ねる。天保3年、山陽の最期。
【余談1】 鮖獲曚鳩菱。坂上桐陰に宛てた山陽の手紙と言われるもの
【余談2】 森鴎外「伊沢蘭軒」再読後ノート(2005/2/23)
【余談2-2】 森鴎外「伊沢蘭軒」再読後ノート#2(2005/2/23)
【四奸二嬪】 頼三樹三郎と岩倉具視とは同じ文政8年の生まれだ(2006/3/3)
【読後】 見延典子著「頼山陽」上巻・下巻(2007/11/20)
【サービス】 壇ノ浦夜合戦記(「裏長屋」氏のHP)



Copyright (C) T. Yorigane 2000-2008 All rights reserved
Since2000/05/02

今日のジョーク 毎日更新 『Joke of the Day』

余興:MIDIソングライター 目次
酔興:駄螺坊短編集 目次

私のホームページへ メニューへ