ダマのPC工房





コンテンツ

PCパーツ

ノートPC

デスクトップPC

DOS/V関連

動画 & 家電


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

液晶パネル交換

2008/11/20



液晶パネルの取り外されていたジャンクXPS M1710用に Inspiron 9400 の
液晶パネル(フレーム付き)を購入してみたので液晶パネルを移殖してみました。


国内外ノートPC改造事情



 今回入手したのは DELL Inspiron 9400 の液晶ユニット(フレーム付き)です。
ジャンク扱いですけどドット抜け無しでフレーム付きで低価格でしたので購入してみました。

Inspiron 9400とXPS M1710の液晶パネルは相互に流用可能です。
ただし、全てのモデル(グレード)で液晶の流用が可能なのかは不明です。

配線やインバーターの互換性は不明ですので液晶ユニットの中身(インバーター、ケーブルなど)ごと移植することをお
勧めします。


液晶パネルの移植作業



 液晶フレームの分解方法を簡単に紹介したいと思います。

まずはネジの目隠しのゴム6箇所とプラスチックの板2枚を先の細いマイナスドライバーを使って取り除きます。再利用し
ないといけない物ですから丁寧に剥がしましょう。

ゴムを取り除いたら8本のネジを外します。その後はフレームを取り外すだけです。
しかしフレームには返しの爪が多いため爪を折らないように分解するのは大変です。
返しの爪は正面から 「 左、右、下、上 」 の順番で外していくと良いと思います。

今回は液晶パネルの無いXPS M1710のフレームがありましたから、それで返しの爪の位置や形状を把握できたので楽
でした。





返しの爪を折らないようにフレームを分解したら、液晶パネルを取り外します。
液晶パネルは側面(左右)に4箇所づつ。インバーターの左側に1箇所の合計9箇所ネジで固定されています。液晶パ
ネルを取り外したらあとはケーブルとインバーターごと移植して組み立て直せば完成です。

今回入手した Inspiron 9400 の液晶ユニットはフレーム付きでしたのでインバーターやフレキケーブルも付属していまし
た。液晶パネルのみ購入すると、別途インバーターやフレキケーブルなども必要になる場合もあるため注意が必要で
す。

今回は液晶パネルの無いXPS M1710のフレームに残っていた液晶パネル用のフレキケーブルは取り外して使用しませ
んでした。


ヒンジの緩み改善


プラスドライバーの先端の部分のネジを締めると改善します

 ノートPCの蓋は開閉を繰り返しているとヒンジが緩くなってしまうことがあります。17インチの大型の液晶パネルを搭載
している XPS M1710 ではヒンジへの負担も大きいはずです。

ジャンクXPS M1710(2)のヒンジがかなり緩くなっていてガタついていたので、分解してネジを締めなおしてみたところ
改善しました。

Inspiron 9400 と XPS M1710 の場合は、液晶フレームを分解してネジを締めなおすことで改善する場合もありますので
試してみるのも良いかと思います。