ダマのPC工房





コンテンツ

PCパーツ

ノートPC

デスクトップPC

DOS/V関連

動画 & 家電


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Intel CPUリスト

2004/06/21 (修正&追加 2011/12/04)



自作の時に、種類の多いCPUを選ぶ際に参考にしてもらえれば幸いです。
内容に関してはゲーム専用PC作成用ということを前提に作成してます。
リーク情報も含まれているため情報の正確性は保障していません。

リストの追記を行っていますが作業時間の都合で一部コメントが欠落している部分などあります。
見にくい状態となっておりますのでご了承くださいm(_ _)m

販売終了したCPU(Intel)

色分け
発売前
(公式又はリーク情報)
販売中
販売終了
(新品の在庫少数)

最新モデルのプロセス(プロセスルール)覧にコア/スレッド数(- C/- T)を追記しました。

Core i7 (32nm - Sandy Bridge-E)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
3960X Extreme Edition
(3.30 / TB 3.90GHz)
32nm
(6C/12T)
Sandy Bridge-E
LGA2011
5.0GHz
L2-256KB*6
 / L3-15MB
130W
3930K
(3.20 / TB 3.80GHz)
32nm
(6C/12T)
Sandy Bridge-E
LGA2011
5.0GHz
L2-256KB*6
 / L3-12MB
130W
3820
(3.60 / TB 3.90GHz)
32nm
(4C/8T)
Sandy Bridge-E
LGA2011
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-10MB
130W

SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
VT-d
TXT
AES
HTT
4.1/4.2

 LGA1366の後継となるLGA2011に対応するエンスージアスト向けCPU。
4chのDDR3-1600に対応するモンスターCPUです。2011年11月に解禁になりました。
最大8コアのサーバー向けのコアを利用している関係でSandy Bridgeとは異なりiGPUは非搭載となります。

●Core i7 3960X Extreme Edition
LGA1366のCore i7-990Xの後継モデルとしてリリースされたエンスージアスト向けCPU”Extreme Edition”。
値段は従来どうり10万円クラスですが、円高の影響か8万円台からの販売価格も見られます。

CPUコアは8基中6個が有効化。L3キャッシュはサーバー向けと同じくフルスペックの15MBです。
フルロード時の消費電力はCore i7-990Xと同等ですがアイドル時はCore i7-2600Kと同程度に抑えられているので最
上位モデルとしては扱いやすいCPUになっているようです。

●Core i7 3930K
LGA2011用CPUのミドルハイクラス向けのCPU。
L3キャッシュは12MBに抑えられていますが倍率ロックフリーのOC向けモデルです。

価格も5万円台と安いとは言えませんがCore i7-3960Xに比べるとお買い得感は高いです。


Core i7 (32nm - Sandy Bridge)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
2700K
(3.50 / TB 3.90GHz)
32nm
(4C/8T)
Sandy Bridge
/ HD 3000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
2600K
(3.40 / TB 3.80GHz)
32nm
(4C/8T)
Sandy Bridge
/ HD 3000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
2600
(3.40 / TB 3.80GHz)
32nm
(4C/8T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
2600S
(2.80 / TB 3.80GHz)
32nm
(4C/8T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
65W

SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
VT-d
TXT
AES
HTT
4.1/4.2

 LGA1156の後継となるLGA1155に対応するメインストリーム向けCPU。32nmを採用した4コアCPUです。

●Core i7 2700K
2010年にリリースされたi7-2600Kの上位モデル。
ステッピングは変更なし。クロックは100MHzの向上となっています。

●Core i7 2600K
2011年1月にリリースされたSandy Bridge世代の最上位モデル。
倍率変更に対応したKシリーズでありながらTDPは95Wに据え置きされています。

●Core i7 2600S
4C/8TながらもTDP 65Wの省電力モデル。
4コアへの負荷時は2.8GHzと低クロックですが1コアへの負荷ではTBで3.8GHzまで上昇します。


Core i5 (32nm - Sandy Bridge)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
2500K
(3.30 / TB 3.70GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 3000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
95W
2500
(3.30 / TB 3.70GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
95W
2500S
(2.70 / TB 3.30GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
65W
2500T
(2.30 / TB 3.30GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
45W
2405S
(2.50 / TB 3.30GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 3000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
65W
2400
(3.10 / TB 3.40GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
95W
2400S
(2.50 / TB 3.30GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
65W
2320
(3.00 / TB 3.30GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
95W
2310
(2.90 / TB 3.20GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
95W
2300
(2.80 / TB 3.10GHz)
32nm
(4C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*4
 / L3-6MB
95W
2390T
(2.70 / TB 3.50GHz)
32nm
(2C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
35W

SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
VT-d
TXT
AES
HTT
4.1/4.2

 LGA1156の後継となるLGA1155に対応するメインストリーム向けCPU。
2コアの2390T(2C/4T)以外は4コア(4C/4T)となっています。

●Core i5 2390T
Sandy Bridge世代のCore i5のなかで唯一の2コアモデル。HTTに対応し2C/4Tとなっています。
TDP 35Wの省電力モデルでバルクのみでの販売となっているようです。


Core i3 (32nm - Sandy Bridge)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
2130
(3.40 / TB - GHz)
32nm
(2C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
65W
2125
(3.30 / TB - GHz)
32nm
(2C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 3000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
65W
2120
(3.30 / TB - GHz)
32nm
(2C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
65W
2105
(3.10 / TB - GHz)
32nm
(2C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 3000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
65W
2100
(3.10 / TB - GHz)
32nm
(2C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
65W
2120T
(2.60 / TB - GHz)
32nm
(2C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
35W
2100T
(2.50 / TB - GHz)
32nm
(2C/4T)
Sandy Bridge
/ HD 2000
LGA1155
5.0GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
35W

SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
VT-d
TXT
AES
HTT
4.1/4.2

 LGA1156の後継となるLGA1155に対応するローエンドCPU。
TB非対応のためZ68チップセットと組み合わせてもライトOC不可能です。


Core i7 (32nm - Westmere-EP)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
990X Extreme Edition
(3.46 / TB 3.73GHz)
32nm
(6C/12T)
Gulftown
LGA1366
?GHz
L2-256KB*6
 / L3-12MB
130W
980X Extreme Edition
(3.33 / TB 3.60GHz)
32nm
(6C/12T)
Gulftown
LGA1366
?GHz
L2-256KB*6
 / L3-12MB
130W
980
(3.33 / TB 3.60GHz)
32nm
(6C/12T)
Gulftown
LGA1366
?GHz
L2-256KB*6
 / L3-12MB
130W
970
(3.20 / TB 3.46GHz)
32nm
(6C/12T)
Gulftown
LGA1366
?GHz
L2-256KB*6
 / L3-12MB
130W

SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
VT-d
TXT
AES
HTT
4.1/4.2

 2010年3月に登場すると言われている INTEL の Westmere-EP 世代の時期ハイエンドCPU。
6論理コア+HTTで擬似12コアになります。チップセットはX58と組み合わせるようです。

●Core i7 980X Extreme Edition
当初Core i9としてリリースされるのではないかと言われていた32nmプロセスの6コアCPU。
HTTを実装し12スレッド同時実行を可能としています。

6コアCPUのためOC耐性については空冷限界は4.0〜4.4GHz前後です。

●Core i7 970
6コアCPUの下位モデルとして投入された32nmプロセスの新製品。2010/07/18に解禁されました。


Xeon 5500 (45nm,LGA1366)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
W5590
 (3.33GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
3.2GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W
W5580
 (3.20GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
3.2GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W
X5570
(2.93GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
3.2GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
X5560
(2.8GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
3.2GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
X5550
(2.66GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
3.2GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
E5540
(2.53GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.93GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
80W
E5530
(2.40GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.93GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
80W
E5520
(2.26GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.93GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
80W
L5520
(2.26GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.93GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
60W

MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-d
TXT
HTT
4.1/4.2

 2Wayに対応する「Nehalem-EP」(ネヘイレムEP)のXeonシリーズ。
2CPU構成では夢の16スレッド(8C/16T)を実現可能ですがお値段は高めです。

メモリのリンク速度はWとXシリーズはDDR3-1333、EシリーズはDDR-1066に対応。
ECC無しのUnbufferedタイプ(容量制限あり)を利用可能です。

Xeon 5500シリーズはCore i7用X58チップ搭載マザーボードでもシングルで動作可能とのことです。
そのためCPUリストに追加しました。

特徴として Core i7 と同クロックでもTDPが低く QPI のリンク速度が高速なモデルもあるため X58 マザーボードでシン
グル動作させている方もいるようです。(実際のXeonシリーズへのマザーボードの対応状況などはネット情報を参考に
してください。)

ヒートシンクは付属しないのでXeon 5500またはLGA1366用のクーラーを購入する必要があります。

●Xeon X5570、X5560、X5550
TB動作で最大+400MHzもクロックが上昇するようです。(他のモデルは+266MHz)

□PC Watch - 「Nehalem-EP」採用のXeon発売、CPU2個で16スレッド。60Wの低消費電力版も

□PConline - TDP60WのXeonを検証、Core i7より消費電力が大幅減


Xeon 5500 (45nm,LGA1366)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
E5506
(2.13GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
80W
L5506
(2.13GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
60W
E5504
(2.00GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
80W
E5502
(1.86GHz,D0?)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
80W

MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-d
TXT
HTT
4.1/4.2
X
-

 2Wayに対応する、「Nehalem-EP」(ネヘイレムEP)のXeonシリーズ。
下位モデルのためTurbo BoostとHTTに非対応。そのため2CPU構成でも8スレッドとなります。(E5502除く)

メモリのリンク速度にも制限がありDDR3-800までの対応となります。
ECC無しのUnbufferedタイプ(容量制限あり)を利用可能です。

Xeon 5500シリーズはCore i7用X58チップ搭載マザーボードでもシングルで動作可能とのことです。
そのためCPUリストに追加しました。
(実際のXeonシリーズへのマザーボードの対応状況などはネット情報を参考にしてください。)

ヒートシンクは付属しないのでXeon 5500またはLGA1366用のクーラーを購入する必要があります。

●Xeon E5502
ローエンドモデルで2コアとなっています。そのため2CPU構成でも4スレッドとなります。
Nehalemで2コアという珍しい製品です。

□PC Watch - 「Nehalem-EP」採用のXeon発売、CPU2個で16スレッド。60Wの低消費電力版も

□PConline - TDP60WのXeonを検証、Core i7より消費電力が大幅減


Xeon 3400 (Lynnfield,45nm,LGA1156)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
X3470
(2.93 / TB ?GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
X3460
(2.80 / TB ?GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
X3450
(2.66 / TB ?GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
X3430
(2.53/ TB ?GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
L3426
 (1.86 / TB 3.20GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
45W

Xeon E3430 以外 
MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-d
TXT
HTT
4.1/4.2

Xeon E3430
MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-d
TXT
HTT
4.1/4.2
-

 新たに投入されたLynnfieldコア採用Xeon 3400シリーズ。i3400/3420チップセットと組み合わされるようです。
サーバ向けCPUですが一部のP55マザーボードでも動作可能ということでリストに掲載しています。

●Xeon L3426
実クロック1.86GHzのローエンドモデルですがシングルスレッド性能はTBで3.20GHz動作で補うようです。
「 8スレッド同時実行可能なTDP45WのCPU 」 ということで注目を集めそうです。

注意:Xeon 3400シリーズのP55マザーボードでの使用は保障外のため自己責任で挑戦してください。

□PC Watch - 「Nehalem-EP」採用のXeon発売、CPU2個で16スレッド。60Wの低消費電力版も


Core i7 (45nm,LGA1366)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
Extreme 975
 (3.33GHz,D0)
45nm
Bloomfield
LGA1366
3.2GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W
Extreme 965
 (3.20GHz,C0)
45nm
Bloomfield
LGA1366
3.2GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W
960
(3.20GHz,D0)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W
950
(3.06GHz,D0)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W
940
(2.93GHz,C0)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W
930
(2.80GHz,D0)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W
920
(2.66GHz,D0)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W
920
(2.66GHz,C0)
45nm
Bloomfield
LGA1366
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
130W

MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
TXT
HTT
4.1/4.2
X

 INTELの次世代CPU 「 Nehalem 」 のブランド名は 「 Core i7 」 に決定しました。
ハイエンドモデルのためTDPは全モデルとも130Wとなっています。

●Core i7-975 Extreme Edition & Core i7-950
Core i7シリーズの新製品。コアはD0ステップという噂です。
Intel Core i7-940、965 Extreme Edition製造中止に伴い6月3日に解禁となりました。

□4Gamer.net - 「Core i7-975 Extreme Edition」レビュー掲載。
  D0ステッピングと3.33GHz動作の意義を確認する

●Core i7-965 Extreme Edition
Extreme Editionのためオーバークロックプロテクトが解除されています。
その為 Turbo Boost Technology での上方向への倍率変更に対応。

Coer i7-965 の Turbo Boost Technology の設定は特殊で最大倍率を自由に変更可能ですが初期設定では1コアが
最大26倍(3.46GHz)、残りの3コアは25倍(3.33GHz)になっています。

ハイエンド向け製品となる Core i7-965 Extreme Edition の QPI は3.2GHzとなっています。
下位モデルとはQPIで性能差をつけているようです。

□PC Watch - いよいよ登場するNehalemこと「Core i7」シリーズ

●Core i7-960
Core i7-950に代わる製品として10月19日にリリースされる予定と言われていたCPU。
OEM向けの販売のみとなっていたのですが2010/02/27よりリテールの販売も開始されました。

□PC Watch - 1366版Core i7の新モデルが発売、上位の960と2万円後半の930

□PC Watch - マウス、Core i7-960を搭載したゲーミングPC

●Core i7-930
Core i7-920に代わる製品として10月19日にリリースされる予定と言われていたCPU。

2010/02/27よりリテールの販売も開始されました。

●Core i7-920
最下位モデルですが価格設定は意欲的で3万円とかなり安いです。
クロック差のわずかな Core i7-940 よりコストパフォーマンス的にも良いと思います。

Turbo Boost時の倍率は21倍。QPI は2.4GHzに制限されています。
OC耐性が高いと噂のD0ステッピング版の販売が開始されました。

□PC online - Core i7は最下位モデルでもCore 2の最上位をしのぐ

●Turbo Boost Technology とは?
TDPに余裕のある場合などに1コアまたは複数のコアのCPU倍率を上げて実クロックを向上させて処理能力を高める技
術。

上位の Extreme Edition では Turbo Boost Technology の設定を変更可能となっています。
Extreme Edition 以外のCPUは4コア中1コアのみ倍率が上昇するようです。

Intel は Turbo Boost Technology の仕様の詳細は公開していない(公開しない)ようです。そのため、CPUのロットやリ
ビジョンの違いにより倍率や変化するコア数などの設定を変更する可能性もあるとのことです。


Core i7 & i5 (Lynnfield,45nm,LGA1156)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
Core i7 880
 (3.06 / TB 3.73GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
Core i7 875k
 (2.93 / TB 3.60GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
Core i7 870
 (2.93 / TB 3.60GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
Core i7 860
(2.80 / TB 3.46GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
Core i7 870s
 (2.66 / TB 3.33GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
82W
Core i7 860s
 (2.53 / TB 3.20GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
82W
Core i5 760
 (2.83 / TB 3.33GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
Core i5 750
 (2.66 / TB 3.20GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
95W
Core i5 750s
 (2.40 / TB 2.93GHz)
45nm
Lynnfield
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-8MB
82W

Core i7 (Lynnfield)
MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-d/x
TXT
HTT
4.1/4.2

Core i5 (Lynnfield)
MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
TXT
HTT
4.1/4.2
X
X

 9月8日に登場した INTEL の次世代CPU 「 Lynnfield 」 のメインストリーム向けブランド。
グレードにより Core i7 と Core i5 を使い分けるという非常に複雑な仕様となっています。
メモリのチャンネルは2チャンネルまでと制限されているようです。

●Core i7 875k
CPU倍率ロックが解除されていオーバークロッカー向けのCPU。
CPUクーラーは別売りとなっていますので注意が必要です。

値段も価格改定を踏まえて安めとなっているので新規でLGA1156環境を構築するならお勧めのCPUです。
OC耐性については既存の製品と同等のためぶっかけなどに使用しないなら倍率ロックフリーはあまり役に立たないか
もとの事です。

●Core i7 870
Lynnfieldコアの上位モデル。
Turbo Boost Technology のクロックは3.60GHzとかなり高めに設定されているようです。
十分高クロックですからこれならOCしなくても定格動作でよさそうです。

●Core i5 750
Lynnfieldコアの下位モデル。HTTやVT-dなどの一部機能が制限されるとのこと。
Turbo Boost Technology のクロックは3.20GHzと高めに設定されているようです。

AnandTechに先行プレビューが掲載されています。

□AnandTech - The Lynnfield Preview: Rumblings of Revenge

●Core i7 860s & Core i5 750s
TDPを82Wと抑えた低消費電力バージョンも後から登場するようです。
しかしクロックが若干低く抑えられているので微妙かもしれません。

●Lynnfieldコアの Core i7 & i5 の Turbo Boost Technology
TDPに余裕のある場合などに1コアまたは複数のコアのCPU倍率を上げて実クロックを向上させて処理能力を高める技
術。基本的には Core i7 シリーズと同じです。

Core i7 (Bloomfield)シリーズとの違いですがTDPに余裕のある場合は 4コア中2コアの倍率は設定されている最大値
まで上昇し、その他の2コアも倍率が少し上がるようです。

□PC Watch - 見えてきたIntelの新しいプロセッサブランド戦略


Core i5 & i3 (Clarkdale,2コア,LGA1156)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
Core i5 680
 (3.60 / TB 3.86GHz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
73W
Core i5 670
 (3.46 / TB 3.73GHz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
73W
Core i5 661
(3.33 / TB 3.60GHz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
87W
Core i5 660
(3.33 / TB 3.60GHz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
73W
Core i5 655k
 (3.20 / TB 3.46GHz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
73W
Core i5 650
 (3.20 / TB 3.46GHz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
73W
Core i3 560
 (3.33 / TB - Hz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
73W
Core i3 550
 (3.20 / TB - Hz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
73W
Core i3 540
 (3.06 / TB - Hz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
73W
Core i3 530
 (2.93 / TB - Hz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*4
 / L3-4MB
73W

Core i5 (Clarkdal)
MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-d/x
TXT
HTT
4.1/4.2

Core i3 (Clarkdal)
MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
TXT
HTT
4.1/4.2
X

 GPUを統合した初のCPUコア「Clarkdale」を採用するLGA1156用のローエンドモデル。
グレードにより Core i5 と Core i3 を使い分けるという非常に複雑な仕様となっています。
GPUクロックは733MHzで一部上位モデルとして 900MHz(TDP87W)の製品も投入されるようです。

●Core i5 661
Core i5 660のGPUコアクロックを引き上げた試験的なモデルです。
IntelのGPUコアの性能はいまいちなのでTDP増加分の恩恵は無いようです。

実売価格はCore i5 660とほとんど変わりません。

●Core i5 655k
CPU倍率ロックが解除されていオーバークロッカー向けのCPU。
CPUクーラーは別売りとなっていますので注意が必要です。

値段も価格改定を踏まえて安めとなっているので新規でLGA1156環境を構築するならお勧めのCPUです。
OC耐性の高いClarkdaleコアなので倍率ロックフリーでかなり遊べそうなので注目度高いです。

●Core i5 660
売れ筋と思われる中堅モデル。

実売価格は約19,800円と若干割高感はありますが2万円を割る価格となっています。

□PC Watch - CPU+GPUを統合したClarkdaleこと「Core i5-661」


Pentium (Clarkdale,2コア,LGA1156)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
G6952
(2.80 / TB - Hz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*2
 / L3-4MB
73W
G6951
(2.80 / TB - Hz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
73W
G6950
(2.80 / TB - Hz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*2
 / L3-3MB
73W

Pentium G6952 (詳細不明)
MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
TXT
HTT
X
X

Pentium G6950 & Pentium G6951 (詳細不明)
MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
TXT
HTT
X
X
X

 Clarkdaleコアを採用するもHTとTBに非対応となる廉価モデル。
GPUクロックは533MHz、メモリクロックは1,066MHz までに制限されています。

●Pentium G6952
Pentium G6951をアップグレードしたときのCPUで名称が変わるそうです。製品としては存在しませんがHTTの有効化
とL3伽キャッシュの増量からスペック的にはCore i3-520といったところでしょうか。

●Pentium G6951
Intel Upgrade Serviceを利用して追加料金を払いソフトウェアとPIMコードを入手するとCPUの性能をアップグレードする
ことが可能という異色のCPU。現在はOEM向けの製品ということで組み込み向けへの販売のみとのことです。

基本スペックはPentium G6950と同等でGPUクロックが高いようです。

●Pentium G6950
Core i3シリースからさらにHTT/SSE4をディスエーブルされた最下位モデル。
OC耐性は高いという噂ですので限界値を探るのには丁度良いかもしれません。

実売価格は約9,000円とマザーボードと合わせて約2万円で購入できる計算です。

32nmプロセスのClarkdaleコアを採用した「Intel Pentium G6950」のレビューです。

□PC Watch - 見えてきたIntelの新しいプロセッサブランド戦略


Celeron (Clarkdale,2コア,LGA1156)

CPU
プロセス
コア名称
Package
QPI
キャッシュ容量
TDP
G1101
(2.26 / TB - Hz)
32nm
Clarkdale
LGA1156
2.4GHz
L2-256KB*2
 / L3-2MB
73W

MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
TXT
HTT
X
X
X

 Clarkdaleコアを採用するもHTとTBに非対応となる廉価モデルがCeleronブランドとして販売開始されました。
ロードマップにないオフロードマップ製品(組み込み向け)としてサーバなどに搭載されています。

●Celeron G1101
GPUクロックは533MHz、メモリクロックは1,066MHz までに制限されるとのことです。 
単体での販売は確認されていません。NECなどの廉価サーバでの採用が確認されています。

単体で5000円以下で販売されると面白そうなCPUになりそうなので残念です。

□PC Watch - 「神様」がi7-980XとSSDを解説、「もっと他社がんばれ」とエール


Atom (Cedarview,45nm)

CPU
プロセス
コア名称
Package
FSB
キャッシュ容量
TDP
D2700(2.13GHz)
45nm
(2C/4T)
Cedarview-D
BGA559
667MHz
L2-512KBx2
10W
D2500(1.86GHz)
45nm
(2C/4T)
Cedarview-D
BGA559
667MHz
L2-512KBx2
10W
N2800 (1.86GHz)
45nm
(2C/4T)
Cedarview-M
BGA559
667MHz
L2-512KBx2
6.5W
 N2600 (1.60GHz)
45nm
(2C/4T)
Cedarview-M
BGA559
667MHz
L2-512KBx2
6.5W

SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
VT-d
TXT
HTT
-
-
-
-

動画支援機能と消費電力面を強化した改良版Atom。
メモリはDDR3-1066へ対応。モバイル向けも含めて全モデルが2コアとなっています。


Atom (Pineview,45nm)

CPU
プロセス
コア名称
Package
FSB
キャッシュ容量
TDP
D525
(1.80GHz/DDR3-667)
45nm
(2C/4T)
Pine Trail-D
BGA437
667MHz
L2-512KBx2
13W
D510
(1.66GHz/DDR2-667)
45nm
(2C/4T)
Pine Trail-D
BGA437
667MHz
L2-512KBx2
13W
 D425
(1.80GHz/DDR3-667)
45nm
(1C/2T)
Pine Trail-D
BGA437
667MHz
L2-512KB
10W
 D410
(1.66GHz/DDR2-667)
45nm
(1C/2T)
Pine Trail-D
BGA437
667MHz
L2-512KB
10W
N475
(1.83GHz/DDR3-667)
45nm
Pine Trail-M
BGA437
667MHz
L2-512KB
6.5W
N470
(1.83GHz/DDR2-667)
45nm
Pine Trail-M
BGA437
667MHz
L2-512KB
6.5W
N455
(1.66GHz/DDR3-667)
45nm
Pine Trail-M
BGA437
667MHz
L2-512KB
6.5W
N450
(1.66GHz/DDR2-667)
45nm
Pine Trail-M
BGA437
667MHz
L2-512KB
5.5W

SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
VT-d
TXT
HTT
-
-
-
-

2010年1月3日に登場すると言われているAtomのGPUコア内蔵モデル。
CPUコアはSingle-CoreでHyperThreading technologyを搭載するのは旧製品と同じ。
製造プロセスも45nmと据え置きのため大幅な性能向上は無いようです。

●Atom D510
Atom 330の後継モデル。デュアルコアでHTTに対応し4スレッド同時実行可能です。
TDPは13WですがGPUを内臓しているのでプラットフォーム全体としては旧製品と同程度の消費電力です。

●Atom D410
Atom 230の後継モデル。シングルコアでHTTに対応し2スレッド同時実行可能です。


Atom (45nm)

CPU
プロセス
コア名称
Package
FSB
キャッシュ容量
TDP
330 (1.60GHzx2)
45nm
Diamondville
BGA437
533MHz
L2-512KBx2
8W
230 (1.60GHz)
45nm
Diamondville
BGA437
533MHz
L2-512KB
4W
N280 (1.60GHz)
45nm
Silverhorne
BGA437
533MHz
L2-512KB
2.5W
N270 (1.60GHz)
45nm
Silverhorne
BGA437
533MHz
L2-512KB
2.5W
N550 (2.00GHz)
45nm
Silverhorne
BGA437
533MHz
L2-512KB
2.4W
N540 (1.86GHz)
45nm
Silverhorne
BGA437
533MHz
L2-512KB
2.4W
N530 (1.60GHz)
45nm
Silverhorne
BGA437
533MHz
L2-512KB
2W
N520 (1.33GHz)
45nm
Silverhorne
BGA437
533MHz
L2-512KB
2W
N515 (1.20GHz)
45nm
Silverhorne
BGA437
400MHz
L2-512KB
1.4W
N510 (1.10GHz)
45nm
Silverhorne
BGA437
400MHz
L2-512KB
2W
N500 (800MHz)
45nm
Silverhorne
BGA437
400MHz
L2-512KB
0.65W

SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT-x
VT-d
TXT
HTT
-
-
-
-

 UMPCなどの組み込み向けに開発された低消費電力のCPU。
モバイルインターネットデバイスは Silverthorne。ネットブック・ネットトップ Diamondville です。
グレードによりHTとVTには対応と非対応のモデルがあります。

●Atom 330
Atomシリーズの上位モデルとなるデュアルコア版。
TDPは単純に230の2倍の8Wとなりますが4スレッド同時実行可能と性能はなかなかです。
個人的にはネットトップとして使用するならこちらのモデルをお勧めします。

Atom 230 と同様に 945GCチップセット との組み合わせで利用されています。

●Atom 230
現在もっとも採用例の多い Atom CPU です。
人気のAtom搭載Mini-ITXマザーボード D945GCLF などにも搭載されています。
残念なことにEISTは off にされているようです。消費電力はN270より多く4Wです。

多くの製品で 945GCチップセット との組み合わせで利用されています。

●Atom N270/N280
ネットブックに採用例の多いモデル。EM64TとVTには非対応です。
消費電力は 2.5W と Atom 230 より低くなっているところがポイントです。


Core 2 Quad (45nm)

CPU
プロセス
コア名称
Package
FSB
キャッシュ容量
TDP
Q9550s (2.83GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-6M*2
65W
Q9400s (2.66GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-3M*2
65W
Q8400s (2.66GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-2M*2
65W
Q8200s (2.33GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-2M*2
65W

 待望の低電圧TDP 65W版 Core 2 Quad シリーズが発表されました。
通常版(95W)より50ドルほど上乗せされたプレミア価格で販売されるようです。

●Core 2 Quad Q9550e
65W版(低消費電力版)では最上位モデル。
値段は高いですが消費電力はデュアルコア並ということで注目を集めています。

●Core 2 Quad Q8200s
通常版のQ8200と消費電力はほとんど変わらないそうです。
購入するなら通常版で十分との事ですのでネットで情報収集することをお勧めします。


Core 2 Quad (45nm)

CPU
プロセス
コア名称
Package
FSB
キャッシュ容量
TDP
Q9650 (3.00GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-6M*2
95W
Q9550 (2.83GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-6M*2
95W
Q9505 (2.83GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-3M*2
95W
Q9500 (2.83GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-3M*2
95W
Q9450 (2.66GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-6M*2
95W
Q9400 (2.66GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-3M*2
95W
Q9300 (2.50GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-3M*2
95W
Q8400 (2.66GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-2M*2
95W
Q8300 (2.50GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-2M*2
95W
Q8200 (2.33GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
1333MHz
L2-2M*2
95W
Q7600 (2.70GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
800MHz
L2-1M*2
65W
Q7500 (2.60GHz)
45nm
Yorkfield
LGA775
800MHz
L2-1M*2
65W

MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT
TXT
HTT
4.1
-

 Penrynコアとも呼ばれる45nmプロセスのYorkfield(ヨークフィールド)コア採用のクアッドコア・モデル。待望の製品と
言えます。発売当初は品不足から販売個数は少なくプレミア価格での販売となるほど人気がありました。
ステッピングはノイズ対策済みと言われているC-1で販売されるようです。

●Core 2 Quad Q9650
新たに追加された最上位モデル。
Core 2 Quad Q9650の価格はCore 2 Extreme QX9650の約半分とお買い得感も高いです。
倍率は9倍ですからOCユーザーに人気が出そうです。

●Core 2 Quad Q9505
新たに追加される予定の上位モデル。
Q9x00シリーズ同様、L2はフルスペックの半分の3MBx2に制限されています。

Q5505 は8/31に販売開始されるそうです。予価は約23,000円。

●Core 2 Quad Q9500
新たに追加される予定の上位モデル。
Q9x00シリーズ同様、L2はフルスペックの半分の3MBx2に制限されています。
Q9505との違いはVTやTXTに非対応になるのではないかと言われています。

●Core 2 Quad Q9400
新たに低価格モデルとして追加されたバリューモデル。
L2-6MB(3Mx2)に制限されていてますが低価格なのが魅力。

●Core 2 Quad Q8400
新たに低価格モデルとして発売開始された Q8x00シリーズ の上位モデル。
L2-4MB(2Mx2)に制限されていてますが上位モデルの Q9400 と同クロックです。

●Core 2 Quad Q8200
L2キャッシュを4MB(2Mx2)に制限したバリューモデル。
CPU倍率は7倍と低いためOCには向かないようです。
VT(Virtualization Technology)は非サポートとなっているようです。
小型のパッケージを採用しているのでコアのステッピングが気になります。

●Core 2 Quad Q7600 & Q7500
AMD ATIのAM3向けバリューモデルに対抗して投入されるというCPU。
Q7500やQ7600というグレードが噂されていてQ7600は正規品のヒートスプレッダの写真が公開されているそうです。

価格はQ8200を13ドルほど下回るようですのでIntelのクアッドコアCPUも15,000円程度で購入できるようになるかもしれ
ません。


Core 2 Duo (45nm)

CPU
プロセス
コア名称
Package
FSB
キャッシュ容量
TDP
E8700 (3.50GHz)
45nm
Wolfdale
LGA775
1333MHz
L2-6M
65W
E8600 (3.33GHz)
45nm
Wolfdale
LGA775
1333MHz
L2-6M
65W
E8500 (3.16GHz)
45nm
Wolfdale
LGA775
1333MHz
L2-6M
65W
E8400 (3.00GHz)
45nm
Wolfdale
LGA775
1333MHz
L2-6M
65W
E8300 (2.83GHz)
45nm
Wolfdale
LGA775
1333MHz
L2-6M
65W
E8200 (2.66GHz)
45nm
Wolfdale
LGA775
1333MHz
L2-6M
65W
E8190 (2.66GHz)
45nm
Wolfdale
LGA775
1333MHz
L2-6M
65W
E7600 (3.06GHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-3M
65W
E7500 (2.93GHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-3M
65W
E7400 (2.80GHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-3M
65W
E7300 (2.66GHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-3M
65W
E7200 (2.53GHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-3M
65W

MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT
TXT
HTT
4.1
-

E8190/E7x00シリーズ
MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT
TXT
HTT
4.1
-
-
-

Penrynコアとも呼ばれる45nmプロセスのCore 2シリーズのデュアルコア・モデル。
OC耐性が非常に高く空冷で4GHz越えも楽々だそうです。
発熱もかなり少なくなっていて付属するヒートシンクは小型に変更されています。

●Core 2 Duo E8000シリーズ
45nm採用のメインストリーム向けCPU。現在はE-0ステッピングへ移行が開始されています。
E-0ステッピングの利用にはマザーボードのBIOSの対応が必要になるので注意が必要。

●Core 2 Duo E8190
E8190は組込、OEMメーカー向けのため一般ユーザーが入手できる機会は少ないようです。
バリューモデルのためVTとTXTには非対応となっています。

●Core 2 Duo E7500
Core 2 Quad の価格改定と共に追加されたニューモデル。
登場の遅れと Core 2 Quad の低価格化で微妙な存在となってしまいました。

●Core 2 Duo E7000シリーズ
45nm採用のバリューモデル。L2は半分の3MBに、FSBは1066MHzとなっているようです。
バリューモデルのためVTとTXTには非対応となっています。
販売の開始されたE7200のOC耐性は上位モデルよりもやや低く、3.8GHz動作にもVコアの昇圧が必要です。それでも
コストパフォーマンスは高いと言えます。

コアはE7200、E7300ともに製品版ではL2削減版と言われているM0となっているようです。
現在はCPUの上位モデルの価格改定が入り価格性能比は微妙になってしまいました。

10月には上位モデルとして2.8GHz動作のE7400が投入される予定だそうです。


Pentium Dual-Core (45nm)

CPU
プロセス
コア名称
Package
FSB
キャッシュ容量
TDP
E6800 (3.33MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-2MB
65W
E6700 (3.20MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-2MB
65W
E6600 (3.06MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-2MB
65W
E6500K (2.93MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-2MB
65W
E6500 (2.93MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-2MB
65W
E6300 (2.80MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
1066MHz
L2-2MB
65W
E5800 (3.20MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-2MB
65W
E5700 (3.00MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-2MB
65W
E5500 (2.80MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-2MB
65W
E5400 (2.70MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-2MB
65W
E5300 (2.60MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-2MB
65W
E5200 (2.50MHz)
(S-Spec:SLB9T)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-2MB
65W
E5200 (2.50MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-2MB
65W

MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT
TXT
HTT
-
-
-
E6000シリーズ

MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT
TXT
HTT
-
-
-
-
E5000シリーズ

Coreマイクロアーキテクチャを採用するPentiumブランドのCPU。
NetBurstマイクロアーキテクチャ敗北の象徴ともいえるCPUです。
45nm化でL2キャッシュは2MBへと増量されています。

●Pentium Dual-Core E6700
2010年に登場すると噂されているCPU。
海外でスクリーンショットが公開されていますがモデルナンバーから推測するにE6700なら普通は12倍の3.20GHzにな
ると思いますのでフェイクかなと思います。最新のスケジュール情報ではやはり3.20GHzとの情報のため修正しました。

●Pentium Dual-Core E6600
2010年1月の登場する予定のCPU。Pentium Dual-Coreも遂に3GHz台に到達です。
NorthwoodコアのPentium 4 3.06GHzを髣髴とさせるスペックとなっています。
以前、HTTを試してみたくてPentium 4 3.06GHzを購入したので懐かしいです。爆熱なCPUでした(^-^;

●Pentium Dual-Core E6500K
CPUの倍率ロックが解除されている中国市場限定モデル。
その他の仕様はE6500と同等です。

□PC Watch - Intel Pentium Dual-Core E6500Kの概要

●Pentium Dual-Core E6500
FSBが800MHzから1,066MHzへ高速化されたE6000シリーズの新製品。
実クロックは2.93GHzとなっています。

□PC Watch - Pentium Dual-Coreの最上位「E6500」が登場、新パッケージ採用

●Pentium Dual-Core E6300
FSBが800MHzから1,066MHzへ高速化された新製品。
L2キャッシュ以外のスペックは Core2 Duo E7000 シリーズと同等のようです。

動画変換などに効果のある SSE4 はE7000シリーズとの差別化のため無効化されています。

CPUの倍率はFSBクロックの向上にともない10.5倍となっています。
FSB1333MHz化で 約3.50GHz とライトOCにも向いてそうです。
10倍固定&FSB400MHz化で4.0GHzで常用されている方も多いようです。
(注意:Pentium Dual-Core E6300のOC耐性を保障するものではありません)

実クロック2.8GHzで実売価格は約9,00円と低価格のためコストパフォーマンスは高そうです。

□PC Watch - Pentium Dual-Coreの最上位「E6300」が発売 FSBが1,066MHzに向上

●Pentium Dual-Core E5500
フェードアウトしたFSB800MHz対応品としてリリースされたようです。

初売り価格は割高となっているようです。

●Pentium Dual-Core E5200
45nm化で新しくなった Pentium Dual-Core シリーズです。
上位モデルのE7200とクロック差なども少ないため SSE4 は Ddisable(無効) と機能制限されているようです。SEE4に対
応するDivXエンコードなどでかなり差が出るので残念です。

12.5倍という高い倍率からお手軽OC用CPUとして人気がでそうです。
小型のパッケージを採用しているのでコアのステッピングが気になります。
実売価格は1万円前後と予想されています。上記の対応アーキテクチャも予想となります。
E8400とE8500が2万円前後と低価格になったので、実売価格1.5万円のE7200やE7300では微妙な値段ですから、
E5200はお買い得感の高いCPUとなりそうです。

2009年4月25日から販売開始された新ステッピングモデル(S-Spec:SLB9T)を使用する場合、マザーボードのBIOSの
アップデートが必要になるようです。(下記の記事参照)

□PC Watch - Pentium Dual-Coreの新ステッピングが登場


Celeron Dual-Core (45nm)

CPU
プロセス
コア名称
Package
FSB
キャッシュ容量
TDP
E3500 (2.70MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-1MB
65W
E3400 (2.60MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-1MB
65W
E3300 (2.50MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-1MB
65W
E3200 (2.40MHz)
45nm
Wolfdaleベース
LGA775
800MHz
L2-1MB
65W

MMX
SSE
SSE2
SSE3
SSSE3
SSE4
EM64T
VT
TXT
HTT
-
-
-

Coreマイクロアーキテクチャを採用するバリューセグメントCPU。
Pentium Dual-Core に続いて Celeron Dual-Core もついに45nm化されます。
L2は512KBから1MBに増量。VT(仮想化技術)に新たに対応するようです。

●Celeron Dual-Core E3400
実売価格5000円台と人気の45nm版Celeronシリーズの上位モデル。

●Celeron Dual-Core E3300 & E3200
Celeron DC も Wolfdale コアになりました。モデルナンバーは3000番台へ昇格。
L2キャッシュの増量のおかげで処理能力の向上も望めます。

TDP表記は65Wですが45Wクラスの消費電力ではないかと言われています。
実質、軽い作業ならC2DやC2Qの必要性はないのでこのクラスでも十分快適と思います。