ダマのPC工房





コンテンツ

PCパーツ

ノートPC

デスクトップPC

DOS/V関連

動画 & 家電


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

PC消費電力計測

2008/07/05 (修正&追加 2008/08/05)



話題のサンワサプライ製「ワットチェッカーPlus」を購入してみました。
さっそく我が家にある電化製品の消費電力をチェックしまくりです!


ワットチェッカーPlus!

amazon.co.jp                                   配送料 無料 1500円以上

サンワサプライ ワットチェッカーplus TAP-TST7
サンワサプライ
売り上げランキング: 322
おすすめ度の平均: 5.0
5 測定値が記憶されてる!?
5000円以上のエレクトロニクス製品が 【最大20%還元】!
(Amazon.co.jp が販売する場合に限ります。また一部商品およびAmazonマーケットプレイスでの注文を除きます。)

 最近話題?電化製品の消費電力を簡単に計測できるワットチェッカーです。
以前からPCの消費電力が気になっていたので購入してみました。

1500W までリアルタイム計測可能とスペックも本格的です。


パソコン&周辺機器の消費電力チェック!

製品名
無負荷時
高負荷時
MainPC (E8500@3.8GHz)
142W
235W
Dimension 4600C (Pen4@2.4GHz)
63W
96W
Dell ジャンク XPS M1710 (7900GS)
50W
75W
Dell XPS M1710 (7900GTX)
42W
85W
ファイルサーバ2008-R2 (E7200@1.9GHz)
95W
120W
ファイルサーバ2008-R3 (Atom230@1.6GHz)
50W
65W
DELL 2407WFP (液晶モニター)
62W
-
DELL 2005FPW (液晶モニター)
44W
-
BenQ FP241WJ (液晶モニター)
70W
-
PSP-1000
5W
-
PSP-2000
3W
-
ONKYO GX-70AX (2chスピーカー)
6W
-
I-ODATA AVeL LinkPlayer AV-LS300DW
11W
12W
AVeL LinkPlayer AVLP2/DVDG-2
10W
12W
AVeL LinkPlayer AVLP2/G-2
7W
8W
NEC AtermWR7600H (無線LANルーター)
5W
-

 さっそく我が家にあるパソコンと周辺機器の消費電力を計測してみました。

負荷がかかっている状態ても電圧変化の無い(少ない)物に関しては高負荷時の消費電力は記載してません。

●パソコン
やはり E8500@3.8GHz の MainPC の消費電力は多いです。
もとからオーバースペックなので構成を変更しようかなと考えています。

●ノートパソコン
ジャンクXPS M1710 はピーク時でも消費電力は少ないですね。
ケーム中でも負荷の少ないシーンでは消費電力が下がるようです。
デスクトトップ並のスペックでも消費電力は半分以下といった感じで、消費電力の低いパーツで構成されていることが分
かります。

もう一台ジャンクではないほうも計測してみたところ、アイドルので消費電力は 8W ほど少ないといった結果に。ただし高
負荷では 10W ほど多くなります。
GPUの違いと昇圧OC-BIOSを導入している違いからと思われます。

●携帯ゲーム機
PSP-1000 と PSP-2000 は 2W も差があるんですね。
携帯ゲーム機での 2W の差は大きいといえるのかもしれません。

●液晶モニター
知ってはいましたけど液晶モニターの消費電力多いですね(^-^;
20インチと24インチで 20W 近くも差があるのには驚きました。
DELL 2407WFP の 62W の消費電力はさすがに多いかも。ローエンドPC一台分ですよ。
液晶モニターの消費電力が高いのはバックライトを利用しているためらしいです。
この辺は次世代モニター(有機ELなど)で解決して欲しいところ。

●メディアプレイヤー
動画再生中でも12W以下と低消費電力です。
次世代ゲーム機をメディアプレイヤーとして使用した場合の10分の1以下です。


MainPCの消費電力

パーツ構成
FFベンチ3HI
コア温度
消費電力
C2D E8500
Radeon HD3850
3.80GHz(V1.25)
OC
9512
49〜54℃
133〜166〜226W
3.80GHz(V1.25)
定格
9348
49〜54℃
131〜164〜215W
3.16GHz(Auto)
定格
8537
46〜51℃
113〜135〜195W
2.53GHz(Auto)
定格
7557
46〜49℃
113〜133〜189W
1.90GHz(Auto)
定格
6418
46〜49℃
111〜129〜181W

電源をファイルサーバ2008-R2と同じタイプに変更して再計測しました。

 消費電力の多いMainPCを例にCPUやVGAのクロックでどの程度消費電力に差が出るのか調べてみました。チップセ
ットの電圧は全て固定に。メモリはDDR2-800に固定しています。

CPUは負荷をかけると 30W ほど消費電力が増えるようです。
VGAカードも負荷がかかると 50W ほど消費電力が増えています。

CPUベンチよりなことで有名なFFベンチマーク3を参考までに計測してみました。
クロックごとに約1000差があります。FF XIやMHFオンラインクラスのゲームに限定しますが、VGAカードがアッパーミド
ル以上ならCPUを 1.9GHz までクロックダウンした状態でもそれなりに快適にゲームをプレイできそうです。

CPUは定格よりクロックを落としてもアイドル時の消費電力にはほとんど差はありません。
VコアをAuto設定にしているため電圧が同じためと思います。3.8GHz 動作ではVコアを固定で1.25Vにしているためアイ
ドル時でも 18W ほど消費電力が増えています。

VGAカードもOCすることで 10W ほど消費電力が増えることがわかりました。

1.9GHz と 3.8GHz 動作での消費電力は 20〜35W ほどです。
この差を少ないとみるか多いと見るかは各個人の判断になると思います。


ファイルサーバ2008-R2 の消費電力

パーツ構成
FFベンチ3HI
コア温度
消費電力
C2D E7200
GF7300GS
3.80GHz(V1.35)
定格
5733
47〜56℃
47〜56℃
115〜144〜150W
3.16GHz(Auto)
定格
5467
46〜46℃
39〜46℃
107〜127〜132W
2.53GHz(Auto)
定格
5164
46〜46℃
38〜42℃
99〜114〜118W
1.90GHz(V1.1)
定格
4656
46〜46℃
38〜39℃
97〜106〜114W

 こちらは人気の Intel D945GCLF 導入でお役御免となったファイルサーバ2008-R2。
パーツ構成はMainPCと同じマザーボードでその他の構成も近いです。
GPUにはお世辞にも良いとは言いがたい GF7300GS 256MB を搭載しています。
チップセットの電圧は全て固定に。メモリはDDR2-800に固定しています。

1.9GHz と 3.8GHz 動作でのピーク消費電力の差は MainPC 同様 35W ほど。
これはCPUの消費電力の差となり E8500 と同じ傾向です。

CPUベンチよりなことで有名なFFベンチマーク3を参考までに計測してみました。
クロックごとに約300差があります。FF XIやMHFオンラインクラスのゲームに限定しますが、ローエンドカードでもCPUさ
え良ければ十分ゲームを快適にプレイできそうですね。

E7200+7300GS の状態では E8500+HD3850 の時よりピーク消費電力はかなり抑えられています。各消費電力の数値
からCPUの差は少ないと予想できますがVGAカードのアイドル時の消費電力もハイエンドモデルではそれなりに多くなっ
ていることが分かります。3D性能はかなり犠牲になりますがローエンドとの差はとても大きいです。


まとめ

 電化製品の消費電力を簡単に計測可能なワットチェッカーPlus。
計測してみると予想外な結果もあったりと消費電力を調べるだけでも意外と楽しいです。
家電の消費電力表記などが正しいかチェックしてみるのも良いでしょう。

ワットチェッカーPlus お勧めアイテムです!