社会主義国ベトナムを行く
路上市場 肉・魚・料理など様々なものが売られている
ハンバーガー 近くのコーラよりその大きさが想像していただけるであろう
路地
ハノイ旧市街の一画 ここはそんなにバイクが多くない
NO3 ルンルン(?)サイクリング
旅のミニ情報
 6月17日、7時半に起床した僕はホテルのパンだけの朝食を食べながら、ホテルのスタッフとこれからの予定について話していた。僕はマイチャウという少数民族が暮らす山間部と世界遺産であるハロン湾に行く予定で、それは全部宿で手配できるという。そんなセールスを適当に聞きながら、パンをむさぼっていた。フランスパンに似たこのパン、質素なものだが外はカリカリ中はもっちりしていておいしい。フランス植民地の影響をしっかりと受けているみたいだ。朝食を食べ終わると、窓付きの部屋にチェンジしてもらい自転車を宿で借りた。

 自転車は$2と$3のものを選べ、宿にその自転車を持ってきてくれるというものだった。僕は$3のマウンテンバイクを選び、いざ街中へ!

 ここはベトナム・ハノイである。当然行くところ、バイク、バイク。。日本の感覚ではとても走れない。交差点にみんな普通に突っ込んでくる。でも、僕にはミャンマーで自転車レースを制しているという自負がある。最初は安全運転していたが、そのうちに慣れて暗黙のルールのようなものもわかった。無秩序のようで秩序がある。下手に曲がったり、速度を落としたりしなければまず事故ることはない。自転車を快調に飛ばす。それでも交差点を横断するときは慎重に、時には自転車から降りて横断していた。
 まず向かったのはシンカフェ。ベトナムの大手旅行代理店である。しかしこのシンカフェ、ハノイには1店舗しかないにもかかわらず、シンカフェと名乗るところが数多い。偽シンカフェが悪いとは限らないが、正規シンカフェはやはり信頼が置けるだろうと僕はそこを目指した。そして迷いながらも到着。・・・正規シンカフェが一番うさんくさい感じだった。。マイチャウへのツアーの値段を確認し、ホテルでの料金と変わらなかったのでホテルで申し込むことにして、そのままの足で路上市場に向かった。

 路上市場、そこには肉や魚、春巻きを揚げていたりいろいろなものが売られていた。中には路上で鳥を絞めているものもあった。しかしこの暑さの中で肉や魚を無造作に冷やしもせずに並べて売っている。腐るぞ、と思うのは日本人だからだろうか。。
 ホアンキエム湖にたどり着いた。ホアンキエム湖とはハノイのど真ん中にある湖、というか大きな池である。この湖のほとりにカフェがあったのでそこで一息つくことにする。緑の湖を見ながら飲む大好物のスイカジュース。なんか心がリッチな気分になる。ハノイの地図を見ながらたたずんでいた。

 ハノイ市内を自転車でさまよう。どこだここは?? 交差点には通りの名が書いてありそれと地図を照らし合わせればすぐに自分の現在地がわかるのだがそれでは面白くない(ただ面倒くさいだけかも)ので、ひたすら自分の方向感覚をあてに走る、走る。しかしここは信号が少ない、一応あるにはあるのだが少ない。大きな交差点でも信号がなかったりするため、注意を促そうとクラクションの嵐である、うるさい。

 いくつもの湖をみた。そして、1時間くらい走っていただろうか、大きな教会にたどり着いた。ここはガイドブックで見たことがある。
ハノイ大教会である。と、自転車を降りるとどっと汗が流れ出し、体がすごい熱を帯びているのがわかった。炎天下で運動していたために体が危険信号を出している!このままではやばそうなのでいい時間だし昼食をとろうと近くのカフェに入った。
ホアンキエム湖のほとりで飲むスイカジュース
 外国人が多いおしゃれチックなここ「モカカフェ」で僕はハンバーガーとコーラを頼んだ。ベトナムに来てまでこんなアメリカンチックな食事を、、と思ったが馬鹿にしてはいけない。ここモカカフェではハンバーガーの肉の焼き加減を聞いてきてくれるのだ。おそらくはじめての経験であった。ハンバーガーでの肉の焼き加減なんて。。ミディアムでお願いし、運ばれてきたそれはとても大きく、とてもおいしいものだった。今まで食べたハンバーガーの中で3本の指に入るであろう。もしかしてここベトナム、隠れたハンバーガー天国かも。。そんなことを想像しひとり高揚していた。

 満腹になったあと、ホテルに戻りシャワーを浴びてから今度は徒歩で散策を始めた。
 夕刻、どこかも判らぬ場所を歩いているとなにやら周りの雰囲気があわただしい。みんな帰路を急いでいるようだ。あたりにはどんよりとした雲、急に吹き始めた風。…そう、スコールである。まもなくスコールがやってくるのだ。ある交差点では警察官がスピーカーを使って叫んでいたがおそらくスコール警報を促していたのだろう。僕も宿があろうである方向に向け帰路を急いだ。そして、ぽつぽつと雨が落ち始め、「ああ、降り始めたな」と僕が思っていたその瞬間。
 
ドバーーーッッッ
ものすごい勢いの雨がハノイの街を襲った。僕は軒先に逃げるその0.7秒のあいだにびしょぬれになってしまった。まさにバケツをひっくり返した雨とはこのことである。視界が5mもないくらいだ。逃げ遅れたバイクに乗っていた人たちは悲鳴をあげる。それでもバイクに装備していたビニールをかぶりがんばって運転をしている。東南アジアを何回も旅しているがこれほどのスコールにあったのは始めてであった。

 近くのカフェでアイスとスイカジュースをいただきながら雨が止むのを待った。
                            

 

シンカフェ
 (Sinh Office in Hanoi)
ベトナム各地に支店を持つ有名旅行代理店。各種ツアー、チケット等手配可能。ハノイには1店舗しかない。
http://www.sinhcafevn.com
     

こちらは偽(同じ名前)
http://www.vietnamopentour.com
モカ・カフェ
 ハノイ大教会近くのちょっとおしゃれなカフェ。コーヒーの種類が豊富。僕が食べたのは ビーフバーガー(52,000D)、コーラ(12,000D)。美味しかった。冷房が効いていた(ハノイではホテルの部屋以外冷房の効いているところがほとんどなかった)。
住所: 14-16 Nha Tho
  142D = 1円
10,000D = 70円
レンタサイクル
 ミニホテル、貸し自転車屋さんで自転車を借りることができる。相場は$1。自分は貸し自転車屋を探すのがめんどくさかったのでホテルに自転車を持ってきてもらった。マウンテンバイクで$3。
 ハノイ市内は交通が激しいので自信のない人はお勧めできない。
 また、自転車の盗難も多いとのこと。鍵をかけるだけで満足せず注意が必要。ただ、レストランなどには自転車やバイクを見張ってくれる人がいるところが多い。
daixsky
スコール
 僕がハノイにいる時は毎日スコールが降った。昼は快晴でも夕方にものすごい強さで降る。この時期特有のものかもしれないが、夕方ごろの散歩は要注意!
 夜にまだベトナムに来て、ベトナム料理を食べていなかったので近くのお店にブン・ボーというのを食べに行った。これは米の麺に牛肉や香草、モヤシ、砕いたピーナッツをのせ汁をかけるというベトナム風冷やし中華みたいなもの。お腹がそんなに空いていなかったため、、、ちょっと残してしまった。味も、、、。ラーメン、豚骨しょうゆ好きで麺固めで頼む僕向きではないかな。

 夕食から帰ると、ホテルのスタッフからマッサージに行かないかと誘われた。お金は俺が出すからと。。なんか面白そうなことが起きそうでちょっと興味があったが、明日は早いので断り、床に就いた。
Bun Bo Nam Bo
 僕が夜にブン・ボーを食べに行ったお店。常に込んでいる有名店みたい。ブン・ボー1杯15,000D。
住所: 67 Hang Dieu
next
next
prev